<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

実りの季節

あんなに暑かった日々も、気が付けば朝晩は肌寒いくらいに涼しくなりました。
そしてあっと言う間に寒くなるんですよねぇ。
このつかの間の秋、信州はたわわな実りの季節です。

うちの周りは、ブドウや梨やりんごの果樹園に囲まれています。
春からずっと、花が咲いて小さな結実を迎え、その青い実が少しずつ大きくなっていく様子を見ながら、日々を暮らしています。
なので秋になって、ある日畑の彩りがなくなり、収穫されたのを見ると何だかホッとします。
台風や雹や霜や、そんないろんな困難がときには果実たちを襲いますが、それらに遭わずに収穫できたことは何よりです。
今年は、春は気温が上がらず、夏は雨が少なく、果実にとっては少々過酷な気候のようでした。
でも近くの直売所には、沢山の果物が並びつつあります。
ファーマーズや道の駅などの直売所の品物には、それぞれ作った人の名前が記されています。
小さい頃から知っている男の子の名前をそこに見つけると、つい手に取ってしまう。
大人になって、その辺で会っていてもこちらはわからないような気がしますが、それでも食べるときに、ああ、あの子が育てたんだなぁと思うと、ちょっぴり嬉しいです。

e0111355_10361186.jpg

そんなりんごをたっぷり使って、シナモン風味のタルトに仕上げました。
りんごは、生のまま並べて焼き込みます。
煮てからお菓子に使うりんごも美味しいですが、生のまま焼き込むと、生地の部分にりんごの味が移って、秋の味だなぁとしみじみ思います。
このタルトは、あるお客様の息子さんがとても気に入ってくださって、毎年お誕生日にはコレ!と決めてオーダーしてくださっていました。
このタルトを焼くと、思い出します。

e0111355_10231223.jpg

こちらは、ブルーベリーをチョコレートで固めたムース。
チョコレートはホワイトチョコレートを使います。
この前、ラ・ヴィエイユ・フランスの木村シェフに教わったレシピを元に作ってみたのですが、これがなかなか!
何がなかなか!かと言いますと、手持ちのホワイトチョコで作ったら、味が全然違う!!!
試食のときにとても美味しくて、絶対作ってみた~い、と思って作ったのに、なんでなんで??と思い、講習のときにシェフが使われたメーカーのチョコを取り寄せて貰いました。
素材が違うと、出来上がりの味が違ってくるのは往々にしてあることですが、こんなに違いが大きいことは初めてです。
ということでね、問屋さんに無理を言って、このメーカーのチョコレートを小分けで扱って貰うことになりました。
ホワイトチョコレートは苦手、という方も多いのですが、このチョコはそのまま食べても後味がしつこくなく、本当に美味しい。
小さいコイン状なので、そのまま食べちゃうことの方が多いかも(おいおい(笑))。

そんなこんなで、レシピを作るって本当に面白いです。
素材を口にして、そのものの味、鼻に抜ける芳香、舌触り、そんなものを感じながら、何に合うかな? どんな味に仕上げよう?と考えるのですが、思い通りに行くことも、なかなか意図する味が出ないことも。
でも、そんな試行錯誤が迷路やクイズのようで楽しいのです。
ときには、いろいろ作るうちに最初に描いた味がぶれてしまって、糸が縺れるように迷宮に落ちてしまうこともありますが、そういうときはちょっと離れて、しばらく放っておきます。
そしたらまた、ある時突然に(だいたい寝る前、布団の中です(笑))あれはどう?!と閃いたりして。
でも、翌朝すっかり忘れていることも多々(爆)。
まぁ半分ゲームのようなものかも知れません。

昨夜、白桃を煮ました。
今朝、ヨーグルトと一緒に食べてみましたら、ちょっと甘すぎた。
でも、桃を煮たシロップが美味しくて、これを使って作ろう!と思うものがポコポコ浮かんできて、すっかり嬉しくなりました。
ちょっと酸っぱいオレンジがあるので、あれも煮てみよう。
いろんなフルーツが、いろんな楽しみをもたらせてくれます。
[PR]

by cssucre2 | 2010-09-15 11:05 | Work

Before・After

夏休みに敢行したケーキキッチンの模様替えですが、半分はリビングのエアコンが壊れたお陰でもあります(笑)。
だってね、暑くてどうしようもないリビングにいるなら、エアコン入れて模様替えしていた方がマシじゃありませんか~。
何年か前に流し台と吊り戸棚の扉に壁紙を貼ったのですが、今回それも貼り替えました。
まずは取っ手を全部外して、貼ってあった壁紙を霧吹きで濡らし、端からビリビリと剥がします。表面がツルツルしているせいか、思いの外うまく剥がれるものです。
これが結構気持ちよくて、派手に壁紙を破るのって、ちょっとしたストレス解消になります。

e0111355_23171551.jpg

これが壁紙を剥がしたところです~。
忘れてたけど、うちの流し台ってこんな色だったんだっけ?
壁紙を剥がす前に写真を撮れば良かったのですが、ここには黄色いチェックの壁紙を貼ってありました。
取っ手は、辛子色のペンキで塗った上から、わざわざ白でディストレスしていたのですが、誰もそれに気付いてくれなかった。。。(泣)
それがどうなったかと言いますと…、

e0111355_2322917.jpg

こうなりました~。
扉17枚+抽斗4個+取っ手の塗り替え13個、だから頑張ったよ~。
キャビネットとテーブルを白いのに買い替えたので、それに合わせて扉も床も白にしました。
ええ、ええ、床も張りましたよ。私が。
この怪力で、冷蔵庫もキャビネットもひとりであっちやりこっちやりして、空けたスペースの床を張るというパズルのようなことをしました。
最後は床材が足りなくなって、どうしようー、また買い足すかー?としばし悩んだのですが、どうせ端っこだし、上に粉や砂糖のボックスを置いてしまえば見えなくなるので、残ったものを継ぎ接ぎして張ってしまいました。
そして予定通り、ちゃんと見えなくなった!(笑)
取っ手は黒に塗り替えたのですが、大胆な(乱暴とも言う)私のこと、ヤスリも掛けずに上からガンガン塗ったので、最初は下の黄色が溶け出して大変なことに。。。(汗)
それでも反省することなく、乾かしては塗りを3度繰り返したら、ちゃんと黒くなりました。
ふふん、終わりよければすべてよし、ってもんよ~。←開き直り。
キャビネットを買い替えるには当然、中身を全部出さねばなりません。
ついでにこの際だから分類整理もしてしまおうと、ボックスを大量に買い、チマチマチマチマ、細かい道具を分類しました。

e0111355_23411823.jpg

こんなかんじ。これはまだ分類途中です。
中身表示は、テプラテープをいっぱい作って貰ってケースに貼ったのですが、入っているものを全部書くわけにはいきません。
こういうのって、ざっくりよね。普通は。
そしたら細かいものが多すぎて、どれをどこに入れたのかが自分でもわからなくなる始末。
特にシュガーの道具はホントに細かくて、今まではゴチャゴチャしていたけれど、だいたいこの辺…という記憶のモトに捜せば見つかったものが、あっちでもないこっちでもないと捜しまくっています。
シュガーのお稽古のたびに、えーと、あれはどこに入れたっけ~? どれと一緒の箱だっけ~?と悩みつつ、バタンバタンと扉を開けては箱を引っ張り出し、中身をごそごそ。
効率の悪いことこの上なし。
確かにさ、見た目はきれいになったよ。前はグタグタだったよ。でも、混沌の中に秩序があったんだよ…、などと訳のわからないことを呟きながら、捜し物の毎日です。
慣れるまで当分、陽水の「夢の中へ」を口ずさむことでしょう。
そして慣れた頃には、また散らかっているような気がします(笑)。
[PR]

by cssucre2 | 2010-09-10 00:10 | 生活

おいしす・かわゆす

夏ももう終わりのはずなのに、暑い日々です。
でもね、これがある日、一気に涼しさを通り越して寒くなっちゃうのが、信州の秋です。
暑いとは言っても、暑さの中に涼しさが垣間見える季節。
名残惜しい夏です。

この夏は、いろいろとお掃除したり捨てたり、いろんなものが壊れたり(泣)、買い換えたり、模様替えしたりでした。
毎年8月は、製菓レッスンはお休みをいただくのですが、そんなこんなで慌ただしく、そしてなんだか長く感じる夏休みでした。
あちこち戸棚の中を入れ替えたので、ここ数年ずーっと眠っていた、こんなものも久々に活躍。

e0111355_10293684.jpg

これで、ジェラートを作ります。
これがね、結構大きくて、しかも超重い。
イタリア製なので電圧?だかなんだかの関係で、トランスを使うのですが、そのトランスがまた、ちっこいくせに重い。
一度しまうと出したくなくなるので、このところしまったままでしたが、折角入れ替えに出したので、夏の間はずっと作業台の上に鎮座ましましています。

e0111355_10323865.jpg

出ているなら、働いて貰わなくっちゃね(笑)。
ということで、せっせとジェラート作り。
生クリームを1本(1リットル)開けると、どうしても使い残しが出るので、それをせっせとジェラートに。
ええと上から、マロン、チョコ、クッキー&クリーム、抹茶、ブルーベリーですよ~。
ジェラート屋出来そう(笑)。
クッキー&クリームのオレオも自家製だよ。
大量に焼いたブラックココアクッキーが余っているもんで。
1バッチ仕込むと、8~10個位できちゃうので、当然家内消費が追いつかず、お友達やご近所に配っています。
大掃除で大量に出てきたカップが使えて、こりゃいいやと思っていたら、足りなくなっちゃって、買い足す始末。なんのこっちゃ。
本末転倒とはこのことです。

さて、一昨日は、市内にある松本調理師製菓師専門学校さんに呼んでいただいて、シュガークラフトのクラスをしてきました。
まずは、シュガークラフトの取っ掛かりということで、薔薇を載せた小さなケーキを、ひとり1台ずつ作ってもらうことに。

e0111355_10422960.jpg

ほらね~。みんなそれぞれ、自分でお花の色を着けましたので、個性が出ますねー。
若い学生さんたちはみんな熱心で可愛くて、ホント、若いっていいなぁ。
日頃から製菓の勉強をしている子たちなので、説明をするとサクサクと作業してくれます。
11月に学内文化祭があって、シュガークラフトで作品を作りたいそうです。
頑張って、いい作品が作れますように。
シュガーは時間が掛かりますが、少しずつ出来上がっていくときの嬉しさや達成感は、なかなかいいものです。
あろうことか私、カメラを忘れていきまして、この写真は学校の先生が撮ったものを送って下さいました。
ありがとうございました。
実習室も広くて、設備も整っていて、こんなところで勉強できるなんていいなぁと羨ましくなりました。

e0111355_10553390.jpg

これはね、スウェーデンのマシュマロとグミの合いの子みたいな?お菓子。
香りはなぜかラズベリーです(笑)。
袋のキノコくんの表情が可愛くて買ったのですが、

e0111355_10573091.jpg

見て見て! キノコの傘の裏に、ちゃんとヒダヒダが。
こういうバカバカしいほどの細かいリアルさって、なんか好き~。
そのわりに、表側の傘のアタマは、ちょっぴりぞんざいなツクリなんですが(笑)。
期待していたより美味しくてケッコウケッコウなんですが、顎関節症の私の顎には、この弾力が少々堪えます(爆)。
あーあ、こんなの食べたらまた、「だから治らないんです!」って、歯科の先生に叱られそう~。(言わなきゃ、わかんないけどさ。)
だってさ、固いものが好きなのよ。。。
[PR]

by cssucre2 | 2010-09-01 11:10 | Work