<   2010年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

薔薇の季節

来週に迫った県コンペの作品も、生徒ちゃんたち全員、無事に仕上がりました。
みんな、宿題もたくさんし、何度も出る絞りのやり直し指令(笑)にも頑張って応えてくれ、なんとかゴールにたどり着きました。
去年初めてコンペに参加した人も、今年初めての人も、今のそれぞれの力で出来ることを一生懸命やりました。
6月1,2日、場所は松本市のカタクラモールです。
たくさんの方にご覧いただけると嬉しいです。

コンペは、出品することよりも、それに向けて作る過程が大事だと思っています。
普段なら、これでいいか~、と無意識にどこかで妥協してしまう部分も、やっぱり納得のいく形にしたいと思うことで、作り込みが出来る。
こういうコンペの作品は、実際に食べるケーキとはまた違った形なので、製菓の仕事とはちょっと違うかな? どこで役立つのかな?と思うこともあると思いますが、実際にやってみると、物事への取り組み方やステップをひとつずつ踏んでいくことなど、やってみないとわからないことがたくさんあります。
そうした経験は、仕事にはもちろん、そうでなくてもいろんな形で、きっと人生の中で役立つはず……と、私は信じているのですが。

さて、シュガーでもよく薔薇を作りますが、もうすぐ薔薇の季節。
今年は天候不順で、どの花もなんだか少し季節がずれているようですが、ケーキの薔薇は、作れば咲きます(笑)。

e0111355_18143062.jpg

薔薇の形のケーキは、ほんのりローズの香り。
ローズウォーターで香り付けして、ラスベリーのジャムを絞り込んで焼きました。
ローズ風味のお菓子って、密かにブーム?
このところ薔薇香のお菓子を、ちょくちょく見かけます。
この季節には、ぴったりです。

e0111355_18194724.jpg

こちらは、ロイヤルミルクティー風ババロア。
しっかりと風味の出る茶葉を選んで、ミルクで煮出して作りました。
ミルクとクリームの割合を変えると、夏向きにも冬向きにもなって、アレンジ自在な配合です。
紅茶の選び方もひとつのポイントかな。

e0111355_182241100.jpg

このハートさんたち(一部ではおしりに似ているといわれていますが)は、ボッシュのスタンドミキサーで、卵白は何個立つのか?という実験の副産物(笑)です。
せっかく立てた大量のメレンゲを無駄にするのもどうかと思うので、ほんのり苺風味のハートメレンゲにしました。
あまりに大量でとても一度では焼けず、一部は待たせていたために、イマイチの出来です。
やっぱりメレンゲは、ほどほどの量を作るようにしましょう。
って、実験なんだから、しょうがないか!
[PR]

by cssucre2 | 2010-05-27 18:33 | Work

ネットのない生活

昨日は朝から、どういうわけかネットが繋がりませんでした。
私のPCの具合が悪いのかと思って、他のをいくつか立ち上げてみると、どうやら家庭内LANは機能している模様。
外部とのアクセスが出来ていない、ということは、もしかして全滅?!
ともかく、セットアップに関してはまーーーったくワケワカメ状態の私にはお手上げなので、メンテ担当の帰りを待つしかなく、夜までずーっとネットなしでした。

思えば15年以上、うちにいてネットにアクセスしない日はなく、ここ10年くらいは旅先にもPCを持ち歩く始末。
調べ物から、ちょっとしたことから、記録から、みーんなネットに頼っている生活。
しばしの空いた時間を、ちょちょっとネットを覗こうとして、あ、今日はダメだ~、と思ってしまうと、なんだか心許ない。。。
ケータイがない時代には、ケータイなんてなくてもドウってことなかったのに、今やお出かけ時には必須グッズ。
ネットなしの一日は、ケータイ不携帯で外出したときの不安さにちょっと似ています。
絶対必要かと言われればそうじゃないけど、なんだか淋しい。
これって立派なネット依存じゃ? おお、怖。

夜になって、あれやこれやいろいろ調べたら(って、私がじゃないよ)、どうやら夜中に停電があったらしく、そのせいでいろんなものが影響を受けたようでした。
道理で、電化製品の時計がみんななんか変だった。
もっと早く気付けよ、ってもんですが、たとえ気付いたところでどうしていいかわからないので、まぁ、これは私の守備範囲を超えます(笑)。

一昨日の日曜日は、シュガーアートコンペティションを見に、東京に行ってきました。
行こうかどうしようか迷っていたのですが、20年来のシュガー仲間とも、久しぶりにゆっくりお喋りでき、会場では友人・知人・生徒ちゃん達にも会え、やっぱり行って良かった。
そんなに広くはない会場なのに、2時間以上いました。
ほとんど誰かと喋っていた?(笑)
さすがに日本のトップレベルのコンペだけあって、作品はどれも素晴らしい出来でした。
こんなに細かいのは、もう出来ないなぁ、だって見えないもんね~、などと、同年代の友人と相憐れみながら(笑)、でも大いに触発されて帰ってきました。
韓国からの出品がとても多くて、しかもレベルも高くて、感心しました。
日本と韓国は近いとは言え、こーーんな壊れやすい作品を、飛行機にどうやって載せて運んだんだろう?と思うほど、繊細なものが多かったです。
韓国のシュガー界は今、どんどん成長している時期なんだなぁと感じさせられます。

コンペを見た後は、スタンプ屋さんに寄って、いろいろ仕事にも趣味にも役立ちそうなものを買ってきました。
なにかを作るって、楽しいことです。
昨日は、ちょうどノートのページにいいような厚さのカラフルな紙をたくさん貰ったので、表紙を付けて、小さいノートを作ってみました。
ノートのページを糸で綴じていると、ノートなんて、いくらでもたくさん売っていて、種類もいろいろなのに、なんでわざわざ紙を縫ってんだ?と自問したりしますが、やっぱり自分の手で作ったものって、どこか愛着があって楽しい。
ものを作るって、こういうことなんだなと、しみじみ感じました。
小さな薄いノートがふたつ出来、ひとつはバッグに入れて持ち歩き用に、ひとつはカードのデザインを描いておく用のノートにしました。
作りながら、これを何に使おう?と考えるのも、楽しいものです。
[PR]

by cssucre2 | 2010-05-25 09:10 | 雑感

little by little

来月の1,2日と、長野県洋菓子協会のコンクールがあります。
去年からスタートしたこのコンペ。
県内でもこんなにたくさんの人が頑張っているんだなぁと、作品を見ては励まされたりしました。

そして、うちの生徒さんたちも制作中です。
普段はサイズの小さなケーキでレッスンすることが多いので、大きいケーキは少し勝手が違います。
シュガーはなんといっても時間が掛かるので、みんなおうちで宿題をやって、せっせと作っています。
私も今月は、土日をすべて返上です。
だからほら、どうも最近、天候不順なわけです(笑)。

e0111355_162436.jpg

作りかけケーキの画像は、なにやら意味不明かと思いますが(笑)、まぁ、こんな感じで少しずつ。
私の頭の抽斗は決して多くないので、果たして生徒さんたちの助けになっているか甚だ不安ではありますが、出来ることを私なりに懸命にやっています。

今まで少しずつ買い貯めたシュガーの道具類が、ほぉらね、買っておいて正解だった!という場面もあり、ちょっと嬉しい♪
シュガーの道具は、すぐにどこででも手に入るというわけではないので、イギリスに行ったときには、ついつい買い込んでしまいます。
90年代は、日本で扱っているところがほとんどなかったので、行く度にいろんな物を買いました。
道具だけではなく、本やらペーストやら。
コンベンションの会場はロンドンから電車で2時間くらいのところが多く、スーツケースはロンドンに置いて2泊くらいで行くのですが、ロンドンへの帰りの荷物は、手が抜けるかと思うくらい重い。
そして、飛行機の超過料金にヒヤヒヤしたものでした。
今はamazonもあるし、国産のペーストもあるし、便利になったものです。

今でもときどき、イギリスやアメリカから道具を取り寄せたりするのですが、お国柄なのか何なのか、間違いが多々(笑)。
この前も、注文したものと違う物が入っていたので、
間違ってるよ~! 返品するよ! 送料そちらで持ってね。
と、メールすると、返送料の方が高く付くと思ったらしく、

あなたは今それが要らないかも知れないけれど、きっといつか役に立つときが来るはずよ。
送り返さなくていいから、手元に置いていてね~。

という返事が来て、そのまま頂いてしまいました。
正直言って、こーんなの使わないよー、と思ったのですが、なんと今回、それが活躍!
いやぁ、Diana(先方の担当者)、アリガトウ。

そんな道具やら、絶対にコレは買いだ!と確信して買ったにも拘わらず、何故か一度も陽の目を見ることなく仕舞い込まれていたものも活躍しています。
他にもある。まだ使っていない道具が。
この際だから、未使用品使用促進デザインでも考えるか。。。

生徒さんたちのレッスンをしていると、自分でもムクムクと作りたい気持ちが湧いてくるのですが、そういうときは時間の余裕がなく、そして一段落しちゃうと、この意欲も一段落しちゃうのよね。
一応、デザイン画だけでも描いておこうかなー。
アリス・イン・ワンダーランドを見て、思いついたものも色々あるし、アントワネット着せ替えを買ったので、ラフをいっぱい描きました。

うーん、なんでも少しずつ。
貯めてあった道具も役立つときが来るのだから、こういうアイディアも少しずつ、拾い集めておくのは大事かも知れません。
[PR]

by cssucre2 | 2010-05-17 16:38 | Work

そらまめ

突然ですけれど、私は蚕豆が大好きです。
「そらまめ」って名前も好き。
蚕豆には独特の香りがあるので、あの匂いが苦手という人もいますが、そこがいいんですねぇ。
それで春になると、蚕豆を買います。
家族は誰も食べません。
いいんです。ひとりで食べるから(笑)。

e0111355_9105982.jpg

蚕豆の莢の、内側のぽわぽわも好き。
こんなふわふわベッドの中で育つなんて、考えただけでも気持ちよさそうじゃありませんか。
でもね、この蚕豆、莢付きのままだと320gもあったのに、剥くとたったの90g。
3割以下なんて、歩留まり悪すぎです。。。。

e0111355_9132921.jpg

鰹のお出汁に味醂と薄口醤油で煮るのですが、こんなぽっちりだとお鍋の中でぷかぷか浮いて、なんかなぁ~。
居酒屋メニューの鬼殻焼きとか、塩茹でとかもありますが、私はやっぱり引き立て鰹出汁で煮含めた蚕豆が一番好きかなぁ。
小さい頃、こうやって食べていたからかも知れません。
でも子供の頃は蚕豆ってなんだか大量にあって、母たちはお鍋に一杯煮ていた記憶があるのに、当時は蚕豆、お安かったのでしょうか?
それとも、いずこかからの到来物だったの?
今、近所のスーパーでは、3~5莢が1袋。
2袋買ってやっと、こんなぽっちりです。なんで?!

幼少時良く読んでいた本に、蚕豆のお話がありました。
鍋に入れようとした蚕豆がこぼれて逃げ出して、あっちこっち冒険して(途中経過は全部忘れた!)、とにかく最後は笑いすぎたか食べ過ぎたかでお腹がパンクしちゃって、誰かがお腹を縫ってくれるんです。
でも、丁度いい色の糸がなくって、黒い糸で縫っちゃったので、蚕豆には黒い筋があるんですよ、ってお話。
ほとんど忘れているのに、蚕豆を食べるたびに思い出します。
ああ、あの本、実家にまだあるかなぁ。

豌豆に関しては、蚕豆ほどの執着(笑)はありませんが、豌豆という漢字は好き。
豆って、かわいい。
お豆を食べよう。
[PR]

by cssucre2 | 2010-05-13 09:35 | くだらない話

鬱金香の憂鬱

雪に桜の寒い春から、一気に夏かと思わせる陽気のGWも終わってしまいました。
前半は仕事に、後半は少しだけ試作なんかしながら、のんびり出来ました。

前々から行ってみたかった岡谷のイルフ童画館に、この連休中にやっと行ってきました。
武井武雄氏の作品を集めた、ちいさな美術館です。
武井氏の絵は、子供の頃、親しんでいたはずの絵。
ずっと前に、神田の豆本をたくさん置いている書店で買い物をしたときに包んでくれた包装紙の絵が、武井氏のラムラム王の絵でした。
あ、この絵、知ってる。
と、その時に思ったのですが、こんな近くに武井氏の故郷があったなんて、これもご縁でしょうか。

ともあれ、ちいさな美術館ですが、内容はなかなかの充実ぶり。
紙好き、本好きの人にはたまらないです。
しかも、武井氏の私製本が、実際に手にとって見られるなんて!!
感動ものでした。
え?触っちゃっていいの?と思いつつ、存分に見てきました。

童画館にいたら、鎌倉に住む友人から、八ヶ岳の別荘に来ているとの電話が。
岡谷からだと近いじゃ~ん、とそのまま会いに行くことに。
ところが、浮世の出来事に無関心でいるため、御柱だということをコロッと忘れていました。
お宮の周辺、あっちもこっちも通行止めです。
ぐるぐる迂回だか周回だかわからない走行を繰り返しつつ、なんとか渋滞から抜け出て、無事に八ヶ岳に。

e0111355_14404363.jpg

お天気も良く、甲斐駒ヶ岳が美しく見えます。
思いがけなく友人とご家族にも会え、美味しい夕食も頂いて帰ってきました。
私、ダーツの才能がありそうなことを発見(笑)。ホントか?!

e0111355_1444171.jpg

これは今日の空。
なんか恐竜に似ていません?

e0111355_14451126.jpg

今年は天候不順だったためか、チューリップの生育が良くありません。
うちの、冬期のお手入れ?が悪かったのかと反省していたら、友人宅も、そのお隣の毎年見事なチューリップのおうちもイマイチだというので、そうか、じゃあ天気のせいなんだということになりました。
チューリップって、漢字で書くと鬱金香。
うーん、なんかねぇ、今年のチューリップって感じだわ。。。

e0111355_14482950.jpg

そのせいか、今年はスズランも遅いです。
日当たりのいい場所で、やっとひとつ。
ここ数日で、一気に葉を伸ばしてきましたが、花芽はまだほんの少し。

e0111355_14495418.jpg

でも、ラナンキュラスはなかなかいい感じですし、

e0111355_14503097.jpg

名前のわからん黄色い花も、地味ながら可愛い♪

e0111355_1451133.jpg

ナスタチウムも美味しそうに?繁ってきました。
イギリスで、このお花の作り方を(シュガーで)習ったなぁと思い出します。

e0111355_14523966.jpg

そして、お庭に生えている四つ葉のクローバー。
なぜかうちの庭、四つ葉の宝庫です。
ちょっと捜せば、ぞくぞく見つかります。
こんなに見つかると、ちょっとありがたみが薄い(笑)。
でも、見つけるとやっぱり、なぜか嬉しくなります。
そして、電話帳に挟んでみたりする。

クローバーの和名はツメクサですが、漢字で書くと詰草。
昔、梱包材の代わりに、この草を詰めてきたから、だそうです。
昨日行ったカフェで、ご一緒になった方から教わりました。豆知識だよ!

近くの果樹園は、林檎の花が満開です。
春はやっぱりウレシイ。最早夏みたいだけど(笑)。
四つ葉と共に、happyが訪れますように♪
[PR]

by cssucre2 | 2010-05-06 15:05 | 生活