カテゴリ:Book( 3 )

ありがとう、という言葉

21日、作家の庄野潤三氏が亡くなられました。
私は、庄野氏の作品が大好きだったので、とてもとても残念です。

平穏な老夫婦の生活の日々を、静かな筆致で描かれた晩年の作品群は、心に穏やかな安らぎと、大切に胸に抱いていたいものを、たくさん与えてくれました。
人々が慈しみ合って過ごすことの心地よさ、「ありがとう」という言葉のやさしさ、平凡な一見地味に見える日々こそが幸せだということを、庄野氏の作品から教えて貰ったと思っています。

私は学生時代、潤三氏のお兄さんの、庄野英二先生に児童文学を教わりました。
授業で様々な作品を読んで、自分の感じたことを言うとき、英二先生は、「すごく」という言葉を使わないように、と言われました。
「すごく」で十把一絡げな強調表現をしないこと。
言葉はもっと大事に、ふさわしい語彙を使って表現するように、と。
「すごく」は一例であって、それはすべての言葉に言えること。
私たち学生が、うっかり「すごく」と言ってしまうと、笑いながら「チョコレート1枚!」と。
チョコレートがお好きな先生への、罰金?です(笑)。
今も、「すごく」を使うたびに、ちらりと英二先生の顔が浮かびます。
そして反射的に、もっと違う言い回しはなかったかと、考える癖が付きました。
大切なことを若いうちに、しっかり教えてくださったことに感謝しています。

日常のささやかなことを大切に、小さな喜びを上手に見つけることは、お二方に共通していたように思います。
だから、きっとあちらでお二人とも、仲の良かったお友達と、楽しくしておられるだろうという気がします。

好きな作家が亡くなって、何が一番悲しいかというと、もう作品が増えないこと。
私は、藤沢周平氏も好きですが、もう10年以上前に亡くなられたので、読んでいない作品がほとんどありません。
好きな作家の作品は、立て続けにガンガン読みたいタイプですが、もういない方のは、けちけちと惜しむように少しずつ、ゆっくり大事に読みます。
何度も繰り返し、ゆっくりじっくり味わうように。
庄野氏の作品も、若い頃のものは多分まだ全部は読んでいないので、これからきっと勿体ながって、なかなか読めないかも。
もう読んだものを当分は、繰り返し繰り返し、読むだろうと思います。

考えてみると、こうして自分の遺したものが、誰かがどこかで大事にしてくれるって、素晴らしいことですね。
私は今さら小説など書けませんが、ひとつくらい、遺せるものが作れたらいいな。
差し当たって今の私に出来そうなことは、私がいなくなっても、ずうっと誰かが使ってくれるような配合を作ることかな。
私のことは忘れられても、その配合がどこかで誰かに使って貰えれば、こんな嬉しいことはありません。
そうかー、生きるって、そういうことかもね?

大切にしたいものを遺してくれた先人の方々に、心から「ありがとう」です。
「ありがとう」という言葉は、本当にやさしい言葉ですね。
[PR]

by cssucre2 | 2009-09-27 01:26 | Book

最近の生活

暖かいと思ったら、また肌寒くなったり、三寒四温のうちに桜も散り、今年はお花見らしいお花見もしないで終わってしまいました。
何をしていたかというと、ここのところ読書です。
北朝鮮ミサイル騒ぎの折り、そういえば北朝鮮のことを何も知らないと思いつき、取り敢えず金賢姫氏(大韓航空機爆破事件の犯人です)の手記でも読んでみようと、まず3冊ほど読みました。
そしたらなんだか、もっと読むべきかも?との思いが…。
うーん、他の北朝鮮本を図書館に予約しなくちゃ(笑)。

そして、10年ぶりに向井万起男氏の本が出ましたよ~。
言わずと知れた(え?知らない??そういう方は、この機会に覚えてください。)、日本初の女性宇宙飛行士・向井千秋さんの夫君です。
私、向井千秋さん(あえてこう呼ばせていただこう。チアキちゃん)が大好きですが、夫君のマキオちゃんのことも、負けず劣らず大好きです(髪型に関しては、少々意見したい部分もありますが(笑))。
そして今回の「謎の1セント硬貨 真実は細部に宿るinUSA 」を読んで、僭越ながら、誠に誠に僭越ながら(平にご容赦を)、私、マキオちゃんに似ているかも?思ってしまいました。
人は誰も興味を持たないかも知れない(たぶん持たないであろう)、取るに足らないことに飽くなき興味を持つ妙ちきりんな好奇心。
そして、ひとりコツコツと、それがわかったところでどうよ?と思いつつも、調べずにはいられない性質。
はい、私もそうです(爆)。
なんて光栄なこと!!
今回、大変なことを知ってしまいました。
マキオちゃんは、その「意味不明な興味の謎」を解明すべく、メールしちゃうんですよ。世界中あちこちに。
それを知って仰天すると同時に、ムクムクと心に浮かんだことは…、

そうか、メールで聞いちゃうってアリなんだ(嬉)。

アブナイ、実にアブナイです。
この分だと私、ホントウに怪しいメールを、マキオちゃんに続け!とばかりに送ってしまうかも知れません。
マキオちゃんの実践の模様は、上記の本をご参照ください。

そんなこんなの毎日でとても忙しく、新聞を読むことすら疎かになっています。
前からその傾向がありましたが、益々世の中の動向がわかりません。
全く困ったことです。

そして先週は、ラ・ヴィエイユ・フランスの木村シェフの講習会がありましたよー。
トラディッショナルなお菓子ばかりでしたが、どれもが真っ当に美味しく、そして仕込みも理論的にも納得のいくことが多く、非常に楽しい講習会でした。
「自分の舌を信じよう」などなど、木村氏の信念にも賛同でき、嬉しかったです。
仕事をしてゆく上で、いろんな味の体験をしていくと、好みに合うものも合わないものもあり、そのうち、どれがいいのかわからなくなってきます。
でも最終的には私は、「自分が好きかどうか」だと決めていますが、その信念がグラグラすることもしばしば。
そういう自信のぐらつきを、後から支えてもらった気がしました。

e0111355_213164.jpg

さて、画像はうちのトラディッショナル(笑)、アーモンドサブレです。
もう20年以上作り続けていますが、今もやっぱり美味しいと、自信の持てる一品。
素直でシンプルでフツウに美味しい。
これって大事なことだと思います。
そしてこんなシンプルなクッキーは、焼成もポイント。
焼き足りなくて、粉っぽいと美味しくない。
そういうときの台詞は、これに決まっています。
「ヤキ、入れたろか~!!」(笑)
[PR]

by cssucre2 | 2009-04-22 21:51 | Book

1月の成果

2009年も1ヶ月が過ぎました。
なんだか、もう一月経っちゃったの?と思うと同時に、まだ一月?という気も…。
時間の感覚って不思議。

今月は、本を良く読みました。
新しいスケジュール帳のメモページに、読んだ本のタイトルを書いていっているのですが、今月は10冊。
まぁまぁのペースかな。
私には、35年来(今数えてみて、35年という数字に今さらながら仰天!(笑))のペンフレンドがいます。
文芸が縁で文通を始めたのですが、昔は手紙で、この何年かは(憶えていないけれど、もしかして10年くらいになる?)メールになりました。
若いときほど頻繁に便りをしなくなり、ご無沙汰することが多くなっていたところ、去年彼女は、書評ブログを始めました。
それでまた、彼女の書いたものを読む機会が増え、生活の様子も窺い知ることが出来て、ブログの更新を楽しみにしています。
長年のお付き合いの結果、私は彼女のチョイスに信頼を置いているので、紹介されている本を追いかけて読んだりします。
そんなこんなで、今も図書館にリクエスト中の本が数冊。
ご用意メールが図書館から届くのを、心待ちにしています。

e0111355_225982.jpg

この本は、そんな彼女の紹介ではないのですが、別の意味で心待ちにしていた本のひとつ。
「大草原の小さな家」シリーズで有名な、ローラ・インガルス・ワイルダー関連です。
The Little Houseのシリーズには、ローラの娘・ローズの物語をはじめとして、ローラの母・キャロライン、祖母、曾祖母とファミリーツリーの物語がそれぞれ何冊もあります。
作者はワイルダーではなく別の人ですが、それぞれ史実に基づいて書かれているようです。
でも日本語訳が出ているのはそのごく一部で、この"Across the Rolling River"も、やっと昨秋、訳が出ました。
待ちきれなくて、何年か前にペーパーバックを買って読んだものの、子供向けのはずなのに、ちゃんと読めたのかどうか怪しい私の英語力。。。
今回、日本語訳を読んだら、さほど印象が違っていなくて、ちょっとホッとしました。
他にも訳がないので買った本が何冊かありますが、いくつかは辿々しく読んで、いくつかはまだ読めていません。
情けないことこの上なし。

他に今月たくさんしたことは、カード作り(笑)。
なんせ、毎日カードになる日めくりカレンダーがありますので、それを使ってせっせせっせ。
その他にも、スタンプ捺してせっせせっせ。

e0111355_22395645.jpg

そんなこんなで、なんと今月は70枚以上のカードが…(作りすぎだってば)。
まぁね、カードは便利なんですよ。
Thank youにカード、Birthdayにカード、風邪のお見舞いにGet well soonカード。
その昔、それこそ30数年前、サンリオ社長の辻信太郎氏が、「日本にカード文化を根付かせたい」と言っていらして、私は当時からその意見に諸手を挙げて大賛成なんですが、それがなかなか根付かない。
でも、何事も草の根運動だと思っているので、細々と、私一人だけでもせっせせっせとカードを使っているのです(笑)。
カードって、買うと案外高いので(けち)、そうそう何十枚もばらまけない。
でも、自分で作るといくらでも、惜しみなく使えます。

今日は友人と、お香の講座に行ってきました。
源氏物語に出てくる薫物を3種、聞かせていただきました。
うーん、香道は深いですな。
香道なんてものに足を踏み入れたら大変なことになりそうですが(笑)、日々の生活の中で、ちょっと楽しめたらいいなぁと思います。
アロマもいいけれど、薫物もね。
ちょっと学んでみよう。
早速図書館に香道本を3冊ほどリクエストしました(笑)。

で、肝心のケーキの方は?(汗)
[PR]

by cssucre2 | 2009-01-31 23:09 | Book