<   2009年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ありがとう、という言葉

21日、作家の庄野潤三氏が亡くなられました。
私は、庄野氏の作品が大好きだったので、とてもとても残念です。

平穏な老夫婦の生活の日々を、静かな筆致で描かれた晩年の作品群は、心に穏やかな安らぎと、大切に胸に抱いていたいものを、たくさん与えてくれました。
人々が慈しみ合って過ごすことの心地よさ、「ありがとう」という言葉のやさしさ、平凡な一見地味に見える日々こそが幸せだということを、庄野氏の作品から教えて貰ったと思っています。

私は学生時代、潤三氏のお兄さんの、庄野英二先生に児童文学を教わりました。
授業で様々な作品を読んで、自分の感じたことを言うとき、英二先生は、「すごく」という言葉を使わないように、と言われました。
「すごく」で十把一絡げな強調表現をしないこと。
言葉はもっと大事に、ふさわしい語彙を使って表現するように、と。
「すごく」は一例であって、それはすべての言葉に言えること。
私たち学生が、うっかり「すごく」と言ってしまうと、笑いながら「チョコレート1枚!」と。
チョコレートがお好きな先生への、罰金?です(笑)。
今も、「すごく」を使うたびに、ちらりと英二先生の顔が浮かびます。
そして反射的に、もっと違う言い回しはなかったかと、考える癖が付きました。
大切なことを若いうちに、しっかり教えてくださったことに感謝しています。

日常のささやかなことを大切に、小さな喜びを上手に見つけることは、お二方に共通していたように思います。
だから、きっとあちらでお二人とも、仲の良かったお友達と、楽しくしておられるだろうという気がします。

好きな作家が亡くなって、何が一番悲しいかというと、もう作品が増えないこと。
私は、藤沢周平氏も好きですが、もう10年以上前に亡くなられたので、読んでいない作品がほとんどありません。
好きな作家の作品は、立て続けにガンガン読みたいタイプですが、もういない方のは、けちけちと惜しむように少しずつ、ゆっくり大事に読みます。
何度も繰り返し、ゆっくりじっくり味わうように。
庄野氏の作品も、若い頃のものは多分まだ全部は読んでいないので、これからきっと勿体ながって、なかなか読めないかも。
もう読んだものを当分は、繰り返し繰り返し、読むだろうと思います。

考えてみると、こうして自分の遺したものが、誰かがどこかで大事にしてくれるって、素晴らしいことですね。
私は今さら小説など書けませんが、ひとつくらい、遺せるものが作れたらいいな。
差し当たって今の私に出来そうなことは、私がいなくなっても、ずうっと誰かが使ってくれるような配合を作ることかな。
私のことは忘れられても、その配合がどこかで誰かに使って貰えれば、こんな嬉しいことはありません。
そうかー、生きるって、そういうことかもね?

大切にしたいものを遺してくれた先人の方々に、心から「ありがとう」です。
「ありがとう」という言葉は、本当にやさしい言葉ですね。
[PR]

by cssucre2 | 2009-09-27 01:26 | Book

季節の変わり目

世間はシルバーウィークらしいです。
シルバーウィークって、うまく名付けたような、そうでないような(笑)。
「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったもので、本当に肌寒くなってきました。
毎年、季節の変わり目に思うことは、あれ?去年は何を着ていたっけ??
間物を着ていたのはほんの数ヶ月前のことなのに、それがサッパリ思い出せないとは。
そして来年の初夏、また同じ事を思うのです。

e0111355_8555255.jpg

夏のシンボルのようなヒマワリのケーキは、ミキコちゃん作。
ヒマワリを頑張ってたくさん作っていたので、少し時間が掛かり、秋になっちゃう?!と心配していたのですが、なんとか夏の終わりに間に合いました。
ミキコちゃんは、電車とバスを乗り継いで、2時間半くらい掛けて通ってきてくれています。
このケーキはサイズも大きかったので、持って帰るのも大変!
でも大きなケーキは、出来上がると達成感があります。

e0111355_912269.jpg

そしてそろそろ、栗の季節です。
これは黒糖をベースに、栗を組み合わせたケーキ。
黒糖のこくのある甘さと、柔らかいバニラの香りの栗、そこにほんのりラムをプラスしています。
スポンジのお砂糖を全部黒糖にしていますが、それだけではインパクトが薄くて、いろいろ試行錯誤した結果、いい方法を発見。
ストレートに黒糖の味を楽しめるケーキになって、自分では満足しています。

e0111355_97661.jpg

そして、このビッグサイズのデコレーションクッキーは、English teacherのFarewel Cookie。直径30cm以上あります(笑)。
両側に置いたのが、ちょっと大きめ普通サイズのクッキー。
どうせなら思い切りアメリカンにしちゃえ!と、カラフルに、クッキー自体もデコレーションのフロスティングも超甘ーーーーくしたので、多分、ご本人のteacher以外には、甘すぎたんじゃないかと思います(爆)。
ついでに、作り置きのシュガーのデージーを載せました。
最近このデージーのストックが大活躍(笑)。

e0111355_9155345.jpg

秋といえば、ハロウィンです。
数年前に作ったカボチャのシュガーを思い出して、同じようなのを作ってみました。
この作品は、単発でレッスンをお受けしています。
ご希望がありましたら、日程をご相談くださいね。
今年はなんだか、ハロウィンカボチャに萌えていまして(笑)、2年前に夫が出張先で撮ってきたハロウィンカボチャがごろごろしている写真で、小さなミニアルバムも作ったりしました。
ハロウィンカボチャをモチーフに、モビールを作りたいんだけれど、面倒かなぁ。
うちの近くの農産直売所(ファーマーズガーデン)でカボチャを買って煮たら、ほくほくすごく美味しくて、あまりのおいしさに感動しました。
まだ半分残っているので、カボチャのパイでも作ろうかなぁ。

シルバーウィークは、モビールとパンプキンパイ?(笑)
[PR]

by cssucre2 | 2009-09-19 09:29 | Work

叩けよ さらば開かれん

今月の初め、韓国から一通の英文メールが届きました。

韓国で、シュガークラフトの勉強をして、インストラクターとして仕事をしていること。
今月の14日~20日の間に、レッスンを受けたいこと。
何かコースがありますか?

というような内容でした。

一瞬、おお、いよいよシュクルもワールドワイドだよ~(←ちょっと調子に乗ってる(笑))、と舞い上がったものの、冷静に考えてみると、そんなこと言われても私のこの頼りない、なんちゃって英語で、レッスンなんか出来るわけないじゃない?
しかも、多分うちを東京だと思いこんでいるよなー。残念ながら、東京から3時間も掛かるんだよ、と思い、お断りのつもりで、その旨を返事しました。
そしたら速攻、折り返しメールが来て、

わかりました。
でも、やっぱりレッスン受けたいんです。
あなたのファンです。
ビギナーではないので、言葉のことは気にしないでください。

なんてことを書いてある。
私の英語もかなりひどいと自覚していますが、まぁ、ハッキリ言ってしまうと、向こうの英語も決して堪能とは言えない。
うーん、困っちゃったなぁ、と思いつつも、ファンだとか言われて、おだてに超弱い私は、何度かメールをやりとりした結果、思い切ってお受けすることにしました。
ほら、豚もおだてりゃ…って、言うじゃない?
勇気あるよ、私(笑)。いや、向こうはもっと、だけど。
というより、私に関しては、自分の力も顧みず、無謀とも言う。

結果、専門用語は、生徒ちゃんも英語でOKだし、初日は一緒のお友達が通訳も手伝ってくれ、質問もいろいろ。
いやもう、調子に乗って受けた私は、英語でのレッスンに必死です(汗)。
今回は、本人の希望を入れて、特別に3日間のカリキュラムを組んだのですが、彼女、とても上手で、作業自体は少し説明して実際にやってみせると、スイスイ捗る。
とても優秀な生徒さんで、教える側は、言葉を除けばとても楽ちんです。

初日は私が駅まで迎えに行き、2日目、3日目は、一人でバスに乗ってやってきたのですが、2日目、半分泣きそうな顔で降りてきて、バス停に迎えに行っていた私の顔を見た途端、

はああああぁぁぁぁーーーーっ

と、大きな息をついて、笑い出しました。
きっと、不安と緊張で押し潰されそうだったんだろうね。
気持ち、わかる。ホントに良く来たよ。

すべてのスケジュールが決まったのが、なんと2日前だったので、付け焼き刃に韓国語の本を買い込んで臨んだのですが、ちゃんとした語学学習本(2000円くらいした)より、遙かに役立ったのが、ダイソーで買った105円の日韓英辞典(!)。
これの単語指さしと、あとは韓国ドラマで憶えたフレーズだけが頼りです。
それがまぁ、人間、お互いに通じさせようという気持ちがあれば、なんとかなるもんだ(笑)。
そんな状態にもかかわらず、オンマは料理が上手だとか、兄弟のことまで、レッスンしながらいろいろお喋りしました。

ケンチャナヨ(大丈夫)。←ドラマで憶えた(笑)。
イップタ(きれいね)。←同上。
コッチョンアジュマ(心配しないで)。←もちろん同上。
チョワ?(好き?)←絵を描く作業は好きみたいだった。
サランヘ~(愛してる)。←出番なし(笑)。

ま、私の韓国語知識は、こんな程度です。
しかし、この数少ないフレーズが、なんと役に立ったことか!!
サランヘ以外は正しいかどうか怪しいので、これを憶えるのはよした方がいいです(爆)。

e0111355_18561236.jpg

さて、出来上がった2段ケーキです。
アイシングワークをやりたいとのことで、ブラッシュとパイピング、2種のエンブロイダリーに、レースワークとエクステンション。
お花は、サイズの大きいバラにしました。
お花の後ろに隠れちゃっていますが、リボンも付いています。

わざわざ遠くから、時間と費用を掛けて来てくださるのだし、日本の名誉も掛かっていますので(大層な(笑))、せめて、来て良かったと思って貰えるよう、今私が、自分の出来る限りのことを精一杯やろうと思いました。
もちろん近くから来てくれる生徒さんも同じですが、言葉が通じない分、なにか不足があっても言えないだろうし。
でも見たところ、とても楽しんでくれたようで、私もアタマが日韓英ゴチャゴチャになって疲れましたが、思い切って受けて良かった。
元々根性なんてものは持ち合わせていないので、追い詰められて開き直るタイプですが、たまには、このフニャフニャの根性と老眼に鞭打ってみるもんだ。
何事も、挑戦しなければ道は開けないのだなと、彼女を見て思いました。

昨夜は、通訳夫(私よりは英語がずっとマシなので(笑))も一緒に食事をしたのですが、いろいろ楽しく、日韓友好に少しはなったかな?
この前アメリカで、私はいろんな人にホントウにお世話になりました。
そのときどきに、私は私の出来ることで、いつかどこかで誰かにお返ししようと思ったのですが、その何十分の一くらいは、返せたでしょうか。
エクステンションも久しぶりにやれば楽しいし、これは神様が、もうちょっと頑張れと言ってくださっているのかも?

さて、今日はお疲れ休みと称して、本を読んだりして、ぐうたらしていました。
どこまでも自分に甘い私(笑)。
でも、彼女を見習って、ちょっと勇気を出して、私も叩いてみます。
神様、その時は門を開けてください。
[PR]

by cssucre2 | 2009-09-17 19:34 | Work

たまには…

ここ何年か、もうずーっと目が悪くなってきてしまい、リーディンググラスが必要になりました。
ええ早い話が「老眼」ってやつです(笑)。
私は、「ド」に「超」がつく、ひどい近眼ですので、普段はコンタクトレンズを使っています。
いやもう、コンタクトなしでは生きて行かれません。
裸眼では、足のツメも切れませんもん。
コンタクトのお陰で遠くは見えるようになったのですが、遠くを見えるようにすると、近くが見えない。困ったもんだ。
そのせいでこのところ、エクステンションはさっぱりご無沙汰でした。
コンタクトを外せば、近くはばっちり見えますが、そんなに顔を近づけて絞るのもどうかと思うし(笑)。それじゃあ、棟方志功になっちゃうよ。
いや、棟方志功になれればいいけど、そんなワケなく、恰好だけ志功センセイでも困る。
でもまぁ、ちょっとサンプルも欲しいし、作ってみるかと試してみました。

ちょうど、ハロウィンの紫が暗すぎて、ちょっと怖すぎ?な色のペーストの始末に困っていたので、小さい10cmのケーキを、それでカバリングしました。
最初は、ちょっと練習~と思って始めたので、カバリングをいい加減にしてしまった。
やっているうちに面白くなって、最後まで絞ってしまいました。
こんなことなら、もうちょっと気合い入れてカバリングするんだったよ。
あと、マーキングはちゃんとしましょう。>自分。

e0111355_23204296.jpg

ちょっとふらついている部分もありますが(笑)、まぁナントカ。
ブリッジ#1で、ストリングスは#0です。
ケーキが小さかったので、やっぱりストリングスは#00にすべきだったか…と反省。
#00なら裏ごし必須なので、漉すのは面倒だし、#0ならいけるかと思ったのですが、やっぱり途中で何度も詰まった。。。それを無理矢理、強引に絞っちゃう(おいおい)。
お花は、この前、カップケーキに載せようと思って、パカンパカンと作ってあったもの。
で、ちっともカップケーキを作っていないのですが(笑)。
でも、ボディが濃い色だったので、白いアイシングがよく見えて、なかなかやりやすかったです。
そうか、エクステンションは今後、濃い色に限るな。←新発見。

e0111355_23395728.jpg

マーキングもちゃんとしないくらいですから、下絵を描くはずありません。(←威張ってる?)
お花の位置だけ決めて、いきなりフリーハンドで葉っぱをブラッシュエンブロイダリー。
パイピングでフローリッシュを。
いやー、フリーハンドって、なんでこんなに楽しいんでしょう。
決めたとおりに描くのは、自分が描いた下絵でも苦手って、ホントにちゃんとしたことが出来ない性格だと、つくづく思う。
もうちょっと、チャララ~、とかすれたような線を描きたかったのですが、なんせカバリングしたてなので柔らかくて、口金を当てるとめり込む(笑)。
はい、計画性もありません。行き当たりばったりで生きています。

久しぶりのエクステンションが、思いがけなく楽しかったので、小さい電気スタンドを買おうかな。
ついでに、新しいリーディンググラスも新調しようかなー。
[PR]

by cssucre2 | 2009-09-14 00:01 | Work

夏も知らない間に…

気が付いたら、いつの間にか9月ですよ。ビックリです。
ボヤボヤしているうちに、年末になりそう。

e0111355_15535872.jpg

夏はそろそろ終わりそうですが、まだまだレモンの爽やかさは美味しい。←かなり無理振り。
というわけで、レモンマフィンですよー。
生地自体にもレモンジュースがたっぷり入って、酸っぱいです。
レモンピールの細かいカットも入っているのですが、食べると存在感が薄い。
でも入れないと、物足りない。
ってことはやっぱり、存在感があるってことかしらん??

e0111355_15564692.jpg

そしてこちらは、キャラメル・ウェブと名付けました。
スポンジに、特徴のあるお砂糖を使って、キャラメル風味のクリームで。
トップにも、キャラメルソースでウェブ模様を付けました。
ウェブ模様=ハロウィンにも使える!
そして、来年の干支・虎の模様にも、カットすれば見えなくもない!←最早めちゃ振り。
ハロウィンから新年まで、幅広くお楽しみいただけます(笑)。←強引すぎ。

e0111355_162432.jpg

そして、アップし忘れていたシュガーのケーキを。
これは、3段の方がアキちゃんのケーキです。
作っているのを見て、楽しそうだなぁと思い、私も小さいのを習作してみました。
お花を貼り付けるだけなので、作業的には難しくありません。
体験にもいいかなぁ?と思っていたのですが、お花を抜くのが結構たくさんで、案外時間が掛かることを発見。
しかも、お花のバランスが、思ったより難しい。
いや、やってみないとわからんもんです。

e0111355_1661587.jpg

この3つは、左から、ミキコちゃん、ヒトミちゃん、マミちゃんの作品。
基本形は同じスタイルのケーキですが、大きさや色や、のせるお花が違うと、ずいぶん感じが変わります。
それぞれに作る人の個性が出るのが、不思議と言えば不思議。
でも、作る人と出来たものの両方を知る私には、とても納得なんですよ。
人となりと作品って、どこかピッタリ来るものです。

8月後半は、本を読んでいました。
いろんなジャンルの本を乱読でしたが、サウスダコタの「大草原の小さな町」、デ・スメットに行ったので、もう一度、シリーズの中の、そこが舞台の4冊を読み直したりもしました。

e0111355_16384352.jpg

想像で読んでいたのとは違って、実際にその地を知ると、物語の中に出てくる風景や距離感もわかり、おうちや学校等々、思い出しながら読みました。
牛じゃないけれど、文章を辿りながら何度も何度も反芻するように、ホームステッドにいた牛も思い出しながら(笑)、味わって読みました。

e0111355_16371473.jpg

百聞は一見に如かず。って、このことを言うのね。
体験とは偉大なる、知識の積重の元ですね。
見聞きすることと、体験することは全然違う。

e0111355_16395693.jpg

その場の空気や匂いや音や風の感触や。
そういう五感的なものはそのうち忘れちゃうんだろうけれど、そうして感じたエキスだけは、身体の中に残る。
そんな気がしています。
[PR]

by cssucre2 | 2009-09-04 16:41 | Work