<   2008年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

食欲、芸術、そして新しいもの

夕方、暗くなるのが早くなって、日が短くなったなぁと感じます。
うちの近くの果樹園でも、リンゴがどんどん赤くなり、枝を撓めています。
実りの秋真っ盛り♪

e0111355_2239281.jpg

友人のおばあちゃんのおうちで、栗拾いをさせて貰ってきました。
おばあちゃんはもうずっと前に亡くなっていて、そのおうちには今はどなたも住んでいません。
でも、栗は毎年、ちゃあんと大きな実を実らせて、自然に地面に落ちます。
ほんの15分ほど拾っただけで、100粒以上の大粒の栗が。
帰ってから、鬼皮を剥いて渋皮煮にしました。
剥くときに渋皮に傷を付けてしまうと、茹でている間に煮崩れてしまいます。
慎重に、傷つけないように剥いていても、やっぱりいくつかは傷つけてしまって、茹でている間に壊れてしまったものは、ペーストにしたりします。
甘く煮た栗を、ちびちび食べるのも、秋ならではの楽しみ。

e0111355_22454557.jpg

画像は、生徒さんのAkiちゃんが作っていたミニケーキ。
可愛いピンクで、とてもキュートです。

先週は、製菓クラスの生徒さんたちと、ジャパンケーキショーに行ってきました。
見応えのある作品が会場いっぱいに並んでいるので、すべてを丹念に見るのはとても無理。
なので、シュガークラフト工芸部門と、生徒の若い子が出品したジュニア一般部門のみ、しっかり見ました。
ジュニアの生徒ちゃんは去年、賞をいただけたので、今年はもっと頑張っていたのですが、残念ながら入賞できませんでした。
私も指導の力不足の点に気付いたことが多々あり、改めて反省し、とても勉強になりました。
まだ若いので、これから先もあるし、ガンバロウ。

企業ブース部門は、一応ぐるぐると一周して、前々から気になっていた製品をお味見させて貰ったり、新製品の資料を集めたり。
新しく出展したメーカーさんで、とてもいいお砂糖を作っている会社があり、サンプルを送ってもらいました。
非常に美味しいお砂糖なので、これを使ってまた、新しい配合を考えるのが楽しみです。
お味見した途端に、作りたい!と思うお菓子を、いくつも思いつきました。
忘れないうちに、頭に浮かんだ配合だけメモして、順に試作をして数字を詰めて行きます。
思い通りのものができるといいなぁ。

そうそう。
今年のトレンディは「キラキラ」だと思いました。
どこが?って、いや、全体に(笑)。
印象ではなく、ホントにキラキラ。

今日はレッスンのおやつに、久しぶりに紅玉のマフィンを焼きました。
紅玉の季節も、ほんの短い間だけ。
今週は、問屋さんの講習でも、紅玉を使ってタルトを作ります。
うんと甘くて、きゅんと酸っぱくて。
紅玉のマフィンをほおばりながら、ああ、なんて美味しいんだろうと(笑)。
我ながら、こんなに出来のいいレシピはなかなかないよ?と、自画自賛です。
でも、ホントに美味しいのよ。
[PR]

by cssucre2 | 2008-10-21 23:04 | Work

すっかり秋

すっかり秋です。
朝晩もう寒いし、長袖を少しずつ引っ張り出していたのが、とうとう本格的にウールのものまで欲しくなってきました。
それにしても、去年は何を着ていたんだろう?
そして、一体それらはどこへ?(謎)

e0111355_21145778.jpg

フランス・バスク地方の伝統菓子に、ガトーバスクというのがあります。
カスタードクリームを詰めて焼いたお菓子ですが、代わりにマロンクリームを詰めて、栗のバスクにしました。
ラムの香りが効いていて、コーヒーに良く合うお菓子です。
肌寒くなると、こういうお菓子が美味しくなりますね。

e0111355_21201781.jpg

さて、これはチーズケーキです。
クラストには、オレオを使っています。そう、あのナビスコ・オレオ。
このオレオがなかなかいい味を出してくれて。
色味も、真っ黒なオレオと、蠱惑的な赤のラズベリー。
チーズケーキですが、酸味を立てないでやさしい風味に。
このケーキの名前は、「Tomorrow is another day 」といいます。
「明日は明日の風が吹く」。
「風と共に去りぬ」スカーレット・オハラの台詞ですが、それよりなにより、この訳は名訳だと思いませんか。
で、何故こんな名前になったかというと、このときはそんな気分だったんです(笑)。

e0111355_21262214.jpg

アメリカのママの味、パインアップル・アップサイドダウンケーキです。
パインを底に敷いて、焼き上がったらひっくり返すので、upside down。
ひっくり返すとともに、お砂糖のグレーズがだーっと流れます。
少ぉし冷めて、サイドに掛かったグレーズが、ちょっと飴状に固まったところが一番オイシイ♪
歯にくっつくんですけれどね、それがまた何とも言えず、グレーズは激甘ですけれど(笑)。
去年、ご近所の友人宅にステイしていたアメリカ人高校生グラハムの大好物でした。
グラハム、元気かな?

e0111355_2135435.jpg

さて、地元のワインを使って、ムースにしました。
グリーンの、ナイヤガラという品種のブドウがあります。
このムースの上に乗っかっているのがそうです。
甘い、とても香りのいいブドウですが、種の周りが酸っぱい!そして渋い!
イキナリここで、秘密のケンミンショーーーー!!!
長野県民は、ナイヤガラの種を出しません!
ちゅっと吸って口に入れたら、そのまま飲み込んでしまいます!
噛みません!
この食べ方をマスターするまで、私は数年かかりました(笑)。
ナイヤガラは、実が落ちやすく傷みやすいので、あまり県外に出回っていません。
ワインにすると甘く、ナイヤガラ独特の香りの広がるフルーティなワインです。
私はどっちかというと辛口のワインが好きですが、こういう甘いワインはケーキに使うと格別です。
デザートに仕立てると香りがふんわり広がって、ワインの風味も残って、ひと味違うムースが出来ます。

e0111355_21473685.jpg

お菓子を作ると卵白だけが余ることが多く、そういうときにチョコチョコと作れるのがロシェ。
ロシェは「岩」という意味ですが、泡立てたメレンゲにアーモンドを混ぜて、スプーンで落として焼き上げます。
サクサクしていて、口の中でしゅっと溶けてしまう。
名前と違って、はかないお菓子です。
[PR]

by cssucre2 | 2008-10-07 21:53 | Work