<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

このごろのケーキ

先週から今週に掛けて、雪模様ですね。
今日は首都圏でも雪らしいですが、昨夜ニュースを見ていると、
「今夜から明日未明に掛けて大雪の予想。東京で積雪3~4cm」。
3~4cm?!
それで大雪って…。
そんなの大雪とは言わん!
と、TVに向かって突っ込みたくなるのでした。。。
そんな我が家の庭には、雪が山を成しています。だいぶ溶けたけどね。

さあ、こんな寒い時期に美味しいのは、なんと言ってもチョコレートですよ~。
急に話が転換しますが、なんたってもうすぐバレンタインですからね。
無理矢理にでも話をそちらに向けねばなりません。

e0111355_10171359.jpg

チョコレートと言っておいて、これのどこがチョコレートなの?!
と思われたでしょうが、その通り、これはアップルパイです(笑)。
りんごの甘煮を包んで焼いた、手に持って食べられるお手軽パイですが、ちいさなチョコレートのかけらも一緒に包んであるんですよー(見えないって)。
りんごは愛の果実と言われますからね。バレンタインにもOKよ。
そこにチョコレートを足すと、思いがけないおいしさ。
カットした断面を撮影し忘れちゃったよ。トホホ~。
ぱくぱく食べちゃったからね。
りんごの甘煮を包むときに上手にやらないと、ウニ~とはみ出ちゃったり、縁にくっついてヤヤコシイことになるのですが、これは、オブラートみたいなシートに包んでから中に入れています。
寒天で出来たシートなんですが、焼くと溶けちゃう。
包みやすいし、パイ生地も底の部分がビショビショしません。
お利口シートなの~。
これを使うと、ハート型に作るのもバッチリよ。
主婦の場合、切れ端が出るのがイヤーーって方が多いですけれど(よくわかる)。

e0111355_10323648.jpg

そしてこちらも、全然チョコレートじゃないじゃん?なケーキですが、あら、いやぁね、秘めたる愛こそ美しいのよ。←意味不明。
日本人的謙虚さと引っ込み思案な性格を持ち合わせた私(抗議は却下します)がお送りする、その名もシュープリ、びっくりケーキですよん。
真っ白の清純ケーキなんですが、

e0111355_10365983.jpg

中には、こんな風にチョコレートが。
って、写真がうまく撮れなかったの(泣)。
もうちょっと臨場感溢れる画像が欲しかったんだけれどね。
まぁ写真の修行が必要なことは承知していますが、腕が上がるのを待っていられないので、取り敢えずの画像でご辛抱下さい。
中に違うものを仕込むのには冷凍して入れることが多いのですが、おうちでの冷凍は、状態も状況もいいものだとは思えません。
一気に急速冷凍の出来るショックフリーザーのまねごとをしても、なかなかうまく行かないんです。
形は真似が出来るんだけれど食感とか違うし、家庭の冷凍庫スペースを考えると苦しい。
これはね、冷凍庫不要ですよー。

e0111355_10403664.jpg

ほらほら、だんだんチョコっぽくなってきましたよー。
これはね、上のケーキで余っちゃった切れ端スポンジを使って作るケーキボール。
切れ端はそのまま食べても美味しいけれど、飽きちゃうし、見栄えもイマイチですからねー。
でも、こんなふうに再生すると、見た目もおいしさもアップして、なんだかカシコイ奥さん、あら素敵~って気がしませんか~?←無理矢理誘導。

e0111355_1046385.jpg

さあさあ、やっとちゃんと?チョコレートのケーキらしくなってきました。
チョコと言えばバナナ!
このベストマッチな組み合わせで、バナチョコムースです。
トップは、ひらひらと生クリームをいっぱいに絞りましたが、ちょっと甘めのチョコムースの部分と一緒に食べると、ちょうど良くなるように無糖にしています。
バナナはソテーしてもいいのですが、ソテーしちゃうとバナナがしょぼーんとなっちゃうのね。
それがちょっと残念。
生で入れると、こんな風に切ったときにまん丸に見えるって、可愛くないですか?
どこを切っても丸いバナナが見えるように、バナナさんによぉーく言い聞かせてあります(笑)。
ムースはちょっとだけ手間を掛けて、こくを出しています。
カップに仕立てても美味しいよぉ。

今週前半はいろいろ試作や撮影をしたり、細々とシュガーのパーツを作り貯めたり、事務仕事をしたり、コンペイトウを食べたりしています。
雪ですからね。
雪のときには、雪かきと内職が相場ってもんです。
[PR]

by cssucre2 | 2012-01-24 11:21 | Work

ぬくぬく・ふわふわ・ほろほろ

こないだ、毛布を買いました。
寝具って、シーツやカバー類以外はそんなに頻繁に買うものではないうえ、今まではなぜか両方の実家から貰ったりしていたので、自分で毛布を買ったのは初めてかも知れません。
毛布とは、読んで字のごとく「毛」、つまりウールがいちばん温かいと思っていたんだけれど、それがそれが。
最近の化学繊維は、なんだかとっても賢いことを知りました。

新しく買った毛布は(たぶん)アクリル製なんだけれど、それが何だか超ふっかふかで、しかも手触りもぽわぽわなのー。
もうちょっと若かったら、「超やばーい!」とか言いたくなる気持ちよさです。
しかも年が明けてから思いついて買ったので、ほとんど半額だった! なお嬉しい♪(笑)
冬物寝具がみんなセール中だったので、ついでに敷きパッドも買いました。
そしたらもう温かくて気持ちよくて、毎晩ベッドにもぐり込むと、ああ、なんて幸せ~、と思います。
ホント、ぬくぬくなのよ。
こんなに安上がりに幸せになれるなら、もっと早く買えば良かった。
でも、毛布を買うなんて行動、思い付かなかったのよね。
何でも試してみるもんだわね。

ふわふわといえば、今、洗顔に使っている石鹸もふわふわだよ~。

e0111355_21313599.jpg

こどもが小さい頃、アトピー肌にいいというのでよく使っていた石鹸ですが、思い出して顔を洗ってみたら、まぁなんて気持ちのいいこと。
泡立てネットで泡立てると、これは雲か綿ですか?と言いたくなるくらいに肌理の細かい泡になります。
ほとんどイタリアンメレンゲみたいな感じよ~。←ごく一部の人にしか通じない表現(笑)。
最近は日本市場から撤退してしまったので、昨夏アメリカに行ったときにスーパーで、この石鹸を買い込んでいる私を見ていたアメリカ人の友人が、クリスマスプレゼントと一緒に沢山送ってきてくれました。
当分安心(笑)。
彼女にしてみれば、アメリカではこんなどこにでも売っている石鹸がそんなに嬉しいなら、送ってあげようと思ってくれたのかもね~。
夜、顔を洗うとき、ふわふわの泡に顔を埋めると、このまま寝ちゃいたい~と思うよ。
それは危険だけど。

e0111355_21431073.jpg

そして~、私の大好物の和三盆お干菓子ですよん♪
鍵善良房のおちょま。
このおちょまの包み方が可愛くて、ただきゅっと捻ってあるだけに見えるんだけれど、ちゃあんと四隅が四角く開くように包まれています。
手で包んでいるのかなぁ?
私も丸いクッキーでやってみましたが、なかなかうまく行きません。
ぱらりと包みを開いてお口に入れると、ふんわりした甘さがほろほろと崩れていきます。
日本のお砂糖は、なんて美味しいんでしょうねぇ。

幸せって、大きなスペクタクル(って何だよ?(笑))な出来事より、日々の小さな喜びだと思います。
こんな些細なことだけれど、嬉しいことはたくさんありますね。
[PR]

by cssucre2 | 2012-01-19 22:08 | 生活

お砂糖あそび

砂糖だけはいつもいっぱいあるので、なんだかリッチな気分でいられます。←単純安上がり(笑)。
でもね、砂糖って本当に面白いんですよぉ。
昨日、新しくできた本屋さんに行ったら砂糖の本があって、ちょっと面白そうでした。
買うにはちょっと迷う価格だったので、図書館検索したら、ちゃあんと所蔵していました。
なんてお利口なんだ~、松本市図書館(嬉)。

夜、ちょっと砂糖で遊びたくなって、角砂糖?を作ってみました~。

e0111355_12431461.jpg

角砂糖は、キューブだから角砂糖って言うんだったら、これはなんと言えばいいの?
花砂糖とかハート砂糖?
ま、なんでもいいか。

e0111355_1245025.jpg

ついでに、ウサ糖も作ってみる。掛詞よ。
こっちはちょっと難しいの。
あまりうまく行きません。
コーヒーや紅茶に入れるには、ちょっと大きいかも?

さて、昨日の砂糖の本が、最寄りの図書館に届いたとの電話があったので、これから借りに行ってきます。
図書館、素敵~。loveだわー。
[PR]

by cssucre2 | 2012-01-18 15:18 | Work

今年の目標

おやおや、あっと言う間に半月過ぎてしまいました。
この分だと、ボヤボヤしていたら半年くらい、すぐに経ってしまいそうよ?
新年になってから、なんだかバタバタとしていて、年始のご挨拶のはずのタツノオトシゴクッキーを、松も取れてから渡したりする始末です。
まあ、私ってものでしょうか。←開き直り?

新年早々に思いがけず、母方の従兄たちと会う機会があり、それが数えてみれば17年ぶりくらいでビックリです。
何がビックリって、そんなに時間が経った気がしないこと。
しかし指折り数えたら、確かにそうなこと。
そして、そんなに会っていなかったのに、昔通りにすんなり話が出来ること。
身内っていいものだなぁと、しみじみ思いました。
みんな遠くに離れてしまって、会う機会がなかなかないのですが、小さい頃、母の実家に行って一緒に過ごした記憶はそれぞれに残っていて、あんなこと、こんなことあったよね、と懐かしかった。
見かけはすっかり、おっちゃん、おばちゃんになっちゃったけど(笑)、話をしていると子供の頃のままです。

さてそんな年明け後、前橋に行ったり、東京に行ったりと、私にしては珍しく移動が多いです。
今年は、フットワーク軽く、を目指そう。と思ってね~。
東京は、小さなコンペがあって、うちからも生徒ちゃんが2人参加しましたので、それを見に行ってきました。
ではまず、ユキコさんの作品から~。

e0111355_17374058.jpg

ユキコさんは仕事の関係で、12月から年始にかけて超多忙でお稽古に来られなかったため、年明け後、構成の案を持って、実際に制作する上での細かい相談をしました。
お花の一部とギターのパーツをお稽古しましたが、後はすべて、ひとりでおうちで仕上げました。
蜜蜂は、彼女のテーマワークでして、今回も蜂さんのいる作品です。
お花が沢山だったので、わずか数日で作るのは大変だっただろうと思いますが、よく頑張りました。
デザインのアイディアがしっかりとまとまっていたので、可愛い作品になったと思います。

e0111355_17355119.jpg

ミキコちゃんは、去年のうちから通って少しずつ仕上げていきました。
お稽古でやって、おうちで宿題をして、という形です。
いろいろ作りたいものや、盛り込みたいものがあって、それをひとつの作品の中に整理してまとめるのは難しいものです。
作っているうちに方向性が変わってきたり、デザインのバランスの取り方など、作品を仕上げていくごとにわかってくるものがあります。
カラーも雰囲気も、ミキコちゃんらしい作品になりました。

コンペに参加している他の方の作品をいろいろ見て、私も学ぶところがたくさんありました。
普段、なんとなく作っているようなことでも、改めて他の方の作品を見ると気付くことは多いです。
やっぱり沢山見るって大事だねぇ。
しかも、写真や画像ではなく、実際の作品は発見がいっぱいある。
寒いしなぁ、忙しいしなぁ、と行くのがちょっと億劫になっていたのですが、やっぱり行って良かった。
しかも行ってしまえば、東京なんて全然寒くない!(笑)
朝出るとき、マイナス8℃だったのに、東京なんか10℃くらいあるんだよ。暖かいじゃないかー。
行ってみたい所があったので、あちこちテクテク歩いて、一日で15000歩も歩いたよ。
私にしては快挙さ。

去年の晩秋くらいから、毎日万歩計を付けているのですが、歩かない日は全然。
なんせ基本が引きこもりなので、一歩も外に出ない日も多く、うっかりすると1000歩も行かない。
いくら何でもこれでは、今に足が退化するに違いないと思い、今年はもう少し歩くことを目標にしますよ。
でも、どこを歩けばいいのかが問題。
うちの周りはお散歩にピッタリの広大な公園なのですが、この風景の中を歩くより、私は人混みの中を歩きたい変な人なの。
かといって、毎日街中に繰り出している暇もないし、困ったねぇ。
とにかくね、年をとって歩けなくなるのは困るので、ボチボチ歩くように致しましょう。
なんか、今年の目標と言うには、レベルが低すぎ?
ま、いいや。
こんな低い目標でも、クリアするのはなかなか大変よ。
ガンバロウ。
[PR]

by cssucre2 | 2012-01-17 18:03 | Work

恭賀新年

e0111355_1129301.jpg

新年あけましておめでとうございます。
新しい年の初めを、いかがお迎えでしょう。

今年は「辰」年。
新年のシュクル吉例・干支菓子ですが、今年は悩みました~。
「辰」だよ?
だいたい、辰なんて架空の生き物じゃないの。
それがなんで十二支の中に入っているのか、謎であります。
12年前の辰年に作ったお菓子は憶えていますが、それをまた使うわけにも行かず、うーんうーんと頭に保冷シートを貼って唸りながら(嘘)、ネットでワード検索なんかして(文明の利器!)、なんとか捻りだしたのが、これ。
題して、七色のボールを探せ!『ドラゴンボールクッキー』(笑)。
ダジャレもいいとこ。

e0111355_1139295.jpg

「ドラゴンボール」といえば、世界に名だたる日本のアニメ。
正直言って私は話の筋も知らないんですが、テーマソングと悟空だのカメハメハだのは、こんな私でも知っている。そのくらい有名です。←この論理は正しいのか?
ともかく、概要をいうと、

「世界中に散らばった7つ全てを集めると、どんな願いでも1つだけ叶えられるという秘宝ドラゴンボールと、主人公孫悟空(そんごくう)を中心に展開する「夢」「友情」「バトル」などを描いた長編冒険漫画である。」
Wikipediaより。

よっしゃあ!
隠された7色ボールを集めて貰おうじゃないの。
ボール型クッキーだよ、ここは。

e0111355_11445374.jpg

というわけで、マーブルチョコをクッキーに仕込んで、焼き上げます。
画像に映っているのはm&m'sですけれどね、注意が必要なのは、m&m'sは6色しかない!ということです。
だからここは、明治マーブルチョコからピンクとか水色とか黄緑とか、m&m'sにない色を借りてこなくてはなりません。
作るときは両方買ってね。
そしてもうひとつ、種明かしというか~、懺悔というか~、1枚目の画像には撮影トリックがあります。
上の画像のように、マーブルチョコを中に入れてクッキーを焼くとチョコは溶けて、なくなりはしないけれど、なんだか意味不明な状態になります。
これじゃ画像にならないじゃん!というわけで、割ったクッキーのチョコのあった場所に、新しいm&m'sを突っ込んで撮ったのが1枚目の画像。
私は毎年、この干支菓子をレシピ付きで年賀状にするのですが、受け取った皆さん、そういうわけですので、どうぞひとつよろしく。
……って、ここを見ていない方にはどうしよう?

e0111355_11553334.jpg

そんなわかりにくい、無理矢理こじつけ干支菓子より、こっちのほうがずっと辰年っぽいというのがナサケナイ。
頭を使ったのはドラゴンボールのほうなんだけどな~。
タツノオトシゴが果たして「辰」になり得るのかどうかは、この際追求しないでくださいね。
瓢と扇面は、和菓子の型なんですよ~。
黒ごまクッキーにも活躍してくれましたが、お正月なんかに使うと正当な使用法という気がするわ。

そんなこんなで、相変わらずナンダカナーな年明けですが、今年もどうぞよろしくお付き合いのほど、お願い申し上げます。
[PR]

by cssucre2 | 2012-01-01 06:00 | Work