【ご案内】募集中の講座



◆この記事は、ご案内のためのアーティクルです。最新の記事は、この下にあります◆

 ◆以下は、随時募集の講座です。
  ご希望がありましたら、日程の調整をいたしますので、ご遠慮なくご相談ください。
  (ご案内の日程は、過去のものをリンクしています。内容の参考にご覧ください。)






一緒にアイシングクッキーの講師として、活躍してみませんか?























[PR]

# by cssucre2 | 2017-12-31 23:56 | お知らせ

【募集中】Stampin’Up! クリスマスのセット 11/28

しばらくケーキの方が忙しくて、スタンプのクラスを開けていませんでしたが、さすがにクリスマスくらいはしなくてはね〜。

リクエストをいただいてすでに埋まっている日程もあり、お席のある日にちをご案内します。


スタンプ初めての方も、基本のところからご説明いたしますので、安心してご参加くださいね〜。


e0111355_11044201.jpg

カードと封筒のセット、それと小さなギフトバッグを作ります。
ギフトバッグは作り方を覚えれば、いろんなサイズで作れますよ〜。

e0111355_11074956.jpg

日時・

2017.11.28(火)10:00-12:00 

 

講習費・  

2,700円(材料費・税込)


持ち物・ 

ペーパートリマー(お持ちの方)

    

2名様より開催いたします。
人数に満たない場合は、開催を見合わせることがありますのでご了承ください。
また、申し訳ありませんが、お子様の同伴はご遠慮ください。

メールでお申し込みください。

講習料は、当日現金にてお支払いください。

日程のご都合が合わないときは、ご相談に応じます。
ご希望の日程がありましたら、遠慮なくお問い合わせください。


スタンピンアップ・デモンストレーターの方のご参加はご遠慮ください。

お申し込み・お問い合わせは、info☆kawaiicake.com まで。

お手数ですが、☆マークを@に替えてご送信ください。
タイトルに、【SUクリスマス】と入れてくださいね~。
ご参加をお待ちしています。



[PR]

# by cssucre2 | 2017-11-10 11:01 | Stampin'Up!

上海に行って来ました!

先週、中国の上海に行ってきました!
ひょんなことから、上海で開催されるアフタヌーンティーの大会に急遽出場することになりまして…。
シュガー仲間の新城先生のお誘いで、アメリカに行く直前に軽いノリでエントリーだけしてみたものの、そんなことをすっかり忘れて帰ってきたらなぜか出場することになっていたという…😅。

テーマは「High Tea of Your Country」
自分の国をテーマに、6時間で6品目、ひとりで作る、というものでした。
選手(私のことね(笑))のほかに、2名同行できるので、新城先生と同じくシュガー仲間の近藤先生に一緒に行っていただきました。

中国ではFacebookもLINEもyahoo!もGoogleも繋がらず、ネット難民状態。
何か調べようとしても出てこない!
普段いかにネットに頼っているかを痛感!

大会の方は、と言いますと、いや〜もう中国、いろんなことがありすぎて、もう驚くやら呆れるやら怒れるやら脱力するやら、仰天の連続でした!
そして、いろんな意味で勉強になりました。

まず到着した空港で、持参の乳製品、バターから生クリームまで全部取り上げられ‼️😵
そんなこと事前に聞いてないよ〜!と、通訳さんに尋ねたら、時の運みたいなところがあるらしい。
仕方なく、現地の材料を使うことに…。
日本の材料なら少々の違いは想定内ですが、あちらのものは全く予想つかず、作りながら試す感じです。



会場はビッグサイトのような展示会場の仮設キッチンでした。
行ってみるまで知らなかったのですが😅、どうやらケーキショーのイベントのひとつだったみたい。時間がなく、会場は全然見られませんでしたが、すっごく大きなケーキショーのようでした。
水道はあるのですが(排水はシンク下のバケツ。スタッフさんがしょっちゅう交換してくれます。)、お湯が出ないので、鍋で沸かしながら洗い物しました。

選手は、10カ国から10名。
アジアはもちろんのこと、ヨーロッパやアメリカからも来ていました。
普段とは勝手が違うので、戸惑うことも多かったのですが、概ね順調に作れて、なんとか時間内に仕上がりました。



6種を、最低6ポーションずつ作ってディスプレイして、時間内に片づけることと言われていたので、最後のお掃除は大慌て!
が、時間は全く守られないので、急ぐ必要はなかった気がする…😅。ラスト5分が40分くらいあった。なんなんだか〜。
そしてルールは、あってないようなもの😨。
言ってることがコロコロ変わる!
いろんなことが行き当たりバッタリで、どうなっているのかを主催側の誰も知らない(笑)。
いやぁ、中国恐るべし‼️



材料、道具、食器も全て持参です。
乳製品は取られちゃったけどね。
セットの中にお茶も含まれるので、ビジュアル優先で桜湯を用意しました。



プレゼン資料を、テーマと作るものについての説明やレシピ、簡単な履歴を英文で、冊子にして用意するのですが、これが一番大変でした〜。
この私が(学生時代から英語は超苦手)、まさか英語のプレゼン資料を作る日が来ようとは、夢にも思わなかったよ…。人生何が起きるかわかりません(笑)。
その資料を見たフランス人シェフが桜湯にとても興味を持ってくださり、いろいろ聞かれました。
少しは日本のPRが出来たかな⁈



賞品?をもらったのですが、ホットプレートみたいなのと、ティファールポットみたいなの。と思ったら、ミルクフォームを作る機械でした。ほかにマグカップやら絞り袋やらいろいろ。
中国は電気が220ボルトで、電化製品は日本では使えなさそうなので、通訳さんに貰ってもらいました。持って帰ってもねぇ。

翌日は主催者さんが上海観光のバスを用意してくれて、上海タワーやらあちこち、みんなで行きました。
途中、フランス人親子が行方不明になる!そして食事が終わるまで誰も気づかない!というアクシデントもありましたが、無事に再合流できて良かった良かった(笑)。


上海、都会〜!


上海タワーの展望台は、一部床がガラス張り。


遊覧船にも乗りました。


豫園は夜になるとイルミネーション。


外灘の夜景は、すごい人出。

毎日早朝から夜遅くまで行事が目白押しで、自由時間はほとんどなく、お土産を買う暇もないくらい。
でもちゃんと季節の上海蟹も、火鍋も小籠包も抜かりなく、ちゃっかり食べてきました!



いろいろカルチャーショックもあったけど(笑)、楽しかったし、なかなか得難い、いい経験ができました!

そして、一緒に出場した各国の選手たちとも、たくさん知り合うことが出来ました。
アジアからの人たちは大勢が「日本大好き!」と言ってくれ、片言の日本語を話します。
日本語はみんなドラマやアニメで覚えたらしいです。すごーい‼️
アメリカ・ヨーロッパチームは、せっかくはるばる来たので、もう数日、中国を楽しんでから帰るそうです。
みんなとてもフレンドリーで、気持ちのいい方たちばかりでした。
またいつか、会える機会があるといいなぁ。

通訳に付いてくれた若いエンちゃんがとても可愛くて、私たちが帰国する前夜、彼女は自分のお家のある街に帰ったのですが、なんだか別れ難かった。
進行中も、わからないことを聞くたびに、あちこち走り回って聞きに行ってくれ、本当に良くしてくれました。ありがとうね〜。日本に来たら遊ぼうねー。
 
いろいろ山盛りに盛り沢山の旅でした!
くたくたに疲れたけど、充実してたよー。
全てのことに感謝です。 

今回の教訓・人生、何事も経験だねぇ…。(笑)

[PR]

# by cssucre2 | 2017-11-03 20:10 | Work

ウィルトンスクール、再び。

先月のこと、アメリカ・イリノイ州に半月、滞在しました。
シカゴ郊外にある、ウィルトンの本部スクール。17年前、初めて来た時に取ったコースをもう一度学びたくて、行って来ました。 

ウィルトンのケーキデコレーティングに初めて出会ったのは、1980年代の終わり頃。
製菓道具を求めて行った合羽橋のあるお店で、たまたまレジの隣に積んであったウィルトンのイヤーブック(カタログ年鑑)を、表紙のケーキが可愛くて、ついでにこれも!という感じで買いました。
帰りのあずさの中でページをめくるたび、ワクワクどきどきが止まりませんでした。

当時はもうお菓子教室を開いていて、この先どういうふうに仕事をしていこうか、子どもたちもまだ小さく、頼りにしたい双方の実家も遠く、いろんなことを考えて、迷い、躊躇い、でもやっぱり自分でケーキの仕事をやっていきたいと感じていた頃でした。
ウィルトンのカラフルでポップなケーキを見て、パアアァッと新しい世界が開いたのを憶えています。
その時からずっと、いつかウィルトンの本拠地のスクールに行ってみたいと思っていました。

それから10年余後、2000年のことです。
やっとやっと来られたウィルトンスクールで、自己紹介のときに拙い英語で、「ここに来るのがずっと夢だった」と言った記憶があります。
2週間のレッスン中、英語がわからなくて困っていたらクラスメイトが助けてくれ、面倒を見てくれました。本当に有り難かった。
小さかった子どもたちは高校生になり、夫と一緒に留守を守ってくれました。

あれから17年。 

その時レッスンして下さったサンディ先生が、今も現役で今回もレッスンしてくれました。

e0111355_00315492.jpg

前回よりはお年を召されましたが(私も年をとったよ(笑))、朝7時前から爽やかな笑顔でレクチャーしてくださいます。
いやー、すごい体力!

e0111355_00325774.jpg

スクールは、とても大きく綺麗になっていました!
もともとあったショップとクラスルームに加えて、3倍くらいになったんじゃないかな?
廊下の壁にはウィルトンの歴史がディスプレイされています。

2006年にも、ゲスト講師のコレット・ピーターズ先生のクラスを受けにきました。
コレットの、奇想天外なケーキデザインが大好きで、一度でいいから会いたい!という、かなりミーハーな動機でした。
当時コレットは大人気で、クラスは速攻sold out!
私は3年くらい、キャンセル待ちに登録しては、時期を見て取り下げる(なんせ急に言われても行かれないですもん)ということを繰り返していたのですが、その年はうまく申し込めて、念願のクラスでした。
教わる内容は全然奇想天外ではないのですが、デザインを描いてコレットに見せます。
ここをこうしたら?というようなアドバイスはなく、何をどう考えたか?というようなことを聞かれて答えているうちに、どんどん自分の中からデザインが湧き出てくる感覚がありました。とても不思議。
これが、各々の持つ力を引き出す指導力ってものかなぁと感じたことを憶えています。

数えてみたら、それから11年。……11年⁈
怖ろしい…。月日は何という速さでしょう。

マスターコースはとてもハードで、メインのパイピングに、アディショナルのガムフラワーとフォンダンを付けたので、朝7時から夜7時までの12時間レッスンです(^_^;)。
夜明けとともに登校し、帰る頃には日が暮れています。
でもね、本っ当に楽しいの。

e0111355_23540740.jpg

これは登校時の朝日。

朝から絞って絞って絞って、さて、そろそろお昼かなぁ?と時計を見たらまだ9時半くらいだったりして、思わず脱力してしまうのですが、コーヒーを飲んだり、おやつを食べたりしながら(そのあたりはアメリカなので、とっても自由です)、また気を取り直して絞る(笑)。
なーーーんにも考えずに、ずーっとそんなことをしている時間は、至福のときです。
ああ、こんなに楽しめる好きなことがあって良かった!とつくづく思います。

e0111355_23562210.jpg

これが、パイピングクラスのmy projectです。
ダミーの大きさが決まっていることと、すべてをアイシングとパイピングテクニックで仕上げること、がお約束です。
2週間の間の週末に、デザインを描くホームワークが出て、月曜日にサンディに見てもらい、朝の練習時間にお花などのパーツを絞って作りためて行きます。
木曜日に一気に仕上げる感じ。

作ってる間じゅう、楽しくて楽しくて、あー、ここはもうちょっとこうすればよかったな〜という部分もありますが、とにかく楽しい!
作品を作るって、こんなに楽しかったかなぁと、改めて思いました。
いつもは、サンプルだったり習作だったり、なにか「作らなくては」という縛りがあるものですが、気の向くまま、思いつくままに作ることの楽しさったら‼︎

e0111355_00073709.jpg

ボードに、トップデコレーションの練習をしたり、

e0111355_00130447.jpg

これはリアルケーキ(本物の食べられるケーキです)。
サイドはサンプラーになっています。

e0111355_00074014.jpg

フォンダンのサンプラーボード。
とても大きい(笑)。

e0111355_00074342.jpg

フォンダンクラスのリアルケーキ。

あと、ガムフラワーも作りました!

作品はすべて、現地に置いてきましたので、なーーんにも持って帰ってきていません。

e0111355_00143751.jpg

クラスルームの棚に、同じく置いて帰った仲間たちの作品と一緒に、飾って貰っています。
しばらくは、この教室でレッスンする人たちに見てもらえるかな。

修了式のあと、クラスメイトたちと一緒にシカゴのダウンタウンに行きました。
みんなで、シェフコートを着て写真を撮るために(笑)。

e0111355_00180448.jpg

なんちゃらいう名所よ(おいおい)。

帰ってきたら一気に現実に引き戻され、翌日からレッスンが始まりました。
身体はすごーく疲れたけど(最初に行ったときより年も取りましたしね)、気持ちのパワーはとても元気になりました。

今回の滞在は、最初にウィルトンに行ったときにクラスメイトとして知り合った友人宅に泊めて貰いました。
そのお話もまた追い追い。
山盛りにたくさん楽しい話があります。

ああ、また行きたいなぁ。また行かれるかなぁ。
そう思うと、がんばろっ!という気持ちになれます。
人間、目標というか夢というか、なんでもいいけど希望を持つって大事だね。
いくつになっても、やりたいことを持っていられたらいいなと思う、今年の秋です。



[PR]

# by cssucre2 | 2017-10-19 00:28 | 雑感

【募集中】IADC(デコレーションクッキー協会)・認定講師セミナー・10/2, 10/5

ご希望を頂いて、IADC(インターナショナルデコレーションクッキー協会)の認定講師セミナーを開催することになりました。

2015年に、シュガークラフト講師5名で立ち上げたIADC(インターナショナルデコレーションクッキー協会)も、早いもので2年半が過ぎました。
この間にたくさんのお仲間が講師となり、それぞれの場所で活動をスタートしています。



e0111355_20270226.jpg




さて、10月初めに、松本でセミナーを開催いたします。
アイシングクッキーに興味があって、今後講師として活動してみたいという方はもちろん、まだ趣味の範囲だけれど、基礎をみっちり学んでみたいという方も、経験豊富なIADC本部講師全員で組んだカリキュラムに基づいたセミナーを受けてみませんか?
セミナー受講後は、認定講師試験を受験(任意)、合格後は『IADC認定講師』として、活動して頂けます。



e0111355_20260567.jpg


IADCについては、
セミナーについては、こちらをご覧くださいね~。
さて、日程等のご案内です。

日程・
1回目・ 2017年10月2日(月)
2回目・  2017年10月5日(木)


 時間はいずれも、10:00~15:30の予定です。
 日程のご都合が合わない場合は、遠慮なくご相談ください。
 別日程での開催が可能です。

会場・ ケーキスタジオ シュクル(松本市今井)

受講料 60,000円(税別)
スターターキット代 12,000円(税別)

セミナー受講後、最低約1ヶ月の練習期間を経て、本部開催の試験を受けて頂きます。

IADCの試験は、正直言って決して簡単ではありません。
セミナーを受けただけでは、いきなり講師として活動するといっても無理があります。
試験合格のために、目的を持ってたくさん練習をすることが、講師としてのスキルアップになり、また自信にも繋がります。
私たち本部でも、講師の皆さんが活動して行かれるよう、全力で応援いたします。


お申し込み・お問い合わせは、info☆kawaiicake.com まで。

お手数ですが、☆マークを@に替えてご送信ください。
タイトルに、【IADCセミナー】と入れてくださいね~。


お申し込みをお待ちしています。








[PR]

# by cssucre2 | 2017-08-30 18:23 | お知らせ

【募集中】洋菓子講習会@(株)松下商店 9/28(木)

今年の夏はなんだか、不安定なお天気ですね。
やたらと雨が多くて、なんだか梅雨みたいな湿度。
もうもう、シュガー作品が湿気を吸ってきて困っています。


さて、募集中の毎月恒例、松下商店さんでの講座です。
毎月恒例といいながら、8月はお休みを頂きました。
秋に向けて!そろそろケーキ作りの季節ですね~。
このクラスの頃には、きっと涼しくなっていることでしょう。


◆2017年9月のレッスン


e0111355_17210009.jpg


バターピーカンクッキーと抹茶のモンブラン

涼しくなってくるとクッキーを常備しておきたくなりますよね~(笑)。
お茶の時間に、ちょっと1枚だけでいいの。美味しいクッキーがあると嬉しい♥。
ピーカンナッツを使ったサクサククッキーです。卵を使いませんので、卵アレルギーの方にも召し上がって頂けます。

もう1品は、和風スイーツ。抹茶のモンブランです。
しっとりスポンジとやさしい味のクリームに、大納言小豆を忍ばせています。
トップは、しっかり苦みの利いた抹茶クリーム。
秋のふさわしいお菓子です。
ふわふわだけじゃない、しっとりと口溶けの良いスポンジの仕込みとコツ、材料のチョイスとその根拠から理論まで、丁寧にレクチャーいたします。
しっかりマスターしてくださいね~。


日程・ 1回目・2017年9月28日(木)9:45~12:00
    2回目・2017年9月28日(木)13:00~15:00


いずれも、デモンストレーションタイプのレッスンです。
講師の制作工程をご覧頂き、そのあとご試食いただきます。

講習料・1レッスン 3,200円(税込)

お申し込み、お問い合わせは、
(株)松下商店 
 松本市深志2-3-13  TEL 0263-33-3145

ご参加、お待ちしています~。





[PR]

# by cssucre2 | 2017-08-23 17:28 | お知らせ

このごろのいろいろ

世間は夏休みですね-。
うちも一応?夏休み。
でも、自営業ってお休みがあるようなないような。。。
普段は出来ない試作や、気まぐれに実験してみたいことなどをチョコチョコしています。

さて、このごろのいろいろが溜まっています。。。

まずは、シュガークラスの作品からね。

e0111355_10370918.jpg

Kさんの作品ですー。
レッスンで作ったのは上の段。
おうちでもう1段、下の段を足して2段ケーキにする予定なので、この画像では下段がダミーのままです(^_^;)。
お花はオープンローズ。
このお花は可愛くて大きくて、私は大好き-。


e0111355_10374258.jpg

そしてこちらのふたつは、ダブルAさん。
ウィルトンクラス修了後、仲良くお二人で一緒にレッスンしています。
クラスで知り合ってお友達になられたのですが、こういう趣味を同じくする友達っていいですよね~。
デザインは全く同じなのですが、カラーが違うだけでこんなにイメージが変わります。
お互いにいい刺激を貰い合って、いつも楽しいレッスンです。


日系ブラジル人のKさんは、とても熱心にシュガーをレッスンしています。
うちには、ブラジルをはじめとして外国の方たちもたくさん来てくださっていますが、お国柄で色使いが違う。
ブラジルやペルーなどの南米の方たちは、とてもカラフルで情熱的なカラーです。
やっぱりサンバ?!(笑)

e0111355_10483752.jpg


このケーキは、レッスンテーマで決まっているのはサイドのパッチワークのみで、トップオーナメントは自由にデザインしていただくことにしています。
今まで日本の方々はだいたい、パステルカラーの同系色組み合わせのことが多かったのですが、このカラフルさ!!
そしてキャンプファイヤー!!

このケーキは後日、お友達のバースデイケーキとして、一番上の段になりました。
そのときの画像を送ってくださったので、載せますよ~!


e0111355_10484145.jpg
じゃーーーーん!!!
最下段は本物のケーキで、バースデイパーティーで召し上がったそうです。
ブラジルの方たちは、こういうお祝い事をとても盛大にするらしいのね。
今までもいろいろな生徒さんたちに、いろんなパーティーの写真を見せて貰いましたが、それはそれは大がかり!!
赤ちゃんを待つベイビーシャワーから、お誕生日や結婚はもちろんのこと、女の子の17歳だったかなぁ?節目の年があるらしくって、そういうときはダンスパーティーもするそう。
会場を借りて、バルーンやらポンポンやらバナーやら、もうもういろんなものをテーマに沿って飾り付けて、ゲストもどっさり!
日本でも若い方たちの間では、パーティープランナーさんとかが出て来はじめているようですが、ブラジル人パーティーは大いに参考になるかも?!

外国の生徒さんは、特にウィルトンクラスに多いのですが、こういうパーティー事情を垣間見ると納得ですね~。
これからの日本人も、こういうパーティーに役立つケーキデコレーティングを身につけておくといいかもー!


そして、韓国から先生が来日したので、フラワーケーキを習いに東京に行きました!
朝から晩までみっちりと2日間、とーーっても勉強になった密な2日間でした。
今年は絞り強化年間だからね~。

まぁところが、お花絞りの難しいこと。
なんと言いますか、ソレっぽいものは絞れるのですが、先生のお花と比べると似て非なるもの。。。。
もうこれは、練習あるのみですね。

e0111355_10383412.jpg
1日目のホールケーキ。
宿泊先で撮ったiPhone画像なので、あまり綺麗に撮れていません。


e0111355_10383465.jpg
2日目はいろんなお花を習って、カップケーキにデコレーションします。


e0111355_10382360.jpg
これは、持って帰ってきてから翌日撮ったのですが、移動中にお花の縁が欠けたり歪んだりといろんなところに被害が発生。
少しずつ練習していますが、とにかく日々練習!
その『日々』がなかなかね。。。。
練習用バタークリームを冷蔵庫に確保してあります(笑)。


e0111355_10381381.jpg

これは来月、IADCセミナーで行う予定の多肉植物カップケーキ。
多肉植物は今、世界的に流行です。
かなーり前に作ったのが、玄関にあるのですが、

e0111355_11202266.jpg
これこれ(笑)。
これは、ほとんどペーストで作っています。
今回のは絞りですので、バタークリームやアイシングで作るカップケーキ。
そのままぱくりと召し上がれます。

今日はね、地域の花火大会なのよ~。
今日は曇り空で少々お天気が心配ですが、夜まで持ってくれるといいな-。

皆さまもどうぞ楽しい夏休みを!





[PR]

# by cssucre2 | 2017-08-14 11:23 | Work

お花のバスケットクッキー

昨日は、お花のバスケットクッキーのクラスでした。
乾かす時間が必要なので、お昼を挟んでのレッスンです。

ご参加くださった生徒さんは、皆アイシングクッキー経験者なのでスムーズに進みましたが、やっぱりお花を絞る時間がもうちょっと欲しかったかも?
次回開催の時は、1時間くらい延ばそうかなと思います。

それと、バラに関しては、いろんな形のバラ絞りがあるので、やっぱりバラのバリエーション絞りクラスをそのうち開催しようと思います。
そのうちっていつ?と言う声が空耳で聞こえそうですが(^_^;)、頑張りまっす!


e0111355_16060067.jpg


みんな、かわいく綺麗に出来ました!
レッスンの時は、土台はフェイククッキーで作りますが、本物のクッキーに作るともうこれ1枚ですごくゴージャス!なプレゼントになりますね~。
勿体なくて食べられないーー!と言われちゃいそうですが、クッキーはお菓子ですから、どうぞ召し上がってくださいね。
バラもアイシングの配合を食べやすくサクサクした食感にしていますし、バスケット部分はこの繊細なアミアミ部分に歯を当てると、なんと言いますか、破壊の快感?(笑)
結構楽しく気持ちよく、ストレス解消になるように思います。そして美味しいの-。
デコレーションはすべてお砂糖ですから、必要以上に甘いことは甘いです。
濃く淹れたコーヒーや、お抹茶をお供に召し上がることをお勧めいたします。

今回日程が合わず、ご参加できなかった方からもリクエストを頂いていますので、近いうちに再レッスンいたします。
もしご希望がありましたら、優先的にご案内いたしますので、ご連絡くださいね~。
パリン!とバスケットを壊す快感を味わってみてください(笑)。



[PR]

# by cssucre2 | 2017-07-16 16:14 | Work

【募集中】フードインクとウォーターカラーペイント(8/5・土)

今日はいっぱいまとめて、ブログアップの日です。
でもまだまだ書かなくてはいけないことがある。。。。

さて、5月に開催したときに大好評のフードインクのクラスです。
日程が合わなかった方からご希望をいただき、再度開催となりました。


e0111355_12191428.jpg



最近いろんな新しいコトを試していまして、そのひとつにフードインクがあります。
アイシングカラーでもいいんですけれどね~。
もっとインクっぽく使えるといいなぁと、前々から思っていまして。
私は趣味でスタンプをするのですが(可愛いハンコを捺してカードやらを作るのです。)、そのスタンプに使うインクにはいろいろ種類があります。
ここで書くとすんごくややこしくなるのでバサッと割愛しますが、まぁそのね、スタンプで使うテクニックをクッキーの上にも出来ないかと思いました。
正しくはスタンプテクと言うより、インクテクかも知れません。

そんなこんなで、ちょっと面白いことが出来たので、レッスンを組んでみました~。
インクの作り方と、それを使ったテクニック。
インクは、画像の容器(スポイト付き)に入った4色を各自お持ち帰りいただきますので、すぐにおうちでも楽しめます。



e0111355_12192270.jpg


フードインクは何がいいって、表現が楽ちんなことです。
もちろん、アイシングクッキーを極める!という意味では、いろんな面倒くさい(笑)難しいテクニックも使って作るのも醍醐味です。
でも、たくさん作らなくてはならないときや、手軽に気軽にササッと作りたいときに、フードインクは多様なデザインで大活躍してくれます。


e0111355_15440117.jpg

こんなティーセットのクッキーも、あっと言う間に作れちゃう。
フードインクならではの魅力かと思います。


◆このレッスンで学ぶテクニック
 ・フードインクの作り方
   インク4色(赤・青・黄・茶)お持ち帰り
 ・グラデーションテクニック
 ・お花の描き方(バラ、アジサイ、デージー)
 ・ウォーターカラーペイント

日 時・  2017.8.5 (土) 10:00-14:00  

 

講習費・ 12,960円(フードインク4色付き・税込)


定 員・ 4名 …残席2

持ち物・ エプロン、ハンドタオル、昼食


 ご参加いただくに当たって、

 アイシングクッキーについて、経験があること。

 ラインが描けること。面の流し込みが出来ること。

 (上記2点に関して、テクニックの詳しい説明を省いて作業していただきます。)

 

 今回のレッスンでは、お砂糖で作ったフェイククッキーにデコレーションします。

 すべて食べられる素材で作っていますが、硬いので、食べられません。

  

2名様より開催いたします。 …開催決定しています。
人数に満たない場合は、開催を見合わせることがありますのでご了承ください。
また、申し訳ありませんが、お子様の同伴はご遠慮ください。

メールでお申し込み後、お振込口座をご連絡いたします。
講習料のご入金を以て、お席の確保完了となります。

日程のご都合が合わないときは、ご相談に応じます。
ご希望の日程がありましたら、遠慮なくお問い合わせください。


ご自身で教室を開催していらっしゃる場合は、お申し込み時にその旨を必ずお知らせ下さい。

材料等の準備の都合上、3日前からキャンセル料をお願いしています。
3日前から講習料の30%、前日から講習料の100%となりますので、どうぞご了承下さい。


お申し込み・お問い合わせは、info☆kawaiicake.com まで。
お手数ですが、☆マークを@に替えてご送信ください。
タイトルに、【フードインク】と入れてくださいね~。
ご参加をお待ちしています。





[PR]

# by cssucre2 | 2017-07-16 15:46 | お知らせ

絞り強化年間!(笑)

今年の私の目標?は、絞り強化でありまして、いろいろ練習中です。
お花絞りは今、世界中で韓国がナンバーワンな印象があります。
地球上(おいおい(笑))ぐるっと見ると、欧米よりアジアが中心になっている感じ。
アメリカで活躍しているフラワーパイピングの先生も、私が知る限りでは、名前から推測するにアジア系の方がほとんどです。

中でも韓国は、何でも絞っちゃう!
バタークリームやアイシングはもとより、アンコからローソクまで絞っちゃう!
でね、私は考えたわけです。こりゃ韓国行かなくちゃ!←短絡的。
そして、同じなら、違うもので習っちゃおう~。
と、そして行ってきました、韓国。で、習ってきました、キャンドル。

私が習ったのは、大韓天然デザイン協会という組織の資格講座です。
ソイワックスという、大豆から抽出したワックス(蝋)を使って、独特の処方でクリーム状にして絞ります。
テクニックとしてはね、もうほぼアイシングやクリームと同じです。
ただ、絞るものがワックスなので、いろいろ違う面もあります。絞り心地も少し違います。
難しいところは、温度管理かな。
いいところは、固まってもまた熱を付けて柔らかくすればいいので~。

というわけで、レッスンで作ったキャンドルたち。
写真は、先生が撮ってくださいました。
ので、割り増しで美しく見えます(*^_^*)。


e0111355_14592198.jpg

カップケーキ風。
これ、キャンドルなんですよ~。


e0111355_14593721.jpg

こんなガラスのボックスに入れたり、


e0111355_15015836.jpg

全くのケーキにも作れます。


e0111355_14592757.jpg

これは、アロマワックスサシェといって、火を点さないキャンドル。
ワックスにアロマオイルを入れているので、いい香りがします。
クローゼットやお部屋に置いたり吊したりして、香りを楽しみます。

この4つが、ソイフラワーキャンドル講座の課題。
お花絞りのもろもろで、ひとつの講座になっています。

そして、まるで本物のケーキかと思うのが、このソイPキャンドル講座。


e0111355_14594381.jpg

土台も全部キャンドルで出来ています。
とろんと掛かったチョコレートも、上に乗っているフルーツ類も、ぜーんぶキャンドル。
こちらは、このケーキでひとつの独立した講座です。


帰国後、韓国から立派な認定証が送られてきました。

e0111355_15121723.jpg


というわけで、いつでもソイキャンドル講座も開講できるようになりました!
帰ってきてから、キャンドルの練習にも励んでおります。
これはこれで楽しい。
私は、キャンドルに火を点けたくて点けたくて堪らないのですが、みんなにそう言うと「えーーーー!勿体ないじゃないの!」という反応(^_^;)。
なので、『試しに火を点ける専用チビキャンドル』を作って、火を点けてみました(笑)。


e0111355_15221199.jpg

というふうに燃えます。
火を消すと、5の画像のようにお花の溶けた部分も固まってまた使えますので、普段は飾って置いて、停電の時などに活躍してくれそうよ?
番外の黄色いバラのは、グラスに作ってみたのですが、これもそのうち点けてみようと画策中。
お花の横の四角い茶色いのが芯なのですが(ウッドで出来ている薄い板みたいなのです)、キャンドルに対してちょっと大きすぎたかも?

そのうち講座のご案内もいたしますが、ご興味をお持ちの方はお知らせくださいね~。
ご一緒に、キャンドルも楽しみましょう~。






[PR]

# by cssucre2 | 2017-07-16 15:28 | Work