<   2009年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

1月の成果

2009年も1ヶ月が過ぎました。
なんだか、もう一月経っちゃったの?と思うと同時に、まだ一月?という気も…。
時間の感覚って不思議。

今月は、本を良く読みました。
新しいスケジュール帳のメモページに、読んだ本のタイトルを書いていっているのですが、今月は10冊。
まぁまぁのペースかな。
私には、35年来(今数えてみて、35年という数字に今さらながら仰天!(笑))のペンフレンドがいます。
文芸が縁で文通を始めたのですが、昔は手紙で、この何年かは(憶えていないけれど、もしかして10年くらいになる?)メールになりました。
若いときほど頻繁に便りをしなくなり、ご無沙汰することが多くなっていたところ、去年彼女は、書評ブログを始めました。
それでまた、彼女の書いたものを読む機会が増え、生活の様子も窺い知ることが出来て、ブログの更新を楽しみにしています。
長年のお付き合いの結果、私は彼女のチョイスに信頼を置いているので、紹介されている本を追いかけて読んだりします。
そんなこんなで、今も図書館にリクエスト中の本が数冊。
ご用意メールが図書館から届くのを、心待ちにしています。

e0111355_225982.jpg

この本は、そんな彼女の紹介ではないのですが、別の意味で心待ちにしていた本のひとつ。
「大草原の小さな家」シリーズで有名な、ローラ・インガルス・ワイルダー関連です。
The Little Houseのシリーズには、ローラの娘・ローズの物語をはじめとして、ローラの母・キャロライン、祖母、曾祖母とファミリーツリーの物語がそれぞれ何冊もあります。
作者はワイルダーではなく別の人ですが、それぞれ史実に基づいて書かれているようです。
でも日本語訳が出ているのはそのごく一部で、この"Across the Rolling River"も、やっと昨秋、訳が出ました。
待ちきれなくて、何年か前にペーパーバックを買って読んだものの、子供向けのはずなのに、ちゃんと読めたのかどうか怪しい私の英語力。。。
今回、日本語訳を読んだら、さほど印象が違っていなくて、ちょっとホッとしました。
他にも訳がないので買った本が何冊かありますが、いくつかは辿々しく読んで、いくつかはまだ読めていません。
情けないことこの上なし。

他に今月たくさんしたことは、カード作り(笑)。
なんせ、毎日カードになる日めくりカレンダーがありますので、それを使ってせっせせっせ。
その他にも、スタンプ捺してせっせせっせ。

e0111355_22395645.jpg

そんなこんなで、なんと今月は70枚以上のカードが…(作りすぎだってば)。
まぁね、カードは便利なんですよ。
Thank youにカード、Birthdayにカード、風邪のお見舞いにGet well soonカード。
その昔、それこそ30数年前、サンリオ社長の辻信太郎氏が、「日本にカード文化を根付かせたい」と言っていらして、私は当時からその意見に諸手を挙げて大賛成なんですが、それがなかなか根付かない。
でも、何事も草の根運動だと思っているので、細々と、私一人だけでもせっせせっせとカードを使っているのです(笑)。
カードって、買うと案外高いので(けち)、そうそう何十枚もばらまけない。
でも、自分で作るといくらでも、惜しみなく使えます。

今日は友人と、お香の講座に行ってきました。
源氏物語に出てくる薫物を3種、聞かせていただきました。
うーん、香道は深いですな。
香道なんてものに足を踏み入れたら大変なことになりそうですが(笑)、日々の生活の中で、ちょっと楽しめたらいいなぁと思います。
アロマもいいけれど、薫物もね。
ちょっと学んでみよう。
早速図書館に香道本を3冊ほどリクエストしました(笑)。

で、肝心のケーキの方は?(汗)
[PR]

by cssucre2 | 2009-01-31 23:09 | Book

記憶のチカラ

最近、とみに記憶力が落ちてきている気がして、我ながら怖くなります。
今日は、問屋さんでの出稽古だったのですが、なんとバッグを忘れて行きました。
荷物を積んで、フロントガラスに霜が付いているのでアイドリングをしていて、そのまま乗って行っちゃった!
着いたら、バッグがないではありませんか。ビックリ~!!
みんなに驚かれましたが、私が一番驚いたよ。。。。

e0111355_15545954.jpg

バレンタインも近いので、今月はチョコレートがらみのお菓子ばかりです。
ナッツをホールのまま載せて焼くアメリカンクッキー。
道具もボールと木べらがあればOKの、楽ちんクッキーです。
もう20年以上前に作った配合ですが、簡単で美味しい。
何年経っても使える配合は、ある意味財産ですね。
こんなふうに普段の生活にとけ込むお菓子は、配合の数字さえあれば、いくら記憶力が低下しても(笑)、何も考えずに焼けます。
私は、そんな生活密着菓子をたくさん産みたいなぁと思っています。
習ってくださった方たちの日々の暮らしの中で、ずーっと長く、そしてもしかしたら次世代までも受け継いで貰えたら、こんなに嬉しいことはありません。

e0111355_15595281.jpg

こちらはオーソドックスなブラウニーですが、小さなハートの紙型で焼きます。
最近、小中学生(もしかして高校も?)の女子の間では「友チョコ」なるものが流行らしく、それにもピッタリです。
ブラウニーは、本当にいろんな配合がありますが、私の一押しレシピで焼きました。
これも、ワンボールのお菓子。
アメリカのお母さんたちの、普段のお菓子です。
普段繰り返し作るお菓子が、きっと懐かしい味になるはず。
そして長い人生の中でいつか、味の記憶は、励ましと勇気の力になってくれるはずだと思うのです。

e0111355_16246100.jpg

もうひとつは、ドイツ菓子のシュバルツバルトキルシュクーヘンをちょっぴりアレンジしたケーキ。
シュバルツバルトは、日本語で言うと「黒い森」なので、このスタイルを踏襲したフランス菓子は「フォレ・ノワール」になります。まんまじゃん(笑)。
少しだけバレンタインを意識して、クリームをハート型に絞り出しましたが、一部では、ぷっくりしたお尻に見えると言われています。。。確かに見える…。

ここ数日のmy favorite drinkは、柚子茶です。
ちょっぴり甘くてほんのり酸っぱい柚子茶を飲んでいると、ワケもなく、なんだか気持ちが少し大きくなります。
でも、カップに残る柚子の皮って、景色がウツクシクない。
昆布茶のおこぶも、柚子茶の皮も、なんだか興ざめなんですが、かといって入っていないと淋しいですしねぇ。
あちらを立てればこちらが立たずって、このことかしら?←違う気がする。
[PR]

by cssucre2 | 2009-01-21 16:23 | Work

修行は続くよ、どこまでも。

今日は、飴の講習会に行ってきました。
コンペ強化訓練会?のはずですが、そっちは若い方たちにお任せして、偶然一緒になった飲みトモと、楽しく飴で遊んでいたという方が正解かも(爆)。
午前中はいろんなテクのレクチャーを受けて、お昼を食べた後は実習であります。

飴を触ったのは何年ぶりだろう?でしたが、飴って、「熱い・硬い・いうこと聞かない」の三重苦です。
今日のために、100yen shopでゴム手袋を新調したのですが(笑)、結局いつも使っているピッタリゴム手袋のほうが使いやすく、それを二枚重ねにしました。
グラ糖で炊いたら、なんだか余熱で熱が入りすぎたのか?はたまた温度計が変だったのか?絶対に温度が上がりすぎたとしか思えません。

e0111355_21303919.jpg

その、ちょっぴりキャラメリゼしちゃった飴で作ったら、ゴォーージャスなゴールデンローズになっちゃいました。
飴は難しいです。
シュガーやマジパンのバラと、飴のバラは形の取り方が違うのですが、普段作っているバラが手に取り憑いてしまっているのか、飴のバラにならない。。。
思うように伸びてくれないし、無理に伸ばそうとするものだから、すぐにパリリンと割れちゃうし、なのに変形してくるし、くっつけるのにバーナー当てると溶けちゃうし。。。
残った飴を分けっこして貰ってきたので、また練習してみます。
面白いんですけれどね、飴って。
でも、いうことをちっとも聞いてくれなくて、思うように出来ません。

飴も、濃い色を着けるには、色素がたんまり必要です。
シュガーも薄いピンクなどは、初めての方は入れすぎて困っちゃうくらいなのですが、ある程度から先は、ちっとも濃くなってこない。
こんなにぃ?と思うほど色素を入れます。

e0111355_21421064.jpg

赤いお靴は、新しくシュガーを始めたmisatoちゃんの作品。
入れても入れても思うような色になかなかならなくて、色を作るのに一苦労していました。
ひとくちに赤の色素といえども、いろんな赤があります。
レッド・レッド、クリスマスレッド、レッドエキストラ、ピンク、ローズ、ルビー、ローズペタル、パプリカ等々、いろんな名前が付いています。
ローズペタルという色は、最初混ぜたときはなんだか、濁ったような変な色なんですが、お花を作ると、なんだか独特のニュアンスが出ます。
私は、赤の中ではルビーが結構好きな色です。

最近はキラキラがトレンドですし、今日の飴もたくさん引いて艶を出せば、すごくピカピカになったので、いろいろ作ってみよう。
何度も引いて、ぐるぐる捻ったのが、金髪のお下げ髪に見えたり、がま口の口金に見えたりしました(笑)。
何に見えるか?から作るものをインスパイアされるってこともありますし(そんなの、私だけ?!)、飴と戦う修行はまだまだこれからです。
[PR]

by cssucre2 | 2009-01-20 22:09 | Work

今年の目標

新年あけましておめでとうございます。
年始のご挨拶も、5日となると少々マヌケです。スミマセン。。。

e0111355_10243169.jpg

今年の干支は「丑」。
牛と言えば、とーぜんミルクでしょ!
ミルクを使ったお菓子は多々、多々…。
というよりも、乳製品ナシにしてケーキを作る方が難しいかも?
そこで敢えて今年の干支菓子は、牛乳とお砂糖だけで作るミルクジャムにしてみました。
牛乳と、その半量の砂糖を混ぜて煮詰めるだけ!
カーンタンです。
注意点は、鍋でもボールでも、かなり大きいものを使うこと。
吹きこぼれると、新年早々お掃除に泣きます。
濃く淹れたアッサムに溶かして飲むと美味しいです♪

さて、私は今年は目標を立てました。
あまり新年の目標というものを立てないタイプなのですが、そもそも「目標」などというものから乖離した人生を送っている気がする・・・。
とにもかくにも、今年は目標を立てたのです。
その今年の目標は、

「捨てる」

親の教育の賜か、それとも生来の性格か、なかなか捨てられないでどんどん溜まってゆく物ものモノ。
1年使わなかったら捨てましょう、などと整理整頓の達人は言いますが、でもさ、3年ぶりに使ったモノとかあるじゃん?などと思ってしまう。
資料や何やらは、溜めておいてナンボのものなので捨てられないにしても、なんとなく勿体ないで捨てられなかったようなモノは、潔く捨ててしまおうと決心しました。

ところが私、今年はなぜか日めくりカレンダーに萌えまして、いろんな日めくりを買ってしまいました。4つも。
ひとつはまぁ、「死ぬまでに見たい1000の場所」by New York Timesなので、毎日潔く捨てています。
ひとつは、3日で1枚めくりで、そのままカードになります。
あと二つは、とても捨てられないような綺麗な絵の日めくりなので、取り敢えずめくった分、箱に入れてしまっています。。。。

嗚呼、今年の目標は一体?!
[PR]

by cssucre2 | 2009-01-05 11:13 | 雑感