鍛錬

先週は健康診断だった。
健康診断などというものは、極力受けないようにしようと思っていたのだが、夫の会社では配偶者健康診断なる親切な企画を催している。
さすがに年を重ねてくると、年に一度くらいは健康診断も悪くはないかという気になってくるので、良くしたものである。
つまり、それだけ自分の健康に自信が無くなったと言うことでしょうか…。
で、おとなしくいろんな検査をした結果、まぁ「運動して下さいね」と去年も言われたことを言われ、事なきを得た(?)のですが、今週、もっと深刻な事態に直面することになりました。

e0111355_0315972.jpg
近所の友人の家に、アメリカからの男子交換留学生・17歳がステイしている。
その家の高校生の息子と一緒に、毎日通学しているらしいのだが、今週は折しも期末テストである。
当然ながら日本語のテストなので、留学生の彼には無理、ということで、テスト期間中は学校に来なくてもいい(というより、来ないように)と言われたらしい。
それはいいのだけれど、友人は仕事も持っているため、テスト中毎日、放置しておくのもいかがなものかということで、1日、お子守(笑)を頼まれた。
日本語はほとんど喋れないので、しょうがないなぁ、まぁいいか、松本城にでも連れて行こう、ということにした。
松本城は、壁が真っ黒なので、別名・烏城。国宝です。

e0111355_040506.jpg
ところがこのお城、昔のまま残っているので、当然エレベーターなんぞありません。
恐ろしく急な、幅の狭い階段を、えっちらおっちら上って行くのであります。
でもまぁ、ヨークミンスターの塔みたいに、延々と続く螺旋階段でもないし、壁には矢や鉄砲を撃つ小窓(矢狭間・鉄砲狭間といいます。もちろんガラスなどナシ。)から涼しい風が吹き渡り(冬はこれが、凍るほど寒いのですが)、天守まで上ると見晴らしも良く、なかなか気持ちがいい。

と、機嫌良くお城に上り、写真なども撮り、怪しい英語を駆使して通じたんだか通じていないんだかわからない説明をし、その後、美ヶ原にドライブと無事にお子守が出来た。
問題は翌朝、足が痛くて階段が下りられない。
手すりを使って、ひぃひぃ言いながら下りる。
これぞまさしく筋肉痛であります。
それにしても、あの程度のお城くらいで筋肉痛になるとは…。
いかに普段、運動していないかがわかるというもの。
私の筋肉、退化の一方です。
健康診断の結果なんかより、こっちの方がずっとショックでした。

でも、年を取ると、筋肉痛も次の日すぐに出ないとか言うので、まだ翌朝ちゃんと痛くなったことは救いかしら?
なんか、こんなことを慰めにしているとは、全く以てナサケナイ。
いくらなんでも少しは鍛錬した方がいいかも?と、お医者さんの言葉以上に効いた。
身をもって体験したことって、クスリになるのね。。。
でもきっと、そう思うのは、痛い間だけに違いない(笑)。
[PR]

# by cssucre2 | 2007-07-01 01:00 | 生活

ご無沙汰しました。

ずっとblogをおサボリしていて、ハッと気付いたら、すでに初夏です。
あまりに沈黙のままだったので、心配してメールを下さった方々もいらして、有り難いことだと感謝しつつ、そのままおサボリ癖が抜けなくなってしまいました…(深く反省)。

e0111355_1959028.jpg
この間、旅行に行ったり、仕事をしたり、諸行無常を感じたり、ホビーショーに行ったり、ついでにタイ・フェスティバルでマンゴーの美味しさに感動したり、また旅行に行ったり、そして普段の日常の有り難みを感じたりしていました。
そんなわけで、元気でいます。
相変わらずお稽古をしたり、ご注文のケーキを作ったり、出稽古もしたり。
のんびりやっていますが、今のこのペースが、今の私には一番いいみたいです。
そして、ケーキ以外のことでもいろんなことを経験して、身体の中にさまざま蓄積しているところです。
本もたくさん読んでいます。

e0111355_2072266.jpg
思うことは、世界は広いということ。人生は短いということ。
そして、大事なものはいつも、すぐ近くにあるということ。
もしかしたら、それは既に、自分の手の中にあるかも知れないということ。
なかなか、そうは思えないことも多くて、もっとガンバロウとか、もっと成長しなくてはとか、なんだか自分自身に叱咤激励するのが正しいことのようにずっと思ってきたのですが、そして、そうでもしていないと、生来ナマケモノの私は、際限なく堕落して行くような気がしたりして(笑)。
でも、それがどうした?と思ったりするようになりました。
もっと大事なものは、そんなことじゃない。

e0111355_20131456.jpg
右のケーキは、生徒さんのHiromiさんの作品です。
爽やかなブルーに真っ白なリボン。
黄色い、豪華な百合を飾りました。

シュガークラフトのケーキは、小さなお花のひとつずつ、花びらの1枚ずつを丁寧に、根気よく作って行かなければなりません。
作っているときは、この花びらでいいんだろうか?とか、このカーブは間違っていないか?など、心配したり不安になったりしながらです。
作っている途中で、違うふうにしてみようと思って、方向変換することもあります。
なんだか、日々の生活と似ています。

e0111355_20184821.jpg
でも、生活と決定的に違うところは、作品にはゴールがあるけれど、人生にはゴールがないということ。
なにかに向かって日々を過ごしている気がしていたけれど、それは違う。
日々の生活そのものが、一番大事で、目的は結果ではないということ。

これは、やはり生徒さんのSayuriちゃんの作品です。
お兄さんのご結婚のお祝いに、と久しぶりに作りに来てくれました。
Sayuriちゃんらしい、透明感のある可愛いケーキになりました。

立て続けに旅行に出掛けたら、久しぶりに英国に行きたくなりました。
ロンドンのちょっとごみごみした雑踏や、BRの窓から丘陵地を眺めたい。
それから、V&Aミュージアムに行きたい。

行きたいなぁと思う場所に行くためや、やりたいことのために働けるのは、本当に有り難いことです。
そのためにも元気でいなくちゃね。
のんびり自分のペースで、出来ることをひとつずつ、やって行こうと思うこの頃です。
[PR]

# by cssucre2 | 2007-06-17 20:42 | 雑感

ケーキいろいろ

3月はホワイトデーだの確定申告だので、毎度のコトながら忙しい。
毎年のことなので、もっと計画的に行動を起こせばいいのだが、なかなかそうは行かないのが世の常である。
で、そういうバタバタの時には何故か、仕事が立て込むというのも世の常である。
もう、人生の七不思議。
どうやら、忙しさは忙しさを呼ぶらしい。
有り難いことです。

e0111355_2345256.jpg
そんなわけで、ケーキをいろいろ、まとめてアップです。
まずは、赤ちゃんが出来たお祝いのケーキ。
トップに書くメッセージに、なんて書こうと悩む。
You are expecting!じゃあ、あんまりあからさま過ぎるし…、Happy Expectingも似たようなものだし。
で、英語の得意な友人に相談すると、Happy Beginningはどう?と提案してくれた。
Beginning これから始まる、赤ちゃんとの新しい生活。
なんかいい感じ~、で、この言葉にしました。

e0111355_23101310.jpg
こちらは、若いお嬢さんのバースデイに。
バタークリームのケーキです。
ピンクのボディに白いお花をいっぱいというご希望だったので、バラをたくさん。
日舞をやっていらっしゃるとのことで、どこかに和風のイメージを取り入れたいと思ったのだが、なかなか難しく、小さく桜を散らすのみになってしまいました。
うーん、もうちょっと、アイディアのバリエーションを広げないとダメです>自分。

e0111355_23135061.jpg
彼氏のバースデイに、ご本人の大好きなギターのケーキのご注文。
画像を送っていただいたサンプルのギターは、全体が黒いシックなものだったが、白いボディにポップなカラーでと言うご希望で。
楽器に(も)全然詳しくないので、果たしてイメージと合うのかどうか、とても心配だったのだけれど、バースデイのサプライズは大成功だったようで、彼氏さんはとても喜んでくださったそうである。

ケーキを送り出した後、どうだったかなぁ、気に入って下さったかなぁと、我が子を送り出したように、毎回ドキドキ心配になる。
なのでこうやって、ウレシイご報告をいただくと、本当に有り難く、心底ホッとする。
どんなご注文も、一生懸命、お気に召していただけるように考えて作ってはいるが、うまく意志の疎通がはかれていただろうか?とか、ご注文いただいたときのイメージ通りに出来ただろうか?とか、手を離れた後も、写真を見るたびに気に掛かるものです。

e0111355_2322625.jpg
さて、そして昨日、一昨日は、地元の問屋さんでの講習会でした。
このところ、毎月呼んでいただいて、そして毎回ご参加下さる生徒さんたちもいて下さって、本当に有り難いことです。
今月は、基本の生地のひとつであるビスキュイ・ア・ラ・キュイエールを使った、細巻きロール。
もうちょっと早かったら、節分に恵方を向いて1本丸かじりに出来たんですが(笑)、まぁそれは、来年のお楽しみと言うことにしてください。
中に巻く苺とバナナのサイズで我が儘を言ったので、問屋さんのスタッフの方々にもお手数をお掛けしました。本当にありがとうございます。

e0111355_23255159.jpg
もう1品は、桜葉クッキー。
桜の葉っぱの塩漬けを、そのままパウダー状にしたものを練り込んだ、ちょっと不思議な香りのクッキーです。
ほんのり塩味と桜の葉の香り。
この季節ならではの、季節商品(笑)です。
これ、何のクッキーだと思う?と聞いてみると、いつも食べ慣れている香りのはずが、クッキーには意外なせいか、案外当てられません。
……って、クイズにしてどうする?なんだけれど、結構楽しいです。
桜が咲いたら、お花見のおやつにピッタリです。
[PR]

# by cssucre2 | 2007-03-24 23:39 | Work

ちいさなしあわせ

e0111355_19112829.jpg
友人のうちに遊びに行ったら、母上のお友達が作ったという、フルーツトマトの白ワイン煮を出してくれた。
フルーツトマトの皮を1個ずつ剥いて、ほんのりと甘く、ワインの風味もあり、そしてちゃんとトマトの味がする。
食べてみるまでは、なんだか不思議な…と思っていたが、なかなかのお味で、アミューズにも八寸にもなりそうで可愛い。

私の友人は、まぁ同年代なのでそれなりの年であり(笑)、その母上とお友達はもう80歳を過ぎている。
母上は最近、少し体調を崩されたが、お友達はとても元気で、自転車に乗って野菜を届けてくれるとのこと。
年を重ねても、そんな風に元気でいられるのは羨ましい。
私など鍛え方が足りないので、その年になって元気でいられるかどうか自信が全くない。
友人と、ストレッチをやらなくちゃ、と言っていたら、それは「ストレッチ」ではなく、「スクワット」だった。
既に危うし!

先週末、所用があって大阪に行って来た。
往きの飛行機からは、槍・穂高のアルプスから富士山までくっきり見え、白い冠を被った山々を見て、ああ、自然っていいな。山はなんて美しいんだろうと、心から思った。
それなのに、夕暮れ、雑踏に紛れてターミナル駅前の歩道橋の上を歩いていると、なんだかとても楽しい気持ちになった。
私はやっぱり、街が好きだと、その時思った。
ごみごみしていて、ちっともきれいじゃなくて、空気も悪く、人が多くて狭苦しい。
それでもやっぱり、年を取ったら、大阪でなくても構わないけれど、街に住みたいと思った。
その後、夕方のラッシュの電車に乗った。
ぎゅうぎゅう押されながら、挟まれたバックを引っ張って一息ついたとき、歩道橋の上であんなふうに、どこがと言うのではなく「いいなぁ」と思ったのは、もしかしたらノスタルジアというものかも、と気付いた。

それは、土地や場所に対するものではなく、自分の若かった時間、その時代や当時感じていた気持ちへのノスタルジア。
大人にはなっていても、まだまだこれから先に、何が起きるかわからない。
そんな期待やドキドキ感。
ふと、そんな気持ちは少しずつ、薄れているんだと気付かされた。

でもね、いくつになっても将来はある、というのを標榜してきたのだから、そんな無意識に入り込んだ諦念のようなものは、この際どこかに追いやってしまおう。
80過ぎて、フルーツトマトをワインで煮てみようという感性を、その時に持っていられるように頑張らないと(笑)。

きれいな緑色のスナップエンドウを茹でた。
ちいさなサヤの中にぷくんと膨らんでいるお豆って、とても可愛い。
甘くてシャキシャキしたエンドウを食べて、ああ、なんて幸せなんだろうと思った。
生活は、毎日ちいさなしあわせが詰まっている。
[PR]

# by cssucre2 | 2007-03-07 19:39 | 雑感

目指せ!管理徹底

例の某菓子メーカーの不祥事以来、業界はピリピリであります。
こういうときは消費者さんも敏感なので、一層の注意が必要というもの。
おのずと、影響されやすい私など、意味もなく慎重になっていたりする。
そんな折しも、組合から送られてきた千社札のような張り紙。
これを厨房に貼れというんですねぇ。

e0111355_225026.jpg
というわけで、早速貼ってみました。ドアに。
だって他に、見えやすい場所で貼るところがなかったんだもの。
「法令遵守・社会倫理徹底」ですよ。
この前の会報では、表示についての解説一覧表が同封されてきた。
いやー、組合、啓蒙活動にかなり腐心しています。
でも、法令って知らないうちに改正されたりしていることが多いので、こうやってちゃんと整理されたわかりやすい資料を送って貰えると、非常に助かる。
ところで、貼るのはいいんですけれど、なぜかこの紙、3枚も送られてきた。
うちのような狭い作業場のどこに、3枚も貼れと言うんでしょう?
規模など関係なく、一律に3枚なんでしょうか?
モッタイナイので、今日、シュガーのお稽古に来たカフェでケーキを作っているミサトちゃんに、1枚進呈した。

e0111355_2255265.jpg
これは、もうひとりの生徒さんのアキちゃんの作品。
2段のケーキで、やさしい色の大輪のバラとフリージア、ジャスミン風のパールの小花など、お品のいいケーキに仕上がりました。
今日は二人とも仕上がって、いい日だった。
ミサトちゃんは、組み立てたお花が乾ききっていなかったので、しっかり乾いてからおうちで最終仕上げをすることにして、写真が撮れなかった。残念。
終わった後、昨日作った試作品のケーキを無理矢理?二人に食べさせる(笑)。

e0111355_23103567.jpg
夕方になってから、昨日の試作の配合を詰める。
本当は大きな型で焼くんだけれど、明日のレッスンで配ろうかと、ミニミニミニマフィンカップで焼いてみる。
これ、すっごく小さいんです。
アップで撮ると、大きそうに見える(笑)。
ピンクのアイシングがなかなか可愛くて、薄い色と濃い色と作ってみたが、これはちょっとドギツイくらいの濃いピンクの方が可愛いことが判明。
ミルクアイシングなので、カチカチにならず、食べても美味しいです♪
ピンクっていいですねぇ。
なんだか一気に春の気分です。
明るい草色のタグを付けたら、いっそう春らしくなった。
一口で、ぱくんと食べられます。
[PR]

# by cssucre2 | 2007-02-21 23:22 | Work

連休の過ごし方

連休中、取り立ててどこにも行かないで終わってしまいそうだったので、最終日の月曜日、午前中のレッスンが終わってから、北信に出掛けた。
雛祭りも近いし、お雛様を見に行こうと、須坂の田中本家博物館に行く。
以前、友人がとてもいいお雛様だったというので、一度見たいと思っていた。
ところがなんと、お雛様はまだやっていませんでした…。

<教訓>
展示の日程は、調べてから行きましょう。

でもまぁ、折角来たのだからと、一応入ってみる。
お雛様はなかったけれど、二十四孝などたんまり見て、孝行とは…と考察したりする(ウソ)。
展示物の中で一番気に入ったのは、英単語のカード。
「Tokyo OTOGIDO」の名前が入っていて、植物や動物のカルタのような、でも、英語で書いてあって絵も可愛くて。
しかも、動物も植物もかなりマニアック。
Leopardとかmangooseとか、うーん。
植物は、イギリスに良くあるような、フェアリー風です。
とにかく信じられないほど可愛くて、欲しくなってしまったけれど、売店では売っていませんでした…(泣)。
レプリカでもいいから欲しい。
その他、紙人形(姉さまじゃなくて、いろんなポーズをしたプリントを切り抜いてある)にも、かなりそそられる。
でも、気に入るものがみんな紙モノで、我ながらこの紙好きは一体…と、呆れる。

e0111355_23151942.jpg
その後、小布施の北斎館に行く。
北斎館は久しぶりだったので、端からじっくり見る。
書簡なども展示されていて、それも端からじっくり読む。
夫はすっかり退屈していました(笑)。
右の写真は、私が鑑賞に時間が掛かっている間に、夫が撮ったものです。
北斎館だけじゃなくて、周辺のいろんなものを、いっぱい撮ってあった。
よほど暇だったらしい(笑)。
夕方になってしまったので、今回は岩松院は諦める。

先日、問屋さんでお目に掛かったロントさんが近くだと思い出し、寄ってみました。
とてもいいお店で、お菓子も美しく、焼き菓子を少々購入。
生ケーキも欲しかったけれど、アイスボックスを積んでいないし、お茶をするには時間が…と、ちょっと残念。
ショコラも買おうと思っていたのに、喋っていたら忘れた!
どうしてこう、ひとつチガウことしたらひとつ忘れるのか、謎であります。
ロゴのデザインもとても素敵で、シール類もかっこよく、とてもおしゃれ。
いただいてきたお菓子は、どれもとても美味しく、嬉しくなった。
食べてしまってから、シマッタ!写真撮るのワスレタ!と気付く。。。。
しょうがない。また出直さなくちゃ。

その後、温泉に浸かって、帰ってきました。
3連休の最終日とあって、高速は都会に帰る車で少々混雑。
そうか、世間は連休に行楽なんかしてるのね。
うちも最終日の半日で、連休らしいことしたじゃん?
と、珍しく世間並みの休日を過ごしました。
[PR]

# by cssucre2 | 2007-02-13 23:14 | 生活

誕生のお祝いに

過日、ベビーシューズのケーキを作らせていただいた。
テーブルウェアフェスティバルというイベントが、今日から東京ドームで開かれているが、そのイベントのひとつに、テーブルウェア大賞というコンテストがある。
このコンテストにエントリーなさっている方が、テーブルを飾るケーキとして、ご注文下さったものである。

e0111355_23392658.jpg
テーマは、「姪御さん誕生のお祝いのテーブル」ということで、一次審査のときにセッティングされた写真を送っていただいて、ご相談しながらデザインを考えた。
赤ちゃんのソフトさを、ピンクと丸い形で表現したいとのことで、とても可愛い優しいコーディネイトだったので、それに合わせて、ボーダーにパールを使ったり、グラスの模様と同じ形のお花をちりばめたりしてみた。

サイトをご覧になってご注文いただく方は、ほとんどがメールでのやりとりだけでお作りするので、気に入っていただけるかどうか、毎回ドキドキしながら納品する。
今回は特に、テーブルコーディネイトの雰囲気を損ねないようにと、いつもにも増して心配だったが、イメージ通りだったと言っていただいて、本当に嬉しく、ホッとした。
送っていただいたテーブルの写真は、可愛くて素敵で、こんなテーブルでお祝いして貰える赤ちゃんは、本当に幸せだと思った。
会期中、上京の予定がなくて、実際に見られないのが残念。
他にもいろんなイベントや、販売もあるようで、楽しそうなイベントである。
お近くの方は、是非どうぞ。
12日までです。


<2007.02.07 追記>

e0111355_13482311.jpg
ご注文下さったお客さまから、実際にセッティングされたテーブルの画像を送っていただきました。
壁のボーダーやテーブルの向こう側に見える(実はこちら側にもあって、テーブルの両側に飾られています)お花のスタンドも、全てご自分たちで作られたとのこと。
テーブルコーディネイトって、食器だけじゃなくて、インテリアからフラワーアレンジメントまで出来なくてはいけないのね…と、その奥の深さにビックリ。
うーーーん、すごいですー。
今回のテーブルコーディネイトをなさったのは、お友達同士のペアなのですが、お二人ともサイトをお持ちなので、ご了解を得て、リンクさせていただきました。
Housekeeping    moco*vita
ぜひ、サイトをご覧になって下さいね。
どちらも、とても素敵なサイトです。

そしてもうひとつ、このBlogでご紹介させていただいた記事をご覧になって、東京ドームに足を運んで下さった方からもメールをいただいた。
もう10年以上前、ニフティのフォーラムで楽しく遊んでいた(笑)頃から、ご覧になって下さっていたとのこと。
今思えば、当時は若かったよなぁ(笑)の一言なのだけれど、いろんなことが楽しくて、多くの得難い知己を得て、そして今も、そのご縁は大事に続いていたりする。
こうしてメールをいただいて、私の知らないところで、ずっとご覧下さっていた方もあるのだと改めて知り、嬉しく、そして身の引き締まる思いもした。

仕事をしていることで、そしてこうやってWebを通じて発信していることで、いろんなご縁や繋がりが出来る。
日々の生活圏内では、決して知り合うことの出来なかった方々ともご縁が出来ることは、昔では考えられなかったけれど、そんなひとつずつの「縁」も大切にして行きたいと思っている。

それにしても、このフニャフニャした性格と、ほやほやとした毎日をナントカしなくちゃ。
ご覧下さっている方がいるということを忘れないで、身を律して生きねばと思いつつ、怠惰と安楽に流される日々である……。
[PR]

# by cssucre2 | 2007-02-03 23:56 | Work

もうすぐバレンタイン

e0111355_12195137.jpg
地元の問屋さんの小売りショップで、講習をさせていただいた。
去年から何度かお声を掛けていただき、繰り返しお目に掛かる生徒さんも増えてきて、顔と名前を憶えられない私でさえも、少しずつ憶えてきた。
有り難いことである。

今回はバレンタインに備えて?このピンクのハートのケーキ。
苺の味のクーベルチュールを使って、クリームの配合の多いガナッシュ(というか、クリームというか)でデコレーションする。
薔薇の花は、マジパンです。
このレシピは、10年くらい前に作ったもので、とても久しぶりだった。
そんなに難しいところはなくて、いつも難なくやっていたのだが、今回クリームのメーカーが、うちで使っているのと、問屋さんでのが違うだけで、作業性がずいぶん違い、いろいろ工夫をして、最終的にはなんとかうまく行ったものの、とても勉強になった。
使っていて、水分量の違いを感じてはいたものの、それが大きな影響を及ぼすとは。
これだからチョコレートは侮れない。
同業の呑み仲間(笑)に電話して相談したら、あれこれとヒントをくれて、それから色々やってみた。
こんなふうに相談できるお仲間がいることに感謝。

過去に講習にご参加下さった生徒さんが何人も、クリスマスにケーキを作ったら、家族から褒められたと言ってくださって、とても嬉しかった。
ご本人の力が大きいのはもちろんだけれど、その助力の一端を担えたなら、これほど嬉しいことはない。
そして、そんな風に嬉しい話を聞かせてくれたことにも、心より感謝です。

バレンタインは、製菓メーカーに踊らされる(笑)のではなく、感謝の気持ちを伝える日になるといいなと思った。
私のバレンタインは、ハートのカードをイッパイ配るべきかも知れない。
[PR]

# by cssucre2 | 2007-01-27 12:23 | Work

写真を撮るのは難しい

写真を撮るのに、いつも苦労している。
三脚を使うといいのはわかっているが、どうも私には三脚が使いこなせていなくて、方向を変えたり、高さを変えるのに四苦八苦である。
結局、手持ちが一番楽と言うことで、なんでも安易に流されやすい私のこと、このところずっと手持ちで、新調した三脚はちっとも使われていない(爆)。

e0111355_110947.jpg
シュガーのケーキは、背景を黒で撮影することが多かったのだが、今日は撮影用ボード(と大層な名前を付けてみた(笑))の上で撮ってみた。
Hitomiちゃん制作のケーキであります。
光源は自然光で、レフは使っていません。
背景を黒にすると、対比のせいか、ボーダーのレース模様なんかが白く飛んでしまい勝ちだが、今日はわりにちゃんと写りました。
撮影は本当に、難しいです。
ケーキの方は、Hitomiちゃんらしい優しい色合いの、清楚なケーキになりました。
[PR]

# by cssucre2 | 2007-01-24 01:25 | Work

お引っ越ししました。

新年ももう10日も経ってから、今更おめでとうもないと思うが、取り敢えず新年のご挨拶をしていないので、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、こんなに長くブログをほったらかしだったのは、どうにもログインできなくなった前ブログを、引っ越ししようかどうしようか、迷っていたためであります。
どうせ引っ越すなら、なにか違うブログサイトを試してみたいと思いつつ、かといっていろいろ見ては、う~んと考え、そうこうしているうちに早10日。
これではイケナイと、結局またexciteになりました。
使い慣れているという理由だけですが、この理由は大きい。

そんなわけで、何が違うかというと、何にも違いません。
ブログのURLに、「2」の文字が増えただけです。
以前のブログはこちらから、ご覧になれます。

e0111355_1903639.jpg
毎年吉例の今年の干支菓子は、キャラメル・ボア。
イノシシキャラメルでございます。
どこがイノシシかと言いますと、「イノシシ色になるまで煮る。」(爆)
もう無理矢理こじつけもいいところですが、だって他に思いつかなかったんだもん。
12年前は「亥の子餅」でした。これで出尽くした(泣)。
12年後のイノシシが悩みの種です(まだやる気か?>自分)。

でもこのキャラメル、おいしいんですよ。
ちょっと高めの温度まで煮て、ハードタイプのキャラメルですが、もう40年来の年季の入ったお菓子です。
こんな形ででも紹介できて良かったと、ちょっと嬉しい。

そんなこんなでお引っ越しいたしましたので、こちらでもどうぞよろしくお願い申し上げます。
[PR]

# by cssucre2 | 2007-01-10 19:14 | お知らせ