<   2011年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

暑いときにも

このところ、朝晩は涼しいです。
窓を全開していると、風がぴゅーぴゅー吹き込んできて、肌寒いときも。
でも日中はやっぱり、暑いですねぇ。
そんな暑いときでもやっぱり、いやいや暑いときだからこそ、冷たいお菓子が食べたくなります。

e0111355_14323774.jpg

海か山かと聞かれれば、私はどちらかと言えば山派ですが、デザイン的に使いやすいのは断然「海」ですよねぇ。
涼しげだし、モチーフも可愛いし、やっぱり夏といえば海。
そんな海の色のゼリーを載せた、ココナッツのムース。
ココナッツミルクも、今はお馴染みになりましたねー。
タピオカと合わせたり、カレーに入れたりと、いろんな使い方があります。
飾りに使っているのは、星形のパイナップル。
これは私が抜いたのではなくて、星形パインの缶詰があるんですー。
缶を開けたら全部星の形。このままフルーツポンチや蜜豆に使っても可愛い♪
星形ナタデココもあります。

e0111355_14411921.jpg

クッキーも色々あるけれど、たまにはこんな形のビスコッティはいかがでしょう。
アーモンドの粒を丸ごと焼き込んで、カリカリした食感が美味しいです。
ビスコッティはイタリアのお菓子ですが、エスプレッソや甘いワインに浸して食したりもします。
生地はいろんなタイプがありますが、これはバターも使っています。
2度焼きして作るのですが、とても簡単で、しかも美味しく日持ちもする。
普通のクッキーとはちょっと見かけも違うので、プレゼントにもぴったりと良いことづくめです。
数本まとめて、くるくるっと紙紐なんかで結ぶと可愛いかもー。

さて、今日は高校野球長野県大会の決勝戦でして、これを書いている今、延長戦の真っ只中、熱戦が続いています。
私は普段野球も見ませんし、正直言ってルールもおぼつかないのですが、何となく見てしまったら、延長戦なんて途中で止められないじゃないのー。
お陰で明日の仕込みが、まだ終わっていません。
まぁいいか。試合が終わってからにしよう。
[PR]

by cssucre2 | 2011-07-27 14:54 | Work

偉大なる自然

お休みをいただいて、アメリカに行ってきました。
元々は、ラスベガス郊外でのケーキイベントを見に行きたいなー、というところから始まった今回の旅行。
じゃあついでに、折角だからソルトレイクシティの友人に会って、グランドサークルを回りながらラスベガスまで下りてくればいいや、ということに。
それがいつの間にか、「ドライブ旅行がメイン」の「ケーキイベントはついで」になってしまいました。謎だ~。

ソルトレイクシティと松本市は姉妹都市です。
17年前の夏、我が家は市民交換団として訪れた姉弟をホームステイで受け入れました。
それから今まで、ずっと交流が続いています。
自分で言うのもナンですが、最早、市民交流の鑑と言っていいんではないかと(笑)。
市役所だか商工会議所だか知らないけれど、この姉妹都市交流事業担当の方が知ったら、感涙ものだと思うわ。
姉弟がホームステイに来てから5年後、家族でソルトレイクシティを訪ねました。
今回はそれからなんと12年ぶりの再会です。
年月って、あっと言う間。怖いわ~。

ソルトレイクシティのお家に1泊させて貰ったあと、姉弟の姉のほう、コリーンと一緒にドライブツアーに出ました。
今回は、弟・カークは仕事の都合でお休みが取れず、残念ながらお留守番。
コリーンは運転が好きだそうで、アメリカの延々と続く真っ直ぐな道を、ガンガン飛ばしていきます。
どこまでも続く真っ直ぐな道。アメリカは広いなぁと、つくづく思わされる瞬間。

自然の岩が風雨にさらされて出来た石のアーチが、道すがら、そこここにあります。
その中でもっとも美しいと言われる、アーチーズ国立公園のデリケートアーチというのを見てきました。
このアーチの下に立つには、片道2.5kmのトレイルを自分の足で歩かねばなりません。
折角だから見に行こう。トレイルでしょ? お散歩じゃーん、とお気楽にスタートしました。

e0111355_21492170.jpg

最初はまぁね、大したことなかったです。

e0111355_2151490.jpg
そして私は山に登る気などさらさらないのに、なぜかいつの間にか、これ、ほとんど登山でしょ?!という状態に…。

e0111355_21512411.jpg

いや、もうマジ怖いんですけど~。
途中で私は、もうここにいる~!と叫んだのですが、途中まで来ちゃったには戻らねばならず、帰り道はこの裏に、ずっと歩きやすい良いトレイルがあるからー、と他の人に言われ、仕方なく岩の斜面にしがみついて辿り着きました。
そろそろと進みながら、これ、落ちたら絶対に死ぬなぁ。そしたら新聞に出るのかな? 困ったなぁ。などと、よからぬ考えが浮かんできます。
なんせ、ロープも鎖も柵もありゃしない。さすが自己責任の国。

e0111355_21582776.jpg

アーチの下の、米粒みたいなちっちゃーい人影が我々です。
アーチのポーズをとったのに、小さすぎて写ってないし!

e0111355_2213637.jpg

道中、所々で地図を貰ったりするために、ビジターセンターという案内所に寄ったのですが、そこにこんな可愛い古いグッズの展示があったり。

e0111355_2255047.jpg

これは、砂漠にいっぱいありました。ジュニパーです。
ほらほら、実がなっていますが、ジュニパーベリーだよ~。
私は、生ハムを作るときに使うよー!

e0111355_22113186.jpg

公園の中はレストランやお店がなーんにもないので、サブウェイでサンドイッチを買って行きました。
隣のボックスは、コリーンお気に入りの金魚印のチーズクラッカー。
クラッカーも魚の形をしているんだけど、箱、でかすぎ!(笑)

e0111355_22144241.jpg

これは、モニュメントバレーの様子。
私は実は、行く前はモニュメントバレーにはそんなに興味なく、ふーんって感じだったのですが、このメーサと呼ばれるテーブル状の岩が立ち並んでいる様子は、なぜか意味もなく感動しました。
なんて言うのかなぁ、神々しいというか。

e0111355_2218337.jpg

その昔、アメリカ原住民のナバホの人々が大切にしてきた気持ちが、わかるような気がしました。

e0111355_22182688.jpg

モニュメントバレーを目の前に臨みつつ、夕食を食べての帰り道、虹が出ました。
大きな大きな地平線から空に架かる壮大な虹。
いっぱい写真を撮ったけれど、虹をきれいに撮るのは難しいです。

翌日は、自然の作った幻想的なアンテロープキャニオンへ。

e0111355_22221159.jpg

「いいちこ」のCMに使われています。
風と雨が作った、自然の芸術。

e0111355_22243546.jpg

地面の下?というか、割れ目にあたる部分なので、上から光が差し込みます。

e0111355_22233095.jpg

自然の前には、人間ってなんて小さいんだろうと思わせられる。
少々のことは、もうどうでもいいかーと思いました。

e0111355_22302059.jpg

ビジターセンターに寄ろうと、偶々下りたところが、ルート66の通るWilliamという町でした。
ルート66は、シカゴとカリフォルニアのサンタモニカを結ぶアメリカ横断国道。
今はもう廃線になっていますが、Historic Routeとして部分的に残っています。
折角だからルート66を走ろう!ということで、ハイウエイを下りてこの旧道へ。
でも、車もほとんどいず、ただひたすら真っ直ぐな道が続いているだけです。
ときどきシェービングクリームの看板がパラパラワード的に出てきて、コリーンは大受けなんだけれど、私にはイマイチ笑いのツボがわかりません。
でもルート66沿いの街は、レトロな可愛い街が多くて(たぶん意識的にそう作っているものと思われる)楽しかったです。

e0111355_22412896.jpg

最後はやっぱり、食べ物の画像で〆なくちゃね(笑)。
左上の画像に注目!
先月のおけいこで作ったスニッカードゥードル。
これが本場アメリカのものですが、この大きさ!
大きさの対比にキーホルダーを置いていますが、私の顔くらいあるよ。
ちなみにこれは、しっとりモイストタイプでした。
このくらい大きいと、天板1枚に1個くらいずつしか焼けませんねぇ(笑)。

そして肝心のケーキイベントですが、思っていたより展示の規模が小さくて、あれ?期待しすぎてたかしら。
でも、一番買いたいと思っていたものは買えたし、シカゴでクラスを受けたコレットとも会えたので、行った甲斐はあったかな?

コリーンとはラスベガスで、涙のお別れでした。
偶然うちにアサインされてステイした二人と、こんなに長い間、深い縁を結べるなんて、その時には思っても見ませんでしたが、本当に人の縁って不思議。
そして、国とか言葉とか、関係ないなと思います。
またいつか、会えるでしょうか。ううん、きっとまた会いましょう。
[PR]

by cssucre2 | 2011-07-26 23:08 | 生活

風涼し

なんだか日中は暑い暑いですが、夜になると風がひんやりとして、気持ちのいい季節です。
昼間も家の中は暑いけれど、木陰にいると風がひゅうっと吹いて、いい感じ♪
ちょっとうちの庭木たちは、繁りすぎですけれどね(笑)。

e0111355_1650762.jpg

シャラの花が咲き始めました。
1日経ったら、ぽとんと落ちてしまうシャラの花。
色も姿も好きなんだけれど、もうちょっと長持ちしてくれれば言うことなし。

e0111355_1652131.jpg

これはね、勝手に寄せ植えメモリー(笑)。
どれも去年の思い出な苗が、こぼれ種だったり、根っこが残っていたりで勝手に出てきて、知らない間に寄せ植え状態に。
こんなバラバラな寄せ植え、変だけれど、なんだか愛おしい。
しかも青紫蘇が重宝しちゃうし。

e0111355_16551686.jpg

今年のラズベリーは不調です。
去年、やたらに伐っちゃったせいでしょうか?
それとも、あまりの痩せ地で弱っちゃったのでしょうか?
生りも悪いし、実も小さい。
ちょっと淋しい…。

e0111355_16573822.jpg

友達に、食用ペンを貰いました。
「こんなの好きでしょ」って、さすが良く知ってるじゃない(笑)。

e0111355_16594167.jpg

なので、マシュマロに落描きしてみた。
マシュマロ百面相。
ふにふにしていると、描きにくいねぇ。
こういうのはきっと、小さい子にやらせた方が、思いがけない面白いものを描くに違いない。
うちに小さい子がいなくて残念。

e0111355_17105171.jpg

PCの写真を見ていたら、アップし忘れの画像を発見。
そういうの、いっぱいありそう…。
ベイビーちゃん誕生のお祝いクッキーだよ。
これは男の子バージョンね。
ビブに名前を入れてあげると喜ばれそう。
赤ちゃんは食べちゃダメよ~(笑)。
[PR]

by cssucre2 | 2011-07-06 17:15 | 生活

こわこわ・あまあま

一昨日、6/30の朝、松本でも最大震度5強という地震がありました。
市街地はかなり揺れて、大きな被害の出た地域もあったようですが、幸いうちのあたりでは大したことなく、お陰様で被害もありません。
それでも震度4くらいだったのかなぁ。生まれてこの方、あんなに大きな揺れは初めてでした。
部分的に棚の上のものが落ちたりはしましたが、それは積み上げ方に問題があったような気も…。
シュガーの小さな作品も、いくつか転がったりしていましたが、大したことではありません。
コンクールが終わっていて、本当に良かった。
生徒さんたちの作品をいくつも預かっていたので、その上になにか落ちてきたりした日には、泣いても泣ききれません。

松本にはいくつも活断層があり、前々から地震の可能性を示唆されています。
今回の東日本大震災のあとも、災害に備えるように言われているのに、私ときたら非常袋の用意すらしていない…。
以前、浄水場のトラブルで一日だけ断水になったことがあり、そのときの教訓から、いつも水だけはたっぷり備蓄してあるのですが。
水だけじゃダメよね~。
うちにはいっぱい粉と砂糖があるから大丈夫!と、意味不明な自信?を持っていたのですが、それ以前に必要なものはいろいろありそうです。
地震は本当に怖い。
お願いだからもう揺れないで、と地面に向かって語りかけてみたりしています。

e0111355_9372018.jpg

この前、カカオバリーのパータグラッセ・オレンジ味のサンプルを貰ったので、ちびカップケーキに掛けてみました。
色はとってもきれい。オレンジの香りもぷんぷんですが、融点がちょっと低いみたいで、この季節、焼き菓子に掛けるには向かなかったかも。
アントルメに掛ける方が良かったみたいです。
でも、この色のアントルメって、結構インパクトありますよ~。
気分はおフレンチですけれどね。
オレンジチョコの上から、残っていたチョコペン(ピンク)を掛けてみた。
足りなくて~、振り絞って線描きしたら、所々固まってる…。

e0111355_9474378.jpg

ひとつずつ包むと、ちょっと可愛くなった。
冷蔵庫に入れておかないと、とろけちゃいそうな今日この頃の暑気です。

e0111355_9524066.jpg

このところずっと、食べて美味しいシュガーペーストの研究?をしています。
普通のシュガークラフトに使うペーストは、食べて不味くはないのですが、口溶けがイマイチ。
伸びがいいようにガム質を混ぜてあるせいか、柔らかいともちゃもちゃとした食感だし、乾くととても固くなるしで、正直言って食べるにはどうよ?というかんじです。
でも、シュガーペーストを使えると、クッキーやカップケーキもデコレーションの幅が拡がる。
なので、いろいろいろいろ、ほんとうにいろいろいろいろ混ぜたり足したり引いたりまた混ぜたり、材料もいろんなものを試し、作り方もいろいろ試し、ちょっといいかな?と思うものに、やっとなってきました。
一時いいかなと思っていた配合があるのですが、油脂が多いためか、作業性が気温に左右されるのと、スタンプを使うと色素をはじいてしまいました。
私はどうしてもスタンプを使いたかったので、色素をはじかない、それでいて食べて、いい感じのペーストが欲しいのです。
上の画像は、なんとかはじかないようになったペーストに捺したもの。

e0111355_1041047.jpg

一番最近の作は、作業性もまあまあだし、ちゃんとスタンプ出来るし、食感も悪くない。
こうしてカップケーキに使っても、わりあいいい感じ。
ただ、このペースト、ホントウに甘いんです。
もうもう歯が溶けそうなくらい甘い。
まぁね、原材料のほとんどが砂糖なワケですから、当然と言えば当然なんですが。
これがイギリスやアメリカにいれば、このくらいの甘さ、なんだかこんなものよね?と、どういう訳か慣れてしまうのですが、いかんせんここは日本、やっぱり甘い。
私はかなり甘いのが好きだと思うのですが、この私ですら甘いなら、一般的にはどうでしょう?
もう少し配合を工夫して甘さを軽減するか、それとも、これはもうこんなふうに甘いものだと開き直るか、悩ましい岐路に立たされています。
うーん、難しいなぁ。。。
[PR]

by cssucre2 | 2011-07-02 10:29 | Work