カテゴリ:生活( 50 )

バンクーバーに行ってみた!

先月末〜今月にかけて、バンクーバーに行ってきました! 目的は〜、飛行機に乗りたかったから(笑)。

e0111355_15213289.jpg


バンクーバーは暖流の影響で寒くないと聞いていたのに、思いの外寒かった印象です。
でもよく考えたら、外を歩き回っていたせいかも?
松本じゃあ冬に外なんて歩かないからね。

街を歩いて、マーケットなんかも行って、スーパーやマイケルズ(クラフトショップ)にも行って、細々したものを買ったりしました。
そして、いろんなものを食べたよ〜!

e0111355_15213255.jpg


賑やかな港がモチーフのお店でした。
お店の中に大きなスクリーンがあって、ちょうどオスカーの発表をやっていました。
ここはシーフードのお店で、ボリューム満点のサンドイッチや、

e0111355_15213367.jpg



グランビルアイランドのパブリックマーケットで、ポットパイのクラムチャウダーや、

e0111355_15213377.jpg



ホテル近くのステーキハウスで大きなプライムリブや、

e0111355_15213497.jpg


ダンジネスクラブにカルフォルニアロール。
外側に巻いてあるのは、薄くスライスしたマンゴーなんだけど、意外にもこれが合う!
オサレなお店でした。

e0111355_15213522.jpg


ルームサービスの朝食にパンケーキ(キッズサイズ(笑))を頼んだら、メープルシロップが1カップくらい付いてきた!
たーーっぷり掛けて、メープル満喫しました。

e0111355_15213548.jpg


空港ラウンジでも食べ(笑)、

e0111355_15213608.jpg


e0111355_15213634.jpg


さすがに機内食は完食できなかった…。

帰りの機内では時差を解消しようと、映画を3本観ました。
旬?の『ラ・ラ・ランド』も観たよ〜!
それから『この世界の片隅に』と『百日紅』。
でも、寝なさい!とばかりに照明は落とされるし、ANAさんご自慢のフルフラットシートも倒さないと申し訳ないかと思って(笑)、1時間くらいお昼寝?しました。

e0111355_15213700.jpg


雨が多いと聞いていたけれど、スーパー晴れ女の私ですので〜(笑)、ちらりと雪が舞い、パラリと雨が降った程度でクリアできました。

カナダ、初めてだったのですが、他の街も行ってみたいなー。
東部の方はフランス語圏らしいので、また雰囲気が違うかもしれない。
地球は広いようで、狭いねー。




[PR]

by cssucre2 | 2017-03-06 11:27 | 生活

楽しいこともいろいろ

秋はバタバタとしているうちに、すっかり寒く、もう冬だね~という季節になってきました。
忙しがってばかりでしたが、実はその中にお楽しみもたくさん。
おいしいものもたくさん。
だってさー、実りの秋、食欲の秋よ(笑)。


e0111355_22381195.jpg

毎年友人が柿を届けてくれます。
私は干し柿の楽しみを、信州に来て知ったよ-。
皮むきも吊すのも、私は全然苦にならないので、有り難や友よ~。
日に日に乾いて小さくなって行く柿を、優しくモミモミして育てていくのも楽しみ。
もう今は食べられるようになって、ひとつずつ包んで冷凍庫に入ってるよ-。
干し柿をタルトにすると美味しいの。ブランデーに漬け込んでもいい感じよ。
昔、日本に住んでいるアメリカの人のクッキーの本にデーツが出てきて、干し柿で代用できるって書いてあったけど、デーツより干し柿の方が美味しいかも~。
渋い柿が、お日様と時間で甘くなるって、誰が発見したのでしょうね? 昔の人は賢いねぇ。


飯田でケーキ屋をしている友人が、緑色のりんごを送ってきてくれました。

e0111355_22394539.jpg

グラニースミスっていう種類のりんごだよ。
グラニースミスは、洋書のベイキング本に必ずと言っていいほど出てきて、アップルパイやコブラーなんかに使われています。
日本では見かけなくて、使ってみたいなぁ、どんな味だろう?って、長年思っていました。
たまたま彼がFacebookでグラニースミスのことを書いていて、いいなぁ!使ってみたーーい。と言ったら、送ってくれた!! ありがとう~!
生で食べるととても酸っぱくて、しっかりした食感。
皮を剥いてからおいていても、あまり茶色くなりません。
シュレッドにして、コールスローに入れても美味しい。
でも何より美味しいのはやはり、火を通してからでした。


e0111355_22383003.jpg

最初は、上の皮をアミアミにして焼いてみましたが、そうすると水分が飛びすぎて美味しくない。
全部パイ生地で覆って、絵に描いたような(笑)昔風アップルパイのスタイルで焼いたら、りんごが柔らかくとろけるようになって、しかもきゅんきゅん酸っぱくて、これぞアップルパイ!になりました。
りんごは生のまま、砂糖とシナモンをまぶして山盛り詰めます。
焼いてる途中は写真を撮ったのに、焼き上がりの写真を撮り忘れた!
タタンにしてもいい感じです。
火を入れてもしっかりしているりんごは、それはそれで美味しいけれど、このとろける柔らかさはやっぱり魅力だねぇ。
今年はりんごのお菓子を、たっぷり食べた感(笑)。


毎年10月に開催されるジャパンケーキショーは、今年は会場の都合で9月末でした。
長年会場だった浜松町の産業貿易センターはなくなっちゃうらしくて、来年からは浅草なんだって。
ジャパンケーキショーとスタンプカーニバルは、いつも同じ頃で、しかも東京に居続けするには微妙に日にちが開いている。。。という悩みの種でしたが、ナント今年はそんなわけで続けての日程でした。
だったら折角だよねーと、スタカーとジャパーンを2泊3日で続けて見学し、その間にシュガー&スタンピンアップ&ウィルトンと、なぜか全部かぶってる(笑)仲間で集まって、遊ぶことにしてお勉強会をしました。


e0111355_22402029.jpg

いやいやもう、なんせ好きなことも仕事も一緒の仲間なので、楽しいのなんのって。
連日会って、連日飲んで、連日喋りまくって、あ~、楽しかったーー!
この仕事をスタートしたときは、仲間なんて全然いなくて、何をするにもひとりぼっち。
相談する人も、共通の悩みを話せる人もいなかったけど、こんな日が来るなんてね。
グラニースミスの彼といい、同好の仲間たちといい、有り難いことです。

お勉強会の会場であるKちゃんのスタジオは、雑司ヶ谷の鬼子母神の近くにあります。
朝、鬼子母神にちょっとお参り。

e0111355_22390505.jpg
e0111355_22390575.jpg
e0111355_22390522.jpg

ここのお宮は、いつ行ってもなかなかいい雰囲気で、しいんとした気持ちになります。


10月はほとんどお休みナシだったけれど、急にぽっかりと休みが取れたので、いきなり温泉に行くことに。
こういうとき、信州には山ほど温泉があるので苦労しません(笑)。


e0111355_22384315.jpg


外国人に人気の、スノーモンキー。雪はないけどね。
お猿たちが全然いないときもあるらしいけれど、この日はぞろぞろ出てきてくれました。
モンキーたちは、人間が傍にいても我関せずでね、偶然同じ場にいるだけって感じです。野生ですからね、変に構っちゃダメなのよ。
そして、聞きしに勝る外国人率の高さ、恐るべし!
10人中7人は外国人だったね。たぶん。

今まで、長野県に住んでいながら、地獄谷のお猿を見たことがなく、外国の人にこの話を振られる度に、Oh, sorry, I've never been....と、なんで謝ってるんだ?と思いながら答えなければならなかったんだけれど、よぉし、これで今後は盛り上がれるよーーー! 任せてーー!! 
問題はだねぇ、盛り上がれるだけの英語力が私にないことだよ。。。
スノーモンキーは見た。あとは英語か。。。 ひとつ山を越えたら、また山だわ。トホホ。




[PR]

by cssucre2 | 2015-11-23 23:44 | 生活

今年もよろしくお願いします。

e0111355_01365602.jpg
昨年はいろいろとお世話になりました。
どうぞ今年もよろしくお願いします。

今年は、もう少しブログを更新出来るように頑張ります。



[PR]

by cssucre2 | 2015-01-01 00:01 | 生活

南の極楽

気がついたらもうかなーり前のことでして~、あらまぁ、もう2ヶ月くらい経っちゃったよ。。。という感じなのですが、この前お休みをいただいてバリ島に行ってきました~。
バリはねぇ、ええと18年くらい前に、一度行ったことがあります。
当時は兄家族がバリに赴任中でして、それで遊びに行ったのですが、どこに行ったのかほとんど何も憶えていない…。
記憶力低下は最近のことだと思っていたけれど、もしや当時から始まっていたのかも。。。
いやいや、お寺に行ったとか買い物したとか、セレブなホテルで辛いカレーを食べたとか、そういうことは憶えているのですが、それがなんていう場所だったかがサッパリ…。
まぁね、あのときはすべてお任せみたいな感じで、あちこち連れていって貰ったので、そのせいだと思いたい。
そうだよそうだよ、そのせいだよ(笑)。
とにかく20年振りくらいのバリは、すっかり変わっていて(のような気がする)、海の上にどーーんと大きな橋が出来ていたり、高速道路みたいな感じね。
前に行った(はずの)クタあたりも、新しい建物やお店がいっぱい出来ていました。

今回泊まったホテルは、ヌサドゥアにあるセントレジスです。
いやも~、とーっても美しく快適なホテルで、私はホテルだぁーーい好きなので、ずーっとホテルにいても良かった。実際ほとんどホテルにいたのですが(笑)。

e0111355_12215151.jpg


真ん中の画像がホテルのロビーです。
右側のお花がいっぱいのは、ロビーから敷地に降りていく階段のオブジェ。
替えているところを一度も目にしませんでしたが、毎日きれいなお花になっていました。夜中にチェンジするのかしらね?
敷地はすごく広いけれど、部屋数が多くないので、ゲストの数よりも圧倒的にスタッフの数が多いだろうと思う。
ホテル内をウロウロしていると、あちこちでスタッフには会いますが(そしてみんな気持ちよく、ニッコリと挨拶してくれます)レストラン以外ではあまり他のゲストに会いません。朝食に行くと、こんなにいっぱい泊まってたんだ!とビックリします。
ロビーもいつもこんな感じ。人がいない。片隅でおじちゃんが二人、ずーっとガムランを奏でています。
どこもかしこもゆったりと贅沢な作りで、それだけでも気持ちが豊かになります。


e0111355_12210781.jpg
お部屋だよ~。
ひろーくて落ち着いたインテリア。
バリらしい調度やデコレーションがあちこちに施されていて、本当にリラックス出来ます。
左上の帽子とバッグは、ホテルからのプレゼント。
この大きなバッグが重宝で、滞在中大活躍でした。日本まで持って帰ってきたよ(笑)。来夏、活躍してくれそうです。
右下のフルーツは、メイドさんに聞いたらスネークスキンフルーツという名前らしい。お味は、うーん。。。ってトコです。
毎日違うフルーツが、お部屋に届くのですが、名前を教えてくれたときに、「これ好き?」って聞かれたので、「んー。。」みたいな答えをしたら、このフルーツはその後外してくれていました。
夕方にはターンダウンが入って、ベッドサイドにお水のボトルと、いい香りのするお花(名前不明)がボンボニエールみたいな容器にセットされます。

e0111355_12212303.jpg
バスルームも広くて、いつでもタオルがたっぷり。タオルたっぷりは嬉しいね-。
アメニティも、スパのルメードゥのものが豊富にとりそろえられていました。
部屋のドアを開けると、ちょっとしたホワイエにミニバーがあって、ボトルに入ったお水やコーヒー、お茶などのセットがあるのですが、自分で淹れなくても電話1本でバトラーさんが持ってきてくれます。クッキー付きで(笑)(写真中央)
お部屋にそれぞれバトラーさんが付いてくれるので、頼めば何でもやってくれる。到着時の荷解きから、出発の荷造りまでやってくれるそうです。私は自分でやったけどね~。
滞在中、バトラーさんはずーっと同じじゃなくて(そりゃそうだ、バトラーだって休むよ)日によって替わるのですが、どの人もみんなフレンドリーで親切。でもきちんとしています。さすがだ~。

e0111355_12214324.jpg
ホテルのあちこちです~。
敷地が広いので、レストランやスパに行くのに、左下のようなバギーに乗せてくれます。
でも大概歩いていました。歩くのも気持ちがいいのでー。
本当に良くお手入れが行き届いていて、植栽はいっぱいなのに、フランジパニのお花(上段中)以外、枯葉一枚落ちていません。驚異のメンテナンスです。
ビリヤード台があったので、35年振りくらいに真似事をやってみたけど、キューの持ち方から忘れてるし!
そしてあちこちに、クッキーの瓶がおいてある(笑)。

e0111355_12210952.jpg
こんなお花がいっぱい咲く敷地のなかに、ラグーンプールがあったり、のんびり寝っ転がっていてもいい四阿がそこここにあって、


e0111355_12214457.jpg
ずーーーーっと行くと、プライベートビーチです。
未明のうちにお掃除されるらしく、午前中に行くと枯山水のごとく熊手の筋目が砂浜にくっきりと付いています。
自然の海ですから、波に乗って色んなものが打ち上げられるであろうはずなのに、貝殻さえも落ちていません。ゲストが貝殻を踏んで足を切ったりしないようにということなのかもしれませんが、貝殻を拾いたいので困った。
でも、セントレジスのプロパティの外(お隣のホテルのビーチ)に行くと、貝殻もゴミも落ちていました(笑)。
ヴィラにはプライベートプールも付いているので、ビーチで泳いでいるゲストもあまりいません。

デリコーナーがあって、サンドイッチやキッシュなどの軽食と、ケーキやチョコレートなどのお菓子を売っています。
そこに、ケーキのディスプレイがありました。

e0111355_12211993.jpg
シュガーペーストを使ったケーキたち。
最近の流行を、ツールもデザインもちゃーんと押さえてあるのですが、出来はちょっと、うぅーんという感じ。
ツールはあるわけだから-、キッチンに行って指導したくなったよ(笑)。

後日、バンケットのときに2段のケーキが出てきまして、妙にツヤツヤしているのに一体このカバリングは何で出来ているんだろう??と不思議に思っていたところ…

e0111355_12214337.jpg
なんと!ロールドフォンダン(シュガーペースト)でした!
湿度が高い上に、生フルーツなんて乗っかってるので、フォンダンがツヤツヤというか、べとべとになっていました。
こ、こういうのもアリなのね?(^_^;)
中身はスポンジにプラリネクリームを挟んでありました。
言わずもがなに超絶甘です。私の概念では、シュガーのケーキに生フルーツはあり得ないのですが、ここでは添えてあるフルーツがいい役割を果たしていました。お箸休めね。
ピラー(柱)もフォンダンで出来ていたよ。芯に棒かなにか入っているはずだと思うんだけど、確かめる機会がなかった。残念~。

ホテルの朝食は極上でございました。
バフェイ+オーダー方式で、好きに取って来るものと、卵やお肉などのお料理はいろいろメニューに載っていて、オーダーしたら作って持ってきてくれます。
お寿司もあったよ~。

e0111355_12214387.jpg
朝から、フォアグラだのステーキだのロブスター(とメニューには書いてあったけど、手長エビだと思われ。でも美味しいからどっちでいいや(笑))だの、そして新鮮なフルーツと、それをグゥィーンとミキサーに掛けたジュース。焼きたてのパンケーキやクロワッサンのフレンチトースト。。。
自分でも取りに行きますが、そしてオーダーもしますが、お皿が空になるとサッサと下げられるので、目の前に何もないと、お料理を持ったウェイター君たちがすぐに、いかがですか?と色んなものを勧めに来てくれます。
ほとんどNo thanksと断るのですが、5回に1回くらいは受け取らないと申し訳ないような気になってしまう気弱な私。。。

e0111355_15202400.jpg
ど、どうするの? こんなに食べて~!と、お思いでしょうが、そしてそのご心配の通りですが、1週間分の画像ですから、これ(笑)。いや、画像ありすぎて、載せていないの山ほどあるし~。撮っていないものもいっぱいあるし~(^_^;)。それでも全部のメニューは食べきれなかった~!
右上のグラスに入っているのが、ニューヨークのセントレジスが発祥のブラッディマリー、のバリバージョンのノンアル版(ああ、ややこしい)である、ヴァージン・ブラッディマリー・バリ(名前もややこしい)。
セントレジスを象徴するドリンクなので、朝食時にウェイター君たちが勧めに回ってきます。アルコール入りのは、キングコールバーで飲めますが、朝だからね、ヴァージン(ノンアルコール)ね。
右下は、瓶に入ったヨーグルトとパッションフルーツ。
パッションフルーツが美味しくて~。そしてヨーグルトには自家製マンゴージャムが入っているのですが、バニラビーンズがたっぷり入っていて、美味しいのなんのって! 毎日欠かさず食べていました。
ヨーグルトは、いろんなジャムと共に瓶に入れられていましたが、一日だけマンゴー入りのがない日があって、その日はパンコーナーにあるマンゴージャムをプレーンヨーグルトに入れて、自分でマンゴーヨーグルトにしました(笑)。


e0111355_12213020.jpg
一日、車をチャーターして出かけた郊外で食べたインドネシア料理。
お客はほとんど外国人だったので、たぶん観光客向けのお店なんだろうと思いますが、なかなか美味しかった。
チキンと野菜のスープに、真ん中がナシ・チャンプルー。ご飯の周りに、多種インドネシア料理のおかずが盛り合わせです。
そしてデザートは、バナナのフライ・アイスクリーム添え、キャラメルソース。
田んぼ(パディテラス)の見える、開放的なレストランですが(あちらはどこもほとんど壁がない)、田んぼはたぶん借景用に作られたものだと思います。

e0111355_16105688.jpg
バリの名産品?であるアタのバッグを買いたいと言ったら、作っているところに連れて行ってくれました。
真ん中のがアタの原料。この植物の蔓を使って、編むそうです。
そして、編み上げたあと、左下の竈のようなところで燻す! それで、アタ独特の色になるそうです。
右のは、編み上げたマットを干しているところね。このあと燻します。
可愛い蔓バッグを買ったよ~。中に張ってある生地の柄がいろいろなので、選ぶのに迷った迷った!(笑)


e0111355_12214342.jpg
これはクタの海岸近く。
今回はいわゆる観光的なことはほとんどしなかったので、それっぽい写真が全然ないですが、これが唯一、バリらしい写真かも-。
地元の女性がちょうど、お供え物とお線香を捧げに来たところでした。
街中あちこちに、道の真ん中とかにもお供え物があります。道のは、通行人に踏まれたりしているんだけど、いいのか??
昔、兄一家が住んでいた家にも、庭の片隅に小さい祠?みたいなのがあって、毎日メイドさんたちが葉っぱでお皿を編んでお供え物をしていました。あの編み葉っぱの容器、可愛かった。

ホテルは非常に快適で、至れり尽くせり。
スパにも行きましたが、トリートメントのテクニックはもちろん極上でしたが、何より、なんて言うかなぁ、全体の雰囲気やスタッフの丁寧さと手順が素晴らしくて、本当に感心しました。
スパって-、ほとんど裸で全身委ねるわけじゃないですか。ふとしたときの気まずさや恥ずかしさがあるのですが、ここのスパはそれが全くない! そのようにプログラムされてる。
まぁ百戦錬磨のスパ経験を持っているわけでもないですし、過去の私のスパ経験なんて、知れたものですけどね~(笑)。

普段には決してない、非日常な1週間でした。エセレブしてきたよ(笑)。
でもねぇ、普通の日には味わえないような時間は、リフレッシュになりますねぇ。クセになりそう-。
うちに帰ってきたら、お茶を持ってきてくれるバトラーもいませんので、コーヒーを淹れる度に、夫と二人で代わり番こにバトラー役をやっています。
ま、そんな日常もとても楽しいので、普段の生活もいいものです。

本物のセレブにはなれそうにありませんが、たまにはエセレブもいいかなー。
また行きたいな-。ホテルでずーっと籠もりっきりでいいや。
ロビーの片隅にライブラリがあって、私のfavorite placeでした。
日本の本はあまりなかったけどね。お茶もクッキーもあって、そこで日がな一日、菊池寛なんか読んでいました。(なぜか菊池寛があった。)今度行くときは、日本語の本をいっぱい持って行こう。
でもね、あんな朝食食べて、読書ばかりしていたら、セデブになるのは間違いなしです。
危なーーーい!(笑)




[PR]

by cssucre2 | 2014-12-25 13:22 | 生活

ひえぇぇ~~

先週末は、長野県洋菓子コンクールでした。
そのご報告もしないとならないのですが……。。。。

なんと~~~!
私のPC、HDDが吹っ飛びましたーー(>_<)。

この前立ち直ったばかりだったのに…、そして日々バックアップ体制がまだ整っていなかった。。。
すごーーーいショック!!
とにかくHDDさんを取り出して、別のPCに繋いでも認識しない。らしい。
なので、前回バックアップが取れた以降のデータ、すべて雲散霧消いたしました。。。
あー、つい先日、いろーーんな書類を作り替えたばかりだった。。。
どうしてあのとき、DVDを1枚焼いておかなかったかなぁ>自分。と後悔しても後のまつり。

というわけで、これは夫のPCを借りて書いています。
おかげで、コンクールの画像を取り込めません。
まぁ、このPCに取り込んでもいいのですが、なんせ借り物だし。
普段PCを共有していないので、人様のところに取り込むのもどうかと思って。

そんなこんなで画像はありませんが、今年のコンクールは生徒ちゃんたちみんな、それぞれに頑張ってくれたおかげで、全員いい成績を収めることができました。
よかったよかった。

アワアワの週末でしたが、こんな嬉しいこともありました。
PCは買います。1年半も経ってないけどさ。潔さが大事よ。

お願いがございます。
4月以降、新たにお問い合わせいただいた方のご連絡先も、HDDと一緒に消失してしまいました。
大変申し訳ありませんが、今一度ご連絡くださいませ。
私どもの不手際により、お手数をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いします。




[PR]

by cssucre2 | 2014-06-12 18:18 | 生活

私の夏休み

夏休み、いかがお過ごしでしたか?
私はねぇ、今年はおチビさんたちが帰省してきたので、お盆はこちらにいました。
大したもんだねぇ。
若い頃は、自分が帰省していたのに、年取ると迎える側になるなんて。
でも親も健在なので、たまには帰省もしないとね。遠いとなかなか出来ないのですが。

e0111355_2235996.jpg

今年は毎日ホントに暑くて、信州もご多分に漏れず36℃なんて信じられないような気温でしたが、ちょっと行けばこんな場所があります。
これはね、アルプスあづみの公園ですよん。
画像だけでも涼しげでしょう?

e0111355_22365787.jpg

公園にはいろいろお花が咲いていて、これは常夏の花、ナデシコね。
ナデシコはシュガーででも時々作ります。
シュガーの時は英語で言うので、ダイアンサス。
なんだかね、英語は出来ないくせに、お花の名前とかパーツ(雄蕊だの萼だの)とかの英単語は知ってる。
語彙が激しく偏っています(笑)。しかも実生活では、全くと言っていいほど役立たない単語ばかり。
カーネーションって、ナデシコの仲間なんだって~。知ってた? 道理で形が似ているはずだわー。

e0111355_22582259.jpg

こーんなにきれいな水が流れているのです。
小さい子供たちは、水遊びもしていたよ。

e0111355_2259671.jpg

ホールには、川の中を覗いたような水槽?があって、お魚が泳いでいます。
ガラスと水のレンズ作用で、結構迫力~。

e0111355_2325990.jpg

うちでBBQもしましたよ-。
ホタテが予想以上に美味しくて~。
焼きおにぎりは、私は醤油派だよ。

e0111355_2353223.jpg

仕事に使えないかと思って買ったおにぎり型を、本来の使用方法で使ってみました。
他にクマと星もあったんだけれど、食べちゃったあとです。
こんな細いウサギの耳なんか、きっとうまく出来ないだろうと思っていたのに、案外ちゃんと出来てビックリ。

e0111355_2381556.jpg

地域で毎年、お盆に花火を上げます。
小学校の校庭から見るのですが、まったく混んでいないし、こんなに近くで花火が見られるのも少ないと思います。
ホントに真上で上がるので、ちょっと音がうるさいですが、それだけに迫力があります。
あとね、主催は地域ですので予算が限られていて、ばんばん上げられないので(笑)、合間合間に音楽隊の演奏が入ります。
でもそれがなかなかいい感じでね。私はここが故郷ではありませんが、夏に帰省してきて、こんな花火大会があるといいよねー、って思えます。
花火を写真に撮るのは難しいですね。
これは、渾身の1枚よ。
というより、奇跡的に撮れた、と言った方がいいかも(笑)。なんせ三脚を持って行かなかったので。

お盆の週末は、東京に行きました。
シュガーアートコンペティションがあったので、それを見に行って、セミナー受けて、みんなと会って。
シュガーの世界は狭いので、こういうイベントに行くと知り合いにいっぱい会えます。
別に約束していなくても、会場でばったり!なんてことが多々。あっちもこっちも知り合い(笑)。

e0111355_23262129.jpg

セミナーで作ったポーチ型ケーキ。ヒョウ柄だよ~。
これは中身も本物のケーキが入っているので(カップケーキです)、全部食べられるよ~。
バッグって、可愛いよね-。
ちがうデザインでも、いっぱい作りたくなりました。
そのうちに、ミニクラスをしたいと思います。
夜は、シュガーのお仲間たちと一緒に飲めや歌えやの大騒ぎ。
いやいや、歌は歌っていないけど、たらふく食べてたらふく飲んで、のべつ幕なしに喋って(笑)。
黒一点のイケメンボーイが、おばさんお姉様方の生搾りサワーの絞り係をしてくれて、みんなご機嫌でした!
みんなそれぞれに自分で教室経営をしているので、同じような悩みや疑問を持っていて、そんないろいろを情報交換したり、教え合いっこしたり。
仲間っていいなぁ、としみじみ思いました。
同じ道を歩んできた同志だもんね。

翌日は代官山のウィルトンに行って、クラスの様子を見学してきました。
ベテランのインストラクターさんたちの授業は、やっぱり違うわ。
説明の言葉が明確だし、ポイントを漏らさずきちんと伝えているのに感心しました。
習っている立場だと感じないことですが、教える立場になるとわかることがたくさん。
私は、ウィルトンのインストラクターとしてはまだまだ修行が足りません。
うちのクラスに通ってくださる生徒さんたちに満足して貰えるように、頑張らないとね。

e0111355_2333199.jpg

帰りのあずさの中で、信玄餅アイスを食べました。
画像がボケボケだけど、あずさが揺れるんだもん。
きなこ味のアイスの中に、ときどき小さなお餅が入っていて、真ん中には凍った黒蜜が!
もう少しきな粉が濃くてもいいかな?と思ったけど、美味しかったよ~。
またあずさに乗ったら食べようっと。

そんなこんなで終わった今年の夏休み。
楽しく充実した日々でした。
遊びも半分、お勉強も半分。
そしてたくさん刺激も貰って、インスパイアされて、あれもこれも試してみたい。やってみたいことがいっぱいです。
このモチベーションが萎まないうちに、トライしないとね。
一緒に研究する仲間がいるって、嬉しくて楽しい。そして幸せなことですね。
[PR]

by cssucre2 | 2013-08-19 23:52 | 生活

お江戸の春

先週は珍しいことに、研修なんていう真面目な目的で、ずーっと東京にいました。
花のお江戸ですわよ。お江戸はもう、半分以上春で~、暖かいのなんのって。
昼間はコートなんか要らないくらいの陽気で、お昼休みに出るときは、上着なしでふらふら歩けるくらいの暖かさ。
いやぁ、暖かいって素敵ねぇ~。

研修はなかなかハードでして、朝から晩までみっちり。1日9時間とかなのさ。
老眼鏡片手に、老体に鞭打って頑張ったわけです。
まぁ、好きなことはハードでも楽しいものですし、やっぱり幾つになっても、学ぶことは楽しいですねぇ。
この記憶力の低下さえなければ、もっと楽しいんだろうけれど、そんなことは言っていられない。
だってね、これからの人生で、おそらく今が一番、記憶も冴えているはずですからね~。
ハードな毎日のはずなのに、夜はきちんと?毎日、友人と飲みの約束が入っていまして(笑)。
ほら、東京なんてたまにしか行かないし、こんな風に何日も泊まるなんてこと、あまりないしね。←誰への言い訳?
ビール飲んだり、ワイン飲んだり、マッコリ飲んだり、忙しかったわけです。

最終日はたまたま、副都心線と東横線がつながる日でした。
私は、東新宿に泊まっていて、研修先は代官山だったので、どんぴしゃ副都心線ー東横線なわけです。
渋谷乗り換えで通学していたのですが、週の後半、東横線の渋谷駅はもう大変な騒ぎで。

e0111355_2221528.jpg

こういう垂れ幕やら電車やら、みんなが撮っているわけです。私が見たところ、8人にひとりくらいの割合で、ちゃんとしたカメラを構えてたね。
それに呑まれて私ってば、なぜ撮っているのかわからないまま、撮らないといけない気になって(笑)、とりあえず撮ってみる。いい年の人のすることじゃないね。
ホント、お江戸って怖いわ。自分を見失うわ。
切り替え前日の金曜日の帰りなんか、朝通ったはずの駅構内の道がなくなっていて、危うく私は迷子になるところでした。
翌日は、乗り換えなしで代官山まで行かれるんだとわくわくしていたら、乗った列車は渋谷から急行で、結局乗り換えなきゃならないし。うーん、なんてこったい。

まぁ、そんなヤヤコシイこともありましたが、なかなか楽しい東京滞在でした。
春はなんだか、新しいスタートをする気分になりますね。
私もひとつ、新しいことにトライしようと思っているところです。
暖かくなってきたことですし、うーーーんと背筋を伸ばして、深呼吸の春です。
[PR]

by cssucre2 | 2013-03-18 22:58 | 生活

Did you have sweet Valentine's Day?

バレンタインも終わっちゃいましたねぇ…。
今や製菓業界の一大イベントですからねぇ。
今年はチョコレート売り場もあまり見ていないのですが、どんなだったのかしらねぇ。
今年のチョコに対するモチベーションの低さは何なんだ?!と、自分で思いつつ、でもチョコレートはいっぱい貰ったの♪(嬉)
貰ったチョコレート、どどんと載せちゃおう。←自慢(笑)。

e0111355_9252152.jpg

名前はわかんないのですが、パリ・セヴェイユです。
ブリトルみたいな、ナッツがいろいろ入ったカリカリしたキャラメルの後ろに、ビターなチョコがうすーく付いています。
このナッツが、有り得ないほど軽いカリカリさで。どういう風にローストすれば、あんな軽い食感になるんだろう??
食感って大事だねぇ。キャラメル部分のサクさと、ナッツの軽さと、チョコのパリッとした薄さがすごーくマッチしていて、ついついもうちょっと、と食べ続けちゃう。アブナイ!(笑)

e0111355_9341766.jpg

最近流行のドーム型チョコ。で、センターはセミリキッドです。
フルーツやハーブやスパイスを使ったとろりとしたキャラメルが、半円形のシェルの中に詰まっています。
噛むとじゅわっと口中に溢れてくるし、ゆっくり溶かしているとふわりと香りが漂ってきて、食べていて楽しいと思えるのが、このセミリキッドの良さだなぁと感じました。
フォルムも色も美しいしね。
でも何より気に入ったのは、箱! 本の形をしています。
なんせ、ユーゴ&ヴィクトール。ビクトル・ユーゴーだもんね。でも、ぺろりと食べちゃったわ。ああ、無情。
折角の箱ですからね。チョコの写真を撮ったので、ミニアルバムを作って、この箱に仕込もうかと思っています。

e0111355_9432761.jpg

チョコチップの入ったパウンドケーキは、梓川のミエスイーツさんから。
可愛いサイズのケーキだけれど、このくらいのサイズが食べやすくていいなぁと思いました。
ラッピングもすごく工夫されていて、なるほど~と思うことしきり。
ケーキはしっとりおいしい生地で、ぱくぱく食べちゃった!

e0111355_9473771.jpg

札幌のシュガー仲間、ステラ☆マリスさんが送ってくれましたー。
竹籠には大きいマカデミアナッツ入りのトリュフが入っているのですが、これが超デカイ!(笑)
一口で食べろと、制作者のおっちゃんは言うのですが、丸ごと口に入れたら窒息しそうです。。。
そうか、私のお口がお上品すぎるのね。おほほ~。

e0111355_100378.jpg

ユーハイムの展開するローゼンハイム。
ポピュラーなブランドは、やっぱり日本人の好みをよく知っているね~、と思います。
センターのガナッシュの食感もすごくいいし。
ショコラティエのチョコレートとはまた違うおいしさです。
食べていて安心感がある。素直においしい。日本のチョコレートは、良く出来ているねぇ~。

e0111355_1065149.jpg

今年も私は、ラブインスプンフルをいっぱい作りましたよ~。ものとしては一緒ね(おいおい(笑))。
でもこれは、サダハルアオキなの。そして、いろんな味があるよ~。
熱くしたミルクに、これを入れてクルクルしていると、ホットチョコレートが出来るという代物。
私のはちょっと小さいので、牛乳をカップに半分くらいしか入れられない。
もうちょっと大きくした方がいいねぇ。よし、来年の課題にしよう。

e0111355_10131358.jpg

さてさて、ルイ16世の薬剤師が創業者というドゥボーヴ・エ・ガレですよ~。
やっぱりチョコレートって昔はお薬だったのね。違うか?!
マリー・アントワネットは、チョコレートにお薬を包んで飲んでいたって話ですが、ホント?
さすがは、「パンがなければお菓子をお食べ」の王妃さま~。
箱もリボンも美しゅうございます。もちろん中身も美しくておいしい。
チョコレート自体は、ヨーロッパ好みの少しコンチングの浅い感じがします(気のせいか?!)。クラシックだねぇ。

e0111355_10243237.jpg

これはチョコレートじゃないけれどね~。マゼのプラズリン。
キャラメリゼしたアーモンドですが、このガリガリした食感と香りが何ともいえません~。
1903年創業当時のレシピを、忠実に今も守って作っているらしいですが、全然古さを感じさせない。
単純なものほど真価が問われるというものでしょうか。。。

e0111355_10283458.jpg

これはオマケで、夫が貰ったうちからピエール・エルメ(注・私があげたわけではありません(笑))。
開けて5分後に、この有様です。
いくつ入っていたのか定かではありませんが、ねぇねぇ、もっとゆっくり味わって食べようよ~。
夫はチョコレートloveな人です。が、この勢いで食べられては、いいショコラなんて要らないような気がする。。。(爆)
エルメ、私にも1個くれました。シナモン味でした。
そして、すでに箱は空っぽです。
[PR]

by cssucre2 | 2013-02-18 10:39 | 生活

新しい年です。

e0111355_16394451.jpg

新しい年が始まりました。
2013年だって!
すごいねぇ。
ミレニアムだの2000年問題だの、騒いでいたのがついこないだのことなのに。
西暦と平成と、ワケがわかんなくなってきています。
去年は、2012年で平成24年だったので、平成は西暦の倍!と覚えていたんだけれど、今年はどうしましょう。
西暦に12足せば平成とか?
ああ、自分の年も怪しくなってきます。

ともあれ、新しい年がいい年でありますように。
皆さんに、いっぱいHappyなことがありますように。
どうぞ今年もよろしくお願い申し上げます。
[PR]

by cssucre2 | 2013-01-04 16:46 | 生活

メリークリスマス~

クリスマスですねぇ。
なんだか年々、クリスマスとかけ離れた生活になってきている気がします(笑)。
製造をやっていた頃は、クリスマスは別の意味で超盛り上がり、いや、緊張(笑)でしたけど。
とりあえず、クリスマスケーキの画像でも貼っとこ。

e0111355_10141465.jpg

洋梨を赤ワインに漬け込んで、ローズ色になったところをケーキに仕立てます。
ちょっと酔っぱらいポワールですけどね、おいしいよ。

赤く染まると言えばねぇ、最近、私のPC、立ち上げるときとかスリープの後とかに、画面が赤くなるのよ。
調べてみたら、バックライトの劣化が原因らしいんだけれど、どうしましょう?!
ある日突然、真っ暗になっちゃったりしたら、取り出すものも取り出せないじゃないねぇ。
で、昨日一応、バックアップを取りました。
でも私のことだから、そのバックアップ自体が怪しい。ちゃんと取れてるのか??

e0111355_10233573.jpg

クリスマスにね~、うちに青い鳥さんがやってきたよ。
お友達が送ってきてくれました。
これは、うすーい板で出来ている、6つのパーツを組み合わせて作るの。
糊とかの接着剤は使ってなくて、組み合わせだけでちゃんと出来るスグレモノ。
青い鳥、可愛い♥

e0111355_10295871.jpg

ちょっと前に、クリスマスプレゼントに電子ブックリーダーを貰いました。
折角なので、電子ブックを何か買ってみたいじゃない?
ところが、まだ使い慣れないため、うまく探せない。
そんなわけで、取り敢えず無料の(笑)、明治生まれの作家の作品を片っ端からDLしています。
芥川、20年ぶりくらいに読んだわ。
太宰の「走れメロス」なんか、中学の教科書ぶりかも。
このところすっかり、準古典祭りです(嬉)。

明治生まれが無料な理由は、著作権が切れているせいだと思うのですが、期せずして、昔読んだ作品に久しぶりにまた会えた、というかんじです。
画像の画面は、「石炭をば早や積み果てつ」の「舞姫」ですよー。
私ね、昔からこの書き出しが好きなの。なんか、きりりとしてません?
書き出しが好きなのは他には、「スウプを一匙すっと吸った」の「斜陽」です。
こちらは最初の一文だけじゃなくて、お母様が「ひらり」とスウプを口に運ぶ、というシーンがまるで映画のようで。
内容すべて忘れちゃって、最初のシーンしか憶えていないけど。
「斜陽」も読んでみようかな。

でも今回読み直して、日本語は美しいねぇ、としみじみ思いました。
美しい文章は、リズムも美しいと思います。
いい年をして、こんな適当な文章ばかり書いている自分が、ちょっと恥ずかしくなった。
そして、こんな適当なことばかりしていると、ちゃんとした文章はもう書けないんじゃないかと、情けなくなりました。
漢字も読めなくなってるし! ルビがあるから助かっているけれど。

電子ブックリーダーのいいところは、字が大きいことですね(爆)。
でも操作性は、iphoneやipadに較べると良くないかな。反応が鈍いです。
私はわりと読むのが早いので、ページをめくる?時にちょっとイライラします。←単なるイラチ?(笑)
それと、大きな勘違いをしていたことがひとつ。
電子ブックリーダーって、デフォルトでカラーだと思っていた! 白黒だったのね。。。
そうか、文字を読むならカラーである必要性はないんだと気付いたものの、なぜカラーじゃないんだ?と少々理不尽な思いに囚われる。慣れって怖いですねぇ。
白黒画面を見ていると、なんだか昔のPCを思い出して、懐かしいです。

私は紙好きなので、紙の本にも愛着と未練が山盛りですけれど、持ち歩きが重くないのは有り難い。
大好きなロングフライトのお供に、どの本を持って行こうという楽しい悩みがなくなっちゃったのは、ちょっと淋しいです。
でも、まだまだ電子化されている書籍の数が限られているので、やっぱり紙の本よ!なんてことになったらどうしましょう(笑)。
[PR]

by cssucre2 | 2012-12-25 11:19 | 生活