<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

バレンタイン・ショコラ

e0111355_971232.jpg
バレンタインも近いので、ボンボン・オ・ショコラを作りました。
なかなか美味しそうでしょう?
もしバレンタインデーがなかったら、日本でこんなに多くの種類のチョコレートが存在したかなぁ?と思ったりします。
恐るべし、バレンタイン。
でも、バレンタインにかこつけて?美味しいチョコが食べられるのは結構ケッコウ。
どのチョコレートを食べようか、箱の中から一粒のショコラを選ぶのも、楽しい悩みです。

しかーし、このショコラたち、実は紙で出来ています(笑)。
e0111355_22293774.jpg

細長くカットしたペーパーをクルクル巻いて作る、クィリングというクラフトで作ったショコラ。
あづさ先生の教室で教わって来ました~。
ホイルに包んであるチョコも、中身はちゃんと?クィリングで作ってあるんですよー。
教室ではショコラのボックスを台紙に貼るまでしかできなかったので、帰ってから箱の横の自由スペース?に、見せていただいた本に載っていた巻きバラを作ってみました。
が、バラの出来上がり形がうろ覚えなので、なんかちょっと変!
でもま、いいことにしました!←アバウト。

クィリングは立体的なので、普通の額に入りません。
シャドウボックス用の厚みのある額が必要なので、手持ちのフレームに2mm厚紙で箱を作って、フレームの後ろに付けました。
紙なら何でも、材料があるので(笑)。

クィリングは、シュガーでも作ることが出来ます。
でも、どちらかというと、ペーパーの方が楽ちん。
今度はこのクィリング・ショコラを、シュガーでも作ってみようかなーと思いついたものの、シュガーで作るなら何故にクィリング?と思い至り、そうか、順当にペーストを丸めるべきだと納得。
紙クラフトとシュガーはちょっと似ている部分があるので、それぞれの道具がときどき頭の中で混乱します。
あの抜き型、買ったよなー、と思ったら、それは抜き型でもペーパー用のだったり、あんな形のパンチあったはず!と思えば、それはシュガー用のカッターでした。。。。

今、アメリカではCHAというホビークラフトの新商品展示会をやっているのですが、そこで新発表されたカッティングマシンで、ケーキデコレーションに特化されたものがありました。
去年のICESで、同じ機種のクラフト用マシンを使って作られたケーキを、見ました。
同種のマシンを持っているので、へぇ~、こんな風に使えるんだー。と感心していたら、メーカーはちゃんと製品化しちゃった!
新製品は、機械は一緒なんだけれど、ケーキ専用に使えるようパーツをステンレスにしたり、ゴミが入らないようにしたり、いろいろ工夫されているようです。
その分、かなりお高くなっちゃってるけど。
昨夜、あちこちの掲示板を覗いていると、クラフト系でも、個人的にケーキデコもやっている人は大絶賛でしたが、クラフトしかしない人は、何で今更なの? ケーキデコレーションなんかに手を出すなら、もっとクラフト方面を充実させてよー、みたいな意見でした。
私は、どっちも大歓迎だけど!(笑)
ケーキデコの掲示板では、もう今すぐに、カードを握ってマイケルズ(クラフトショップです)に駆けつけるイキオイの人も有り。
でもまだ売っていないってば。

今年は、バレンタインデザインのクリップアート集も買ったので、バレンタインカードにも萌えてます。
肝心のチョコレートは。。。。うーん、どうしようかなー(爆)。
[PR]

by cssucre2 | 2010-01-27 23:19 | 生活

めくるめくチョコめくりの日々

チョコめくりのお陰で、毎日、へぇ~とチョコ・トリビアです。
しかし、読んだ端から忘れてしまうので、レッスン時の小咄ネタにはならなさそう。
この記憶力ゼロの頭、なんとかならないものでしょうか。。。
でもめくらなくても毎日、めくるめくチョコレートな日々の今日この頃。

e0111355_1443329.jpg

さて、そんなチョコまみれの今月は、バレンタインに備えて?チョコレート関係のお菓子です。
オレンジは影も形もありませんが、チョコとオレンジって、とても良く合うんですねぇ。
そんな組み合わせで作ったケーキ。
中身はチョコスポンジにしか見えませんが、オレンジ風味の仕掛けが、この見えないところにあるんですー。
ホワイトチョコの軽いガナッシュで、とろりとナッペしたところに、マスクを置いてココアを振りました。マスクをめくると、ほーら、こんな模様が!
ただ今、このマスクに超はまり中(笑)。

e0111355_1491762.jpg

こっちは、オーソドックスなガナッシュのチョコレートケーキ。
チョコレート好きの方にはたまりません。なケーキです。
デコレーションは、小さなシェルをぐるっと縁に絞り出すことが多いのですが、なんせ今、マスクにfall in loveなので、いろんなマスクを作って遊んでいます。

e0111355_1420846.jpg

ちびケーキにも、イニシャルなんか入れてみる。
バースデイパーティのときとかにいいかも知れません。
あ、バレンタインにはもちろん。←忘れてる(爆)。
マスクは、焼きっぱなしのケーキに載せて、粉糖を雪のように振るだけでも綺麗な模様が出来て、とても重宝します。
ただのスポンジやホットケーキでも、ちょっとお化粧してあげるだけで、うんと華やかに。
文字やらお花やら、いろんなデザインのマスクを作りました。たのし~♪

e0111355_1422010.jpg

ソリッドのチョコをざくざく切って、クッキーにも入れてみます。
かりかりしたマカデミアナッツも加えて、しっとりしたソフトタイプに焼き上げると、おやつにもプレゼントにも。
日本では、クッキーと言えばクリスピィタイプが人気ですが、ちょっとchewyなソフトタイプを食べると、アメリカを思い出します。

e0111355_1425543.jpg

チョコレートでお腹がいっぱいになったので、さわやかなHitomiちゃんのひまわりケーキでお口直しを(笑)。
アイシングで作ったランナウトカラーを付けました。
1枚もののカラーは、壊れると泣くに泣けないので、壊さないように慎重に。
ハートとお花の透かし模様もきれいに出来ました。

ここ2日ほど暖かくて、このまま一気に春まで持たないかと思うのですが、そんなことは有り得ない。絶対に有り得ない。
それにチョコレートを楽しむのなら、寒いときの方が美味しい気がしますしね。
ボールに残ったガナッシュを熱いミルクで溶かしたホットチョコレートも、寒い冬ならではの楽しみのひとつです。
ああ、チョコレートって、何でこんなに魅力的なんでしょう。。。。
[PR]

by cssucre2 | 2010-01-20 14:41 | Work

日めくり

やれやれ。あっと言う間に、半月が過ぎようとしています。
今年は4日から仕事が始まってしまったためか、なんだかお正月気分は風のようにどこかに行ってしまいました。
そして、普段の日常。
日々が粛々と過ぎてゆきます。

私は日めくりが大好きでして、今年も日めくりカレンダーを愛用しています。
小さな頃は、大きな日めくりを毎日めくるのが楽しみでした。
日めくりの紙って、なんだか独特の手触りとパリパリ感で、そんなところも好きでした。
思えば当時から、紙に関してはかなり敏感だった。。。。いろんな包装紙の質感を、今もおぼえています。
「かのえとら」とか「さんりんぼう」とか、数字の横に書いてある意味不明なコトバを読むのも楽しかったものです。
そんな言葉の意味や成り立ちを、祖父母に教えて貰ったりもしました。
商売屋に生まれ育ったので、日にちに纏わる験担ぎなどもいろいろ憶えています。
なのに、今の私が買う日めくりは、もっぱら輸入物(笑)。
お陰で二十四節気はともかく(情報源はニュースですが)、六曜や干支はサッパリ…。
験担ぎはどうした?!

e0111355_2172425.jpg

日めくりの予約をする夏の終わり頃、なぜかレトロな図柄に惹かれていまして、ピンナップガールのにしました。
ええと、ピンナップガールってのは、昔のポスターに描かれていた女の子ですね。
まぁ、セクシー系が多いのですが、箱の絵はそうセクシーでもなく、顔が可愛かったので、いいかと思って買ったら、中身は思ったよりセクシーでした(笑)。
それなのに何故か、今日は数少ない男性モデル。ピンナップボーイか?
しかもなんだか、やたらと爽やかな笑顔なんですけれど…。
広告ポスターの絵だったものが多いらしく、このボーイもどうやら、コークの宣伝と見た。
レトロな広告も大好きなので、めくった日めくりを捨てられずに取ってあります(爆)。
だって、何かに使えそうなんだもん。

e0111355_2132697.jpg

ルーターの横に、ちょこんと置いているのはフランスの日めくりで、これはほとんど飾りです。
なぜならば、毎日小さい漫画があるのですが、フランス語がわからないので理解不能。
まぁねー、月と曜日くらいは、これで覚えられるかも?
月の下に、なんだかすごく小さい字でなにかの名前?のようなものと、アルファベットと数字の羅列が書かれているのですが、これは一体なんぞや?
この日めくりは、プラスティックのケースに入っていて、紙をつまむようにして1枚ずつ取り出します。
少なくなってきたらどうなるんだろう?と、今から心配。
紙は、薄手のいい感じのチープさですが、日本古来の日めくり紙とはまた違う。

e0111355_21414384.jpg

トイレの棚に置いている小さいのは、チョコレート日めくり。
毎日、ボンボン・オ・ショコラの小さいイラストと、チョコレートにまつわる逸話やクォートが載っています。
文章は短いので、私でも読める(笑)。
毎日いくつかわからない単語がありますが、だいたい前後の文章で推測できます。
で、一応辞書を引いて確かめる。
こうして毎日少しずつ単語を覚えていけば、この年末にはかなり語彙を増やせるはずですが、引いた端から忘れていくので、人生そう甘くはありません。
でもチョコレート話は結構楽しいので、毎日楽しみです。
マヤ帝国では、カカオバターは傷の手当に使っていたらしいですわよ、奥さん!
って、ほらね。井戸端会議のプチ知恵袋のネタにもなります。

今年の日めくりは、この3つ。
ああ、やっぱりもう一つくらい買っておくんだったかなぁ。。。
[PR]

by cssucre2 | 2010-01-14 22:00 | 生活

謹賀新年

e0111355_22315386.jpg

新年あけましておめでとうございます。

今年のシュクル吉例・干支菓子は、寅のしましまクッキーです。
バニラとココアの2色生地を組み合わせたアイスボックスクッキー。
金太郎飴的に、棒状に作った生地をカットして焼きます。

しましまに作って、形を整えるためにカットした端生地をぎゅぎゅっとまとめて、丸い棒状にして焼いたら、関西のおばちゃん的アニマル柄クッキーになりました(笑)。
こっちの方が、ある意味タイガーっぽかったかも?

毎年、干支にちなんだお菓子を考えるのは、悩みでもあり、楽しみでもあります。
3巡目になりましたので、だんだんアイディアが枯渇してきました。
まぁ、いつまで続くかわかりませんが、ない知恵を絞ってみるのも、頭の体操になるかなぁと思っています。

できることを出来る範囲で、などというのんびりペースですが、今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
[PR]

by cssucre2 | 2010-01-01 22:45 | 雑感