<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

年の瀬

年末ですねぇ。
結局、年賀状は一日勝負でした(笑)。
クリスマスの朝、起きたときから「今日は年賀状をやるぞ」と固く決心し、そしてひたすら年賀状に掛かりきり。
住所録整理から始まって、レシピを作って、菓子を作って、裏面のデザインを公私2種作り、260枚、ウンウン唸るプリンタに印刷させて、一言書き添えたりして、郵便局に持って行きました。
やれば出来るじゃん>自分。普段からもっと頑張れ。←反省。
でも、プリント設定間違えて、ハガキが足りなくなったりしたので、途中買いに走ったりとアクシデントも。
住所録整理が甘かったらしく、何枚か戻ってきています。。。。(鬱)
来年こそ、住所録整理だけでも年初のうちにしてしまおう。←と、決心だけは毎年…。

e0111355_2314568.jpg

さて、今年のおけいこ納めは、Akiちゃんでした。
ケーキもちょうど出来上がりで、良かった良かった。
やっぱり、おけいこ納めで続きはまた来年って、なんか盛り上がりに欠けますもんね。
そんなところで盛り上げてどうする?って気も致しますが…(笑)。
春らしい色合いの、可愛いケーキになりました。
Baby誕生のお祝いケーキになるそうです。
チョウチョには、例によってキラキラを付けました。
今の私は、たとえ生徒さんが付けたくないといっても、キラキラさせてしまいそうなラメブームですが、ちょうどみんな付けたがってくれて~。←暗黙の強制を感じてる?
ま、お祝いですし、年末ですし、キラキラ、派手で結構ケッコウ。

e0111355_23315362.jpg

今年も、来年の干支のちびシュガーを作りました。
トラって~、結構難しかった!
これは、とても小さくて、下の台が直径5cmくらいなので、トラのシマシマが細かくて(笑)。
目やら鼻やら、くるくる丸めて作ったものの、あれ?!どこ行った?などという事件が続発。
添え物は、皆様ご存知のお話にちなんで、バターのとろけるホットケーキにしました。

今年は、新しいことが色々ありました。
暮れの今年の文字は「新」だったようですが、私にとっても、ぴったりの文字だったかも知れません。
新しい出会い、新しい仕事、そして自分の中でも、今までにない新しい気持ちを感じました。
最近の私はのんびりペースで、あまり無理をせずに、好きなことも楽しみながら仕事をしてきました。
仕事をしていく上で、しんどいことは避けられませんが、あまり無理をするのはどうかと思う。
それは自分にとっても、仕事の成果としても、決していい結果を得られないということが、わかってきたためでもあります。
時間にも気持ちにも余裕を持って過ごすことは、結果的に充実した成果に繋がるのかも知れません。
ああ、やっとわかったよ、それが。
今年は、そんなゆとりが、新しいいろいろなものを連れてきてくれたんだと思っています。

さて、来年はどんな年になるでしょうか?
元気で、自分のペースで、ひとつずつ丁寧な仕事が出来るように心がけたいと思っています。
そして少しだけ、年賀状の一日のように、頑張るときには頑張れるように(笑)、エネルギーを溜めていたいと思います。
それにはさぁ、やっぱり日頃はのんびりしていなくちゃ。
相変わらずのぐうたらの言い訳が出来たところで、来年もよろしくお願い申し上げます。
どうぞ、良いお年を!
[PR]

by cssucre2 | 2009-12-31 00:00 | Work

メリクリ~♪

クリスマスイブですねぇ。
とは言っても、我が家は至って普通の日を過ごしています。
クリスマスこそのんびり過ごしたい、などと思ってしまうのは、何かのトラウマ?(笑)
ずっと忙しいクリスマスを過ごしてきたせいでしょうか。

子供の頃はたびたび教会に行っていたので(クリスチャンではありませんが)、なんだかクリスマスというと、特別な日でした。
12月に入ると生誕劇の練習をしたり、アドベントの意味を教えられて日曜日ごとにローソクが増えることに、なんだかわくわくしたり。
もっと大きくなってからは、クリスマスキャロルの練習に駆り出され、イブの夜は寒い中、賛美歌歌ったり。
そんなことも、今となってはいい思い出です。

e0111355_20573951.jpg

アメリカの友人から、クリスマスギフトが届きました。
箱6つが、発泡スチロールのポプコーンの中に埋もれていた。
な、なんでアメリカの人って、発泡コーンに埋めるのが好きなんでしょう?
タワーに積み上げたボックスは、高さ40cm。
そして、中身は全部チョコレートやクッキーなどのお菓子です。なんて素敵(笑)。
大きな生の樅の木の下に置いたら、すごく似合いそうなんですが、生憎うちには、そんなツリーがありません。残念無念。
でも、その辺に置いておくだけで、クリスマス気分が盛り上がります。

e0111355_21384292.jpg

大きなツリーの代わりに、小さな小さなシュガーのクリスマスツリー。
パーツ箱の中から、このツリーのパーツが見つかりまして。
折角なので、組み立ててみましたら、案外可愛い。
ところがなんと、このツリーの抜き型をどこに仕舞ったのか、見つかりません。
困ったことです。
足下がちょっと不安定な形なので、抜き型が見つかった折には、デザインは再考の余地有り。

e0111355_2140016.jpg

そして黄色い大輪のバラは、akikoさんの作。
従妹さんのご結婚祝いです。
中身は、akikoさん自作のフルーツケーキを入れています。
サイドのデザインがちょっと、クリスマスのオーナメントぽくありませんか?

そんなわけで、のんびりとワインを飲みながらのイブです。
ああ、気分が乗ってきたので、ちょっとスタンプでも捺して楽しもうかなぁ。
キラキラカラーペンを今日買ったので、それもちょっと試し書きしてみたい。
年賀状のことは、明日以降に考えよう(笑)。
[PR]

by cssucre2 | 2009-12-24 21:24 | 生活

上海ノスタルジア

今月は予定が変わって、スケジュールがぽっかり空いたので、中国に行ってきました。
上海・蘇州・杭州・無錫をぐるっと回るパッケージツアー。
今まで、こういうお任せのパッケージツアーというものに参加したことがなかったのですが、いやー、楽ちんですねぇ。
なーんにも考えなくても、ちゃあんと連れて行ってくれる。
途中、寝ていても全く大丈夫。
いつも気を引き締めて、次の行動を考えねばならない自力旅行とは大違いです。
反面、自分の行きたいところばかりというわけには参りませんが、ま、中国初めてだし、だいたい何があるのかも良く知らないので、これはこれで良かったかも?
お得意の?直前申し込みだったので、自分がどこに行くのかも良くわかっていない参加者は私です(笑)。

e0111355_22213715.jpg

観光も色々し、中華料理も美味しく、ちょうど今が時期の上海蟹も食して参りました。
でも、三国志とか読んでいないので、見るべきポイントをちゃんと押さえられていない気もします。
次回(って、いつ?(笑))の訪中までには、三国志を読んでおかねば。。。
旅のお供に、宮尾登美子氏のクレオパトラを選んだ時点で間違いでした。

e0111355_22302750.jpg

蘇州のホテルの近くにケーキ屋さんがあったので、チョコレートケーキとモンブランを買ってみる。2個で19元(約270円)でした。
ひとつずつちゃんとした箱に入れてくれ、現地では高級品だと思います。
ベーカリーも併設していて、お客さんがいっぱい。とても賑わっていました。
店の前にあった看板によると、台湾や日本で修行したシェフが何人も働いている模様。
もちろん中国語は全くわかりませんが、なんせ漢字なので、だいたいの推測は出来る。
漢字、ブラボー!です。

e0111355_22335911.jpg

モンブランだと思ったのは、中身はムースでした! だって、このスタイルを見たら、モンブランだと思うじゃないの~。
中国はまだまだ冷蔵輸送が網羅されていないのか、クリームが生でなく、たぶん植脂のパウダーを使っているのでは?と感じました。
スポンジは普通に美味しく、チョコレート部分もそんなに悪くない。
ただ、クリームを使った部分が非常に残念。
このお店は上海の街でも見かけたので、チェーン店なのかも知れません。
工場生産だとしたら、尚更流通に耐えうる配合にしているだろうと思うし、材料も国によって違うのは当然のことでしょう。
上海の、外資系のホテルなんかだと、フレッシュの生クリームなのかしらん?
子供の頃、大阪で万博があった頃から、日本のケーキは大きく変化した記憶があります。
そうしたイベントをきっかけに設備が完備され、高速道路と冷蔵輸送車が使えるようになったことが大きな要因だったのでしょうね。
昨年の北京オリンピックに続き、来年、上海では万博が開催されます。
道路も街も、万博に向けて、あちこち工事中でしたが、きっと中国は大きなエポックを迎えるのだろうと思います。
After EXPOの中国のケーキを、また食べてみたいな。

e0111355_22543754.jpg

西湖近くの龍井(ロンジン)茶のお茶畑も見ました。
龍井茶は、中国茶の中でも私のお気に入りなので、茶畑を見るだけという地味な観光(笑)も、また楽し。
どの枝にも、芯を摘んだ跡がありました。
お茶の花が咲いていて、へぇ、お茶の花って今頃咲くんだー、と驚く。
形がツバキとかに似ているし、サザンカも今頃咲くから、同じような仲間なのかもね?

上海はやはり、周辺都市に比べると断然都会ですが、それでもビルディング工事の足場が竹だったり、道路の状況や商店の佇まいに、私の幼少時の日本を彷彿とさせるものがあります。
ソウルは青春時代を思い出したけれど、中国は子供の頃を思い出しました。
それだけに若いエネルギーを感じるし、妙に懐かしいような気持ちもしました。
つい最近、日本は成熟したなぁと感じることがあり、ということは、これから日本の社会は老化していく一方?と心細くなっただけに、これからという勢いが、少し羨ましくもありました。
上海には最近、日本のケーキ屋も進出したりしています。
また何年かしたら、行ってみたい。
その時のために、今回見たこと感じたことを忘れないように、覚えておかねば。
このところ、その記憶力に全然自信がないので、こうして記録しておくことも何かの役に立つかも。
ああ、上海も昔は…、って、いつか言うようになるかしら…。
[PR]

by cssucre2 | 2009-12-23 23:28 | 雑感

このところのいろいろ

あっと言う間に12月になりました。
こうしてうかうかしているうちに、1年が終わりそうです。

昨日は、地元の公民館に呼んでいただいての、クリスマスケーキ講習でした。
こういう単発の講習では、出来るだけ手に入りやすい材料で、メニューを組むことにしています。

e0111355_22384978.jpg

見かけがこの前のモカロールとそっくりなのですが(笑)、こちらは生クリームバージョン。
バタークリームより、更に簡単・お気軽に作っていただけると思います。
この講座は、男女共同参画の一環でのセミナーなんですが、お菓子作りという講座のせいか、毎年、参加者は女性ばかりでした。
でも今年は、男性もおひとりの方がご参加! 正しい(笑)男女共同参画です。
昨日は2紙、新聞の取材が入っていて、今日の紙面に黒一点の記事が登場。
これを機会に、お菓子を始めて下さるといいなぁ。

e0111355_22391826.jpg

もう一品は、ぶどうとヨーグルトのムース。
混ぜて固めるだけの、お手軽メニューです。
身近な材料で、ちょっとの時間で作れるのも、おうちでのお菓子には大事です。

e0111355_22421539.jpg

クリスマスが近いこの時期は、ちょっとコミカルなお菓子を作りたくなります。
お顔のクッキーにスティックを付けて、ロリポップクッキー。
ちょっと小さめのお顔ですが、

e0111355_22401490.jpg

焼くと、大きくなります(笑)。
木のスティックが、焦げてしまわないの?と良く聞かれるのですが、大丈夫です。
お顔のクッキーは、もう20数年くらい前に、よく作っていました。
毎年5月に、あがたの森で開催されるクラフトフェア。
今では、日本中から参加者が集まりますが、当時は会場の芝生のフィールドに、出展者がぽつんぽつん。
友人と二人で毎年、このお顔のクッキーを、クラフトフェアで売っていたことが懐かしいです。
最近は見学にも行っていませんが、あの頃、毎年会っていたクラフトマンたちは、今も出ているかしら?

e0111355_22404436.jpg

うわ。なんか、こうやって並べると、ちょっと怖い(笑)。

e0111355_9381466.jpg

クラフトフェアで売っていたお顔のクッキーは、もっとサイズが大きくて直径15cmくらい。
スティックはナシで、これにチョコの前髪と、アイシングの眼鏡を掛けさせていました。
顔が大きくなると、眼が小さくなっちゃって、眼鏡がないとなんだかマヌケな顔になっちゃうんです(笑)。
本当は、お鼻はm&m'sがいいのですが、スーパー4軒回って、何故かどこにも売っていなかった。。。。
ので、今回は、仕方なく?明治マーブルチョコレートです。

e0111355_22411155.jpg

コミカルなクッキーから一転、ビューティフルなのは、ミキコちゃんのケーキです。
ドレープが作りたくて、このデザインになりました。
色も可愛くて、若々しいキュートなケーキです。

e0111355_22412846.jpg

ところどころに飛ばした蝶々には、キラキラを付けました。
私は、生きているチョウチョはちょっと(かなり)苦手ですが、蝶のデザインはOK。
チョウチョでなにがイヤって、あの、どこに飛ぶかわからないヒラヒラ加減が…。
いきなり色んなところにヒラッと飛ぶのがどうもね。。。。
それに、羽のコナコナもなんだか怖い。
子供の頃は、平気で捕まえていたんですけれどねぇ。
ああ、昔はものを思わざりけり、ってこのことね。←チガウと思う(笑)。
生きていないチョウチョは、思いがけない飛び方をしませんし、コナコナもないので、ぜーんぜん平気です。
チョウチョの形のクッキー型もたくさん持っています。
チョウ型ペーパーパンチは、4種類も持っているし。
あら? もしかして私、案外チョウチョが好きなのかも?

今週は、シュガーのレッスンが目白押しです。
お陰で気分がシュガーモードで、私も何か作りたい~。
フルーツケーキの焼いたのがあるので、クリスマスバージョンにでもしてみようかなぁ。
それとも、来年のトラでも作るべきかしらん?
[PR]

by cssucre2 | 2009-12-04 22:25 | Work