<   2010年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

暑っぅい~~!!

暑いですねぇ。
今年は冷夏だと聞いたような気がするのですが、あれは夢だったのか?と思うほど暑いです。
全国的に熱中症が多発しているようです。
信州は涼しいはず、なんてのは過去の栄光、美しい誤解。
どうぞお気を付け下さいまし。

さて、先週は水曜日に、いつも講習会をやらせていただいている製菓材料・道具問屋さんの100周年のお祝いがありました。
100年ですよ。
ちっとやそっとの歴史ではありません。
100年前って、ほとんど日露戦争くらいじゃないかと…。←歴史弱し!
ともかく、お目出度いことです。
そして、特別記念行事でオーボンヴュータンの河田勝彦氏のトークショーがありました。
いろいろ胸に浸みる言葉が多々。
お話を聞きながら、そうだ!そうよね~、と拳を何度も握りしめました。
長く現場に立たれている方の言葉には、真実があります。

翌日から何故か、捨て神さまが突然ご光臨あそばされ、仕事部屋のいろんなものを整理して捨てまくっています。
たまにはこんなことでもないと片付きませんが、こんなことは本当に稀なので、片付かないのが常です。
しかし!
今回はどうしたことか、かなり強力な神様らしく、捨てる捨てる(笑)。
このあとまだ、いろんなものを捨てる予定です。
でも、それと同時に新たにものを買い込んでもいるので、相変わらずの様相です。。。

e0111355_186853.jpg

こんなに暑いと、何か作るのはもちろん、食べるのもイヤになりますが、さわやかな酸味のグレープフルーツをキリリと冷やせばいかが?
ルビーのグレープフルーツを使って、冷たいムースにしています。
軽めのさわやかなデザートです~。
私的ブームは、グレープフルーツを蜂蜜でマリネして、ヨーグルトと一緒に食べること。
美味しいですよぉ。

e0111355_18102745.jpg

そして、基本の「き」とも言える、四同割のカトルカール。
このカトルカールは、バタースポンジで仕込みますので、ふんわりと優しいお味。
暑い時期ですが、こんなシンプルなお菓子がお茶の時間にあると嬉しい♪
冷たい飲み物にも良く合います。
ベーシックなものほど、簡単なようでいて難しい。
でもね、だからこそしっかりとマスターして欲しいケーキです。

e0111355_18191023.jpg

グラジオラスを頂いたので、コップに活けてみました。
せっかくの長い丈をチョキンチョキンと剪ってしまいましたが、グラジオラスは、こんなふうに小さくまとめるのが好きです。
夏の色ですね。

e0111355_18232335.jpg

これは何かといいますと、カップケーキラッパー。
カップケーキに着せるお洋服(?)みたいなものです。
この中にカップケーキをすとんと入れると、単なるカップケーキが、あーら不思議!! なんだか素敵なお菓子に(笑)。
昨夜、真夜中に切っているうちに面白くなって、いっぱい出来てしまいました。
実は、この画面に映っていないものもたくさんあります。
お洋服だけ出来て、中身のカップケーキが出来ていません。
今日は他にすることがあったんだものー。

さて、7月もあと少し。
今年ももう半分以上過ぎました。
なんだかお正月は、ついこの間だった気がするのに。
この暑い夏も、今のうちに楽しんでおきましょう。
[PR]

by cssucre2 | 2010-07-28 18:38 | Work

チビだよ。

こないだ、スーパーでこんな型を見つけました。

e0111355_931440.jpg

ちびちゃい3段一体シリコン型。
段ケーキに弱いですからね。
思わず買ってしまいました。
金型ならともかくシリコン型で3段って、うにゅにゅって引っ繰り返すのか?と危ぶみながら焼いてみたところ……

e0111355_9334073.jpg

ちゃんと出た! 傾いてるけど(笑)。
でも、すごく小さいので、有りもののメロンを挟もうとしてもこんな有様。

e0111355_936084.jpg

一番大きな下段で、メロン6切しか挟めませんよ?
上2段には、挟むことを諦めました。

e0111355_9375156.jpg

小さいケーキって、ナッペするのが難しい。
何故なれば、本体が軽すぎてスルスル動いてしまいます。
ちいさいパレットを使っても難しい。

e0111355_9392418.jpg

卵と比べると、こんな大きさ。
ケーキ好きさんなら、ひとりで食べちゃえるかもね?

e0111355_9415099.jpg

そしてイキナリですが、最近近くのスーパーで見つけた昆布つゆ(笑)。
懐かしの松前屋でございます。
ここの「とこわか」という塩昆布は、小さい頃から私のお気に入り♪
お汁粉と一緒に食べると、それはそれはおいしい。
もちろん、ご飯にもね。
この昆布つゆを、たっぷりの鰹節で引いたお出汁で割って、冷たいおうどんを食べています。おいしいよ~。
お供は、小葱・青紫蘇・胡麻の3点セットだよ~(笑)。
[PR]

by cssucre2 | 2010-07-19 10:00 | 生活

夏のけはひ

梅雨はまだ明けていないのでしょうが、晴れ間はすっかり、夏の気配です。

e0111355_019552.jpg

我が家に夏を告げてくれるのは、毎年このシャラの白い花。
今年はなんだか花付きも悪く、お花も小さいです。

e0111355_0205531.jpg

そして、他所様のとはどこか違う気がするラベンダー。
なんだか花穂の風情が違うんですよね。。。
でも香りはしっかりラベンダーなので、ラベンダーのはず。←怪しい。

e0111355_0223064.jpg

プランターに植えた小さな株のミリオンベルも、お花を付け始めました。
ミリオンには、まだまだほど遠い(笑)。

e0111355_0234849.jpg

寒い間は色が冴えなかったコニファーも、青々と涼しげです。

e0111355_0245088.jpg

ご近所から挿し木でいただいたガクアジサイも、やっとやっとマトモに咲くようになりました。
なかなか株が大きくならなくて、たぶん15年越しくらい?
たくさん挿し芽してくれたのに、根付いたのは2本だけ。
でもそのうちの一株は、とても大きくなりました。

e0111355_0273616.jpg

これは、お向かいさんから株分けして貰った南天の花。
やっぱり何年かは花が付きませんでしたが、一昨年くらいから小さな実が成るように。
今年はたくさん実付くといいなぁ。
南天は葉っぱも実も、姿が美しくて好きです。

e0111355_0303017.jpg

いつからか、剥げちょろけの芝生の中に、こんな可憐なネジバナが咲くようになりました。
冬には影も形も消えてしまうのですが、毎年春になるとちゃあんと同じ場所に芽吹きます。
芽が出てくると踏まないように、夫が小さいサークルで囲うのですが、その甲斐あってか優しげな花が咲きます。
こうやってしげしげ眺めると、ネジバナって、右巻きと左巻きがあるのね。不思議。

e0111355_0335828.jpg

お庭の片隅に植えたジャガイモが、小さな収穫を迎えました。
もっと置いておけば、もっと大きくなるのかな?
なんせ、キチキチと詰めて植えたものだから、間引く意味もあって少し掘り上げました。
まだ置いてあるものもあり、先日また、キッチンで芽が出始めたお芋を埋めたので、この後も少しずつ収穫できそうです。
畑なんてものでもない上、夫も私も畑仕事には縁なく育ってしまったので、やり方が全くわかりません。
植え頃も植え方も掘り方も、どこか間違っている気がする(笑)。
でもまぁ、数日楽しめますので、いいことにしています。
ポテトサラダにするには皮むきが面倒なサイズですが、お肉の付け合わせに焼くには悪くありません。

信州の夏ほど、素敵な季節があるでしょうか。
春の若草山も、秋の銀杏並木の御堂筋も好きでしたが、カッコウの声で目覚めるひんやりシーツの夏の朝や、夜更けに星を見ながら庭のテーブルで飲むひとときは、この地ならではの楽しみです。
今年も夏が来ました。
短い夏を存分に楽しもうと、梅雨明け前から手ぐすね引いています(笑)。
[PR]

by cssucre2 | 2010-07-11 00:58 | 生活

さまざま週間

今週はなんだか、お菓子をたくさん食べています(笑)。
月曜日の懇親会では、デザートのお菓子も食べ、コンクール予選の米粉を使ったロールケーキも食べました。
そして水曜日はこれらのケーキ。

e0111355_0244894.jpg

いつも講習会をやらせていただいている製菓材料問屋さんが、今年めでたく100周年を迎えられました。
その記念事業の一環で、今月はいろんな講習会があります。
皮切りは洋菓子で、ラ・ヴィエイユ・フランスの木村シェフの講習。
一日じっくりと見せていただきましたが、出来たお菓子はどれも本当に美味しくて、5種類のケーキを、するすると完食してしまいました(爆)。
木村シェフの講習会は2度目だったのですが、前回もとても美味しかった。
なんだろうなぁ、美味しいけれどひとつ食べて満足、というお菓子もあるけれど、私は本来の意味では、もっと食べたい、と思うお菓子が本当に美味しいんじゃないかと。
そういう点、木村シェフのお菓子は、もっと食べたいと思わせられます。
どういえばいいのか、うまく表せませんが、味の好みが合う感じ♪
きっと、同じダシの味で育ったんじゃないかしらん?(笑)と思ってしまいそうなところがあります。←どういう喩えなんだか。。。

昨日は、シュガークラフトのコンテストがあったので、それを見に、東京に行ってきました。
テーマは「夏」で、今回のは作品サイズの小さいコンテストだったのですが、みんな良く作り込めていて、なかなか見応えがありました。
会場がシビックセンターという、いわゆる市役所?的なところだったせいか、シュガーの展示会には珍しく、関係者およびその身内以外の来場者が多いことに驚きました。
会場で、主催のシュガー仲間さんとお喋りしていた小1時間の間にも、来場者が途切れることなく、しかもすべて関係者以外という素晴らしさ!
初めてシュガーをご覧になる方も多く、「何で出来ているんですか?」という問いかけも多々。
お母さんに連れられた小さな男の子が、「どうやって作るんですか?」「それは、どこに売っているんですか?」と尋ねていて、あまりの可愛さと利発さにおばちゃん仰天です(笑)。

ついでに(どれが「ついで」なのかが不明)、原宿で北斎生誕250年の展覧会をやっているので、肉筆画に富嶽三十六景、たっぷりと見てきました。
いやぁ、やっぱり北斎、サイコーです。
以前から私が、北斎北斎と騒いでいるのを知っている友人も一緒に見に行ったのですが、実物を見て、北斎のすごさを認識した模様。
ほぉら、北斎ファンをひとり増やした! でかした私!!(笑)

e0111355_0484780.jpg

表参道ヒルズのとらやカフェで、和スウィーツ(っていうのかしらん?)を食べました。
焼き菓子4種とゼリー、あんペーストにクッキーというセットプレートです。
とらやの和菓子素材を使ったケーキは一度食べてみたかったのと、噂に聞く「あんペースト」にも興味があったのですが、結果的には「うーん」って感じ。
なんだか、イマイチ和素材を生かし切れていない気がします。
どうせなら、パリで評判だという餡トリュフを置いて欲しかった~。
いやぁ、なかなか難しいですねぇ。

和素材を洋菓子に取り入れることにはとても興味があって、私自身も、定番の抹茶を使ったお菓子はもちろん、きなこのムースや(別名・信玄餅ムースといいます(笑))、桜餡を巻いたロールケーキ、あずきを練り込んだ焼き菓子なども作りました。
レシピを組むときに、自分ではおいしいと思って作るわけですが、どうかなぁ、独善的になっていなかったか、時間が経った今、もう一度作って検証してみるべきかも知れません。
レシピを作っている時は、その菓子に対して少なからずテンションハイになっているので、我が子可愛さで冷静に判断できていないかも?
そんなふうにちょっと、反省したりしました。

今また別の和素材で、作ってみたいお菓子をいくつか思いついています。
私はわりに、素材そのものを食べて、その時にパアッと浮かんだイメージと味を形にして行くことが多いです。
一度にイメージが拡がると、いくつも思いつき、そして数字もその場でパパーッと書いてしまうアバウトさんなのですが、浮かばないと全然(笑)。
でも、和の素材は日本人の舌に馴染んでいるし、上手に使っていきたいなぁ。
食感も生かしつつ、うまく融合させられたら、そんなことを考えながらのいろいろでした。
[PR]

by cssucre2 | 2010-07-04 01:21 | 雑感