カテゴリ:生活( 50 )

暑い暑い

年々暑さは確実に増しています。
ちょっと涼しかったのもほんの僅かで、またまた暑い日々になりました。
私は元々、あまり汗をかかない体質だったのが、今年はなんだかとても汗かきさんになりました。
でも汗をかくと案外、暑くないことを実感。
ふうむ、気化熱ってたいしたもんだわー、などと思うのは、今まで本当に汗をかいていなかったのか?

まぁ、そんなこんなであまりの暑さにへこたれそうになりつつも、期限の切れそうな回数券を消化するために…、いやいや、ちゃんとレッスンは続けねばと、東京に行ってきました。
スタンプのイベントがあったので、ついでにそちらも覗きつつ、そして新発売のインクを大人買いし、友人とも会い、なかなか盛りだくさんな真夏の東京です。
と書くと、レッスンは?と思われそうですが、ちゃんと朝から夕方まで受けてきましたよー。

e0111355_2024024.jpg

画像は、お友達と一緒に行ったフレンチ屋さんのデセール、ピーチメルバ。
ここは、今風の?創作フレンチやらヌーベルキュイジーヌなんてものに完璧背を向けて、伝統料理まっしぐらのお店です。
器や雰囲気でこけおどしするメディアに乗ったナリモノ入りの料理屋が多いけれど、ココは違いましたですよ。
どのお皿もきちんと手の掛かった、正統派料理。
デセールも、なーんかわかんないむにゅむにゅしたムースをちょこっと盛って、フルーツをこちょこちょ載せて、チョコかピュレを延ばしただけ?!というようなソースたらーりとは、ワケが違います。
バターとクリームはたっぷりだぜぃ、イェイ!と、叫びたくなりました。ブラボー!(笑)

e0111355_20363692.jpg

というわけで、伝統の四同割で作ったマドレーヌです。
四同割は、全く同じレシピで、仕込み方が違うだけで、違ったお菓子になります。
マドレーヌはその中でも、一番シンプルな仕込みを使って作ります。
不思議で楽しい四同割♪
でも、こんなシンプルなお菓子こそ、誤魔化しがきかなくて奥が深い。
そして、誰にでも好かれるお菓子です。
ああ、やっぱり基本は大事よね。伝統って、残るだけの理由がある。
そんなことをイロイロ、考察したワケです。

さて、北京オリンピックが始まっております。
日頃、スポーツにはほとんどと言っていいほど興味のない私ですが、オリンピックとなれば俄スポーツファンと化して、頑張れニッポン!と応援したりします。
昨日は、柔道で手に汗を握っていたら、ちゃんとメダル獲れたし、今日はシュガーのレッスンしながらラジオで聴戦?していたら、北島コースケくんは勝ったし!
やはり大事なのは「気」と「念」かもね?
応援、ガンバロウ(笑)。
[PR]

by cssucre2 | 2008-08-11 20:55 | 生活

今日は涼しい。

今朝は、もんのすごい稲妻と雷と土砂降りの雨でした。
一昨日の夜も、まるで花火?と思うくらい、ピカピカ光っていたので(でもフラッシュするだけで落ちない)、お空には電気が充満していたのでしょう。
朝寝坊していたら、頭の上の窓から雨が降り込んできて、顔に掛かる。
寒くなって起きました。
お陰で今日は涼しくて、気持ちの良い、家の中はちょっと肌寒いくらいの気温です。

e0111355_11591310.jpg

暑い日が続いていたので、きゅんと酸っぱいグレープフルーツのムース。
ルビーのグレープフルーツを、ぎゅぎゅぎゅっと絞って使うと、さのう(実のつぶつぶ)が程よく散って、なかなか綺麗で可愛い。
ツイードの生地を思い出させてくれます。
グレープフルーツは、フランス語ではパンプルムース。
なので、グレープフルーツのムースは「ムース・オ・パンプルムース」なのですが、一瞬「パンプル」がグレープフルーツだとカンチガイしてしまいそう。
グレープフルーツは、実がブドウのように鈴生りになるので、その名が付いたと聞きましたが、じゃあ、パンプルムースの語源はなんだろう?

e0111355_124479.jpg

さくらんぼの時期もそろそろお終いで、また来年まで食べられません。
ドイツのお菓子、シュバルツバルトキルシュトルテを、お呼ばれのお土産に作ってみました。
これはアメリカンチェリーなので、本来の黒い森のケーキとは違うけれど、アメリカンチェリーを生のまま使ったものも美味しいので、私はスキです。

e0111355_1284577.jpg

そして暑い日が続くと、一番美味しいのは冷たい飲み物。
きりりと冷やした紅茶を、麦茶代わりに飲む。
冷たいものばかり飲んでいると、身体が冷えるそうなので、生姜のクッキーをちょっと添えてみました。
シロップ煮の生姜が入ったクッキーは、ちょっとしっかり目に焼いたのが美味しい。
私はだいたい、しっかり焼きの入った方が、小麦粉が香ばしくなって美味しいと思います。
白っぽいクッキーや焼き菓子を見ると、「ヤキ入れたろか~」と突っ込みたくなる(笑)。
「たろか」の「ろ」の部分は、もっちろん巻き舌で言うのが正しいです。
でも最近、うまく巻き舌が出来ないのは何故?!
[PR]

by cssucre2 | 2008-07-28 12:18 | 生活

エコなラッピング

明日から開幕の洞爺湖サミット。
一番の焦点は、なんと言っても温暖化対策でありましょう。
ここ数日の暑さを鑑みると、こりゃマジでCO2削減しなくてはと、痛感させられます。
冷蔵庫にエアコン、うちには年代物が揃っているんですが、エコ替えすべき?

e0111355_11152820.jpg

そんなわけで、最近のクッキーラッピングも、かなりエコになりました(笑)。
以前クッキー類は一旦、ガスバリアの袋に封入して、それから可愛い外袋に入れていたのですが、ここ1年くらいはもっぱら、マチのある袋で外袋ナシにしていました。
でも、マチナシのガス袋がたくさん余っているので、これも使わなくっちゃということで、最近はこんなふうにしています。
タグはその都度、気分で作っているのですが、この日のタグはフクロウのAlちやん。
私が付けた名前じゃないですよ。
れっきとした名前のあるフクロウちゃんです(笑)。
紐やリボンを変えたり、タグも紙の色やデザインを好きに出来るので、案外既製の柄袋を使うより変化が付けられます。
ナチュラル系、ハヤリだしー。

e0111355_11234244.jpg

タルトも、こんな簡単ラッピングをすれば、気の張らないちょっとしたプレゼントにぴったり。
私は、タルト用に3サイズ、大きさに合わせて浅い箱を作ってもらっているのですが、まぁ勿体ないと言えば勿体ない。
遠くに送るときにはすごく便利なんですが、手渡しでお友達に差し上げるときなどは、気軽でエコなこのスタイルが、肩肘張らなくていいかなと思います。
実は今、このサイズのタルト箱が切れていて、苦肉の策ラッピングだったのですが(笑)。
発送用には必要なので、箱屋さんに注文しなくては!
洞爺湖サミット、終わってからにしよう…。
[PR]

by cssucre2 | 2008-07-06 11:39 | 生活

梅雨だよ、梅雨。

暑い暑いと言っていたGWのあと、今度は寒い寒い日々でした。
イングリッシュガーデンを見たり、ホビーショーに行ったり、シュガーのイベントに行ったり、ハンコを捺したり、いろいろと忙しいような楽しいような日々を、相変わらず送っています。
ホビーショーでは、だいたい来ていそうなお仲間はともかく、なんでここで?!と、思いがけなく知り合いに何故かあちこちで逢う。
その話を友人にしたら、「蛇の道は蛇って、このことねぇ…」と。
ホビーショーは「蛇の道」のようです(笑)。

e0111355_18583425.jpg

アップしないまま貯まってゆく画像などを交えながら、この頃のハナシを少し。
ええと、上のはマンゴームースです。
マンゴー、最近はいろいろ見かけますね。
レッスンで使うに当たって、マンゴーのことをいろいろ勉強しました。
普段、何気なく食べているマンゴーにも、当然ながらいろんな種類があり、いろんな背景があることに新たな発見。

e0111355_194478.jpg

群馬の方に出かけたときに、ペルー料理なるものを食べました。
店内は思いっきり南米でした。
そこでgetした、ポルトガル語のフリーマガジン(中身は日本の情報です。在日のポーチギース向けマガジン。)がすっごく面白くて、かなりはまる。
でも、文字は全く読めません。
広告ひとつとっても、カラフルかつ情熱的(ってどんなだ?!)。
画像は、バニラと抹茶のマーブルムースです。
バニラのプチプチがアクセントでございますよー。

e0111355_19101190.jpg

クグロフ型で焼いたマーブルケーキ。
あらら、マーブル続きですね。
それはさておき、先日、安野光雅氏の「繪本 三國志展」を見てきました。
84歳の安野氏が、あんなに細かい線描をしていらっしゃるのを見ると、老眼だの、見えないだのという泣き言を言っている自分が恥ずかしくなる。
それぞれの絵に使っている印がまた良くて、絵ももちろんですが、印もかなーりじっくり見てしまいました。
順路を進んでゆくとそこには、なんとなんとケースの中に印の実物が!!!
そして、使われたすべての印を捺した「印存」なるものが販売されていたのですが、少々(いや、かなり)お高くて手が出ませんでした。
廉価版の印刷物もあったのですが、印のインクの色が納得行かなくて、買いませんでした。
印存、清水の舞台から飛び降りるべきだったかしらん?

e0111355_1925983.jpg

お庭の手入れを怠っているものだから、いろんなものが勝手に生えてくる。
茨だか野バラだかわからない不明な、バラ科のなにかと思われるものが繁茂して、小さな花を咲かせています。
なんかね、こんな風に花が咲くと、いじらしくなるじゃありませんか。
ぱちんと剪ってしまってもいいんだけれど、せめて花が咲いている間は…とか思っちゃうんですよね。
ところがこの情けが時々、仇になる。

今日は、Akane Bonbonさんの雲のモビールを買いました。
ふうわふうわと揺れて、気持ちがよさそう。
きっと、初夏の空気にぴったりのはずです。
[PR]

by cssucre2 | 2008-06-04 19:34 | 生活

練習、そしてご褒美

先週はかなり忙しくて、私にしては、とても良く働きました。
あまり仕事が詰まるのは、ココロには良くない。
ほら~、「忙しい」って文字は、心を亡くすって書くじゃないですか。←金八先生か?(笑)
忙しい方が元気、という時期もありましたが、今思えば、アレは間違っていた。。。

e0111355_0404436.jpg

ウサコの作り方を習ったので、忘れないうちにお復習いをしようと思っていたのに、バタバタしていて時間が経ってしまいました。
こういう造形ものは、すぐに忘れちゃいますね。
わかんなくなったところは、ほとんどカンで作ってみましたが、耳をどうやって付けたか、サッパリ思い出せません。
どのスティックを使うかで、しばし悩む。
ケーキは、9cmのを焼いてあったので、それを使って、バースデイのプレゼントにしました。
お花は最初、リアル薔薇を作ったんだけれど、ウサコと合わないので、巻き薔薇に作り直し。
裾にぐるっとリボンを巻いたら、なんだか帽子みたいなデザインになってしまいましたが、春らしい、やさしい色合いのケーキになりました。

そんなこんなでアワアワしている間に、気がついたら何故か円高ドル安。
こんな好機を逃してどうする?!と、なんだかものすごく豪気な気分になってしまい、本だの紙だのスタンプだの、かなーり大人買いしてしまいました。
amazonは、最近は日本のしか利用していなかったけれど、日本のサイトとアメリカのサイトを行ったり来たりしながら比較検討してみると、円高のせいかアメリカに注文した方が、送料を掛けてもなお20%くらい安いことが判明。
私って結構、ナミダぐましい節約してるわー、と自分を褒めたくなり、この節約分でご褒美をとスタンプサイトに行ったら、それよりはるかにたくさん買ってしまいました。。。
だいたい、本を買おうと思ったのも、忙しさを乗り切ったから、それに対するご褒美だったはず…。
うーん、なんか変!
でもま、いいや。早く届かないかなぁ。楽しみ~♪
[PR]

by cssucre2 | 2008-03-18 01:04 | 生活

ちょっと一息

ふえぇ~え、やっと申告済みました。
わかっているんだから、なんでもっと早くやらないのか?
不思議です。どうしてでしょう?
せっぱ詰まらないと取りかかれない。。。。
ともかく、申告書提出が終わった途端に、すっかりするべき仕事が全部終わったような気になっていますが、実はそうではない!(笑)
ひとつ片付いたら、次のひとつと、次々に火の粉は降ってくるものでございます。。。

製菓のレッスンも4月から新しいクールになるので、メニューを考えたり、お知らせを作ったりと、申告よりそっちが先だったのですが、両方とも終わったら、今度はシュガーの方もちょっとやらないと~。
こうやって、一歩ずつ歩んでゆくのね。。。嗚呼!

先週は、FM長野さんに呼んでいただきました。
来週オンエアのウエディング特集の中で、パーソナリティさんにシュガークラフトを体験して貰う!という企画の収録です。
ラジオでシュガーって、一体どうなるんだ?と思っていたのですが、それはさすがに餅屋…、じゃなくてアナウンサーさん。
ちゃんと作業をしながら、細かく言葉で説明してくださって、きっと聞いていてもどんな風かわかると思います。
私だったら、ひとつのことをやっていたら、ただただ無言になってしまうと思うんだけれど。
初めてのことにもかかわらず、ちゃんと描写できちゃうなんて、プロだ~、と感心しました。
正真正銘、ぶっつけ本番です(笑)。
私は、写真を撮り忘れちゃったので、画像がありません。スミマセン。。。

e0111355_162491.jpg

画像は、今月のレッスンメニューです。
きなこのムース、黒蜜ゼリー添え。
何を隠そう、これは信玄餅を食べていて思いついたんです(笑)。
きなこは厳選しましょう。
そして、黒蜜ゼリーは黒砂糖をけちってはいけません。
ゼリーの量そのものも、けちってはいけません。
これと、サクサク香ばしクッキーを作ります。

今日は久しぶりの雨。
雪にならず雨なので、温かくなったんだなぁと思いました。
やっとなんとか、春の気配がすこぉしだけします。
桜の木を見ると、枝の間がほんの少しだけ、けぶるように見えました。
頑張れ、桜。
早く春、やってこい。
[PR]

by cssucre2 | 2008-03-10 16:37 | 生活

ちょっとだけ春?

昨日は一日、細々仕事をしていたので、一歩も外に出ませんでした。
夜ニュースを見ていたら、ずいぶん暖かかったらしい。
今日、図書館に行こうと家を出たら、なんだか空気があったかい。
もしかして、ちょっとだけ春?

車のシートに、ムートンの座布団を敷いてあったのが、運転席の分をどこかに落としてしまいました。
きっと車から降りるときに、お尻にくっついて滑り落ちてしまったに違いない。
しょうがないので、助手席の分を奪い取って、運転席用にしています。
新しいの買わなくちゃ、と思いながら、折角なので気に入ったのが見つかるまで保留中。
ところが今日、図書館から帰って車を入れようとしたら、なにやら地面に落ちているではないか。
よーくみたら、行方不明の座布団。
雪と同じような色だったので、わからなかった?
かわいそうなので拾って、使えないまでも一応洗ってやろうと思ったのに、なんと凍って地面にくっついて剥がれません。
無理矢理剥がすと破れそうなので、仕方ない。もう少し地面が緩むまで、可哀相だけれどこのままにしておきます。

e0111355_1440590.jpg

こんな季節はもうすぐ、アメリカ・カナダの国境辺りの原生林では、カエデの樹液が流れ始める頃。
1年のうち、たった2週間ほどしか採れないその樹液から出来たお砂糖を、ミルクの香りのクリームに混ぜて、香ばしく煎った韃靼そば粉の生地でくるりと巻きました。
ちょっと細身のロールは、きりりとしたタタール人の少女を思い浮かべて。
「韃靼」は、タタールのことなんですよー。

春になると思い出す。

てふてふが一匹韃靼海峡を渡つて行つた。

安西冬衛氏の「春」という詩。
[PR]

by cssucre2 | 2008-03-01 14:57 | 生活

冬ごもり

このところ雪が降ったり、寒かったりすると、すっかり引きこもりです。
元々ヒッキーさんなところにもって、いろんな作りたいものがあって、ますますヒッキー(笑)。
うちで毎日コマコマと、いろんなものを作っています。

このところ、バスフィズをいっぱい作ったので、お風呂でシュワシュワ。
寒い時期には、お湯がツルンとなって温まります(嬉)。
バスフィズを固めるのに、ちょうどいい容器を発見!
それは、蒟蒻ゼリーのカップです。
大きさもちょうど良く、ちょっと変形ハートで可愛い♪
でも本当は、問屋さんに飾ってある木型で固めてみたい。
昔の、落雁などの押し物の型ですが、えべっさんとかで固めたら、絶対にすごく可愛いと思うんだけどなー。

e0111355_9583858.jpg

みかんに飽きた頃、伊予柑が出てきて、冬はやっぱり柑橘類ですね。
画像は、パフケーキの間にチーズクリームと伊予柑を挟んでみました。
どちらかというとサッパリしたケーキなので、ちょっとチーズでこくをプラス。
四季を通してアレンジ可能、しかも楽ちんのお菓子を覚えておくと、手元にある材料でちょちょいと作れるので、おやつにとっても便利です。
[PR]

by cssucre2 | 2008-02-11 10:05 | 生活

鍛錬

先週は健康診断だった。
健康診断などというものは、極力受けないようにしようと思っていたのだが、夫の会社では配偶者健康診断なる親切な企画を催している。
さすがに年を重ねてくると、年に一度くらいは健康診断も悪くはないかという気になってくるので、良くしたものである。
つまり、それだけ自分の健康に自信が無くなったと言うことでしょうか…。
で、おとなしくいろんな検査をした結果、まぁ「運動して下さいね」と去年も言われたことを言われ、事なきを得た(?)のですが、今週、もっと深刻な事態に直面することになりました。

e0111355_0315972.jpg
近所の友人の家に、アメリカからの男子交換留学生・17歳がステイしている。
その家の高校生の息子と一緒に、毎日通学しているらしいのだが、今週は折しも期末テストである。
当然ながら日本語のテストなので、留学生の彼には無理、ということで、テスト期間中は学校に来なくてもいい(というより、来ないように)と言われたらしい。
それはいいのだけれど、友人は仕事も持っているため、テスト中毎日、放置しておくのもいかがなものかということで、1日、お子守(笑)を頼まれた。
日本語はほとんど喋れないので、しょうがないなぁ、まぁいいか、松本城にでも連れて行こう、ということにした。
松本城は、壁が真っ黒なので、別名・烏城。国宝です。

e0111355_040506.jpg
ところがこのお城、昔のまま残っているので、当然エレベーターなんぞありません。
恐ろしく急な、幅の狭い階段を、えっちらおっちら上って行くのであります。
でもまぁ、ヨークミンスターの塔みたいに、延々と続く螺旋階段でもないし、壁には矢や鉄砲を撃つ小窓(矢狭間・鉄砲狭間といいます。もちろんガラスなどナシ。)から涼しい風が吹き渡り(冬はこれが、凍るほど寒いのですが)、天守まで上ると見晴らしも良く、なかなか気持ちがいい。

と、機嫌良くお城に上り、写真なども撮り、怪しい英語を駆使して通じたんだか通じていないんだかわからない説明をし、その後、美ヶ原にドライブと無事にお子守が出来た。
問題は翌朝、足が痛くて階段が下りられない。
手すりを使って、ひぃひぃ言いながら下りる。
これぞまさしく筋肉痛であります。
それにしても、あの程度のお城くらいで筋肉痛になるとは…。
いかに普段、運動していないかがわかるというもの。
私の筋肉、退化の一方です。
健康診断の結果なんかより、こっちの方がずっとショックでした。

でも、年を取ると、筋肉痛も次の日すぐに出ないとか言うので、まだ翌朝ちゃんと痛くなったことは救いかしら?
なんか、こんなことを慰めにしているとは、全く以てナサケナイ。
いくらなんでも少しは鍛錬した方がいいかも?と、お医者さんの言葉以上に効いた。
身をもって体験したことって、クスリになるのね。。。
でもきっと、そう思うのは、痛い間だけに違いない(笑)。
[PR]

by cssucre2 | 2007-07-01 01:00 | 生活

連休の過ごし方

連休中、取り立ててどこにも行かないで終わってしまいそうだったので、最終日の月曜日、午前中のレッスンが終わってから、北信に出掛けた。
雛祭りも近いし、お雛様を見に行こうと、須坂の田中本家博物館に行く。
以前、友人がとてもいいお雛様だったというので、一度見たいと思っていた。
ところがなんと、お雛様はまだやっていませんでした…。

<教訓>
展示の日程は、調べてから行きましょう。

でもまぁ、折角来たのだからと、一応入ってみる。
お雛様はなかったけれど、二十四孝などたんまり見て、孝行とは…と考察したりする(ウソ)。
展示物の中で一番気に入ったのは、英単語のカード。
「Tokyo OTOGIDO」の名前が入っていて、植物や動物のカルタのような、でも、英語で書いてあって絵も可愛くて。
しかも、動物も植物もかなりマニアック。
Leopardとかmangooseとか、うーん。
植物は、イギリスに良くあるような、フェアリー風です。
とにかく信じられないほど可愛くて、欲しくなってしまったけれど、売店では売っていませんでした…(泣)。
レプリカでもいいから欲しい。
その他、紙人形(姉さまじゃなくて、いろんなポーズをしたプリントを切り抜いてある)にも、かなりそそられる。
でも、気に入るものがみんな紙モノで、我ながらこの紙好きは一体…と、呆れる。

e0111355_23151942.jpg
その後、小布施の北斎館に行く。
北斎館は久しぶりだったので、端からじっくり見る。
書簡なども展示されていて、それも端からじっくり読む。
夫はすっかり退屈していました(笑)。
右の写真は、私が鑑賞に時間が掛かっている間に、夫が撮ったものです。
北斎館だけじゃなくて、周辺のいろんなものを、いっぱい撮ってあった。
よほど暇だったらしい(笑)。
夕方になってしまったので、今回は岩松院は諦める。

先日、問屋さんでお目に掛かったロントさんが近くだと思い出し、寄ってみました。
とてもいいお店で、お菓子も美しく、焼き菓子を少々購入。
生ケーキも欲しかったけれど、アイスボックスを積んでいないし、お茶をするには時間が…と、ちょっと残念。
ショコラも買おうと思っていたのに、喋っていたら忘れた!
どうしてこう、ひとつチガウことしたらひとつ忘れるのか、謎であります。
ロゴのデザインもとても素敵で、シール類もかっこよく、とてもおしゃれ。
いただいてきたお菓子は、どれもとても美味しく、嬉しくなった。
食べてしまってから、シマッタ!写真撮るのワスレタ!と気付く。。。。
しょうがない。また出直さなくちゃ。

その後、温泉に浸かって、帰ってきました。
3連休の最終日とあって、高速は都会に帰る車で少々混雑。
そうか、世間は連休に行楽なんかしてるのね。
うちも最終日の半日で、連休らしいことしたじゃん?
と、珍しく世間並みの休日を過ごしました。
[PR]

by cssucre2 | 2007-02-13 23:14 | 生活