梅雨だよ、梅雨。

暑い暑いと言っていたGWのあと、今度は寒い寒い日々でした。
イングリッシュガーデンを見たり、ホビーショーに行ったり、シュガーのイベントに行ったり、ハンコを捺したり、いろいろと忙しいような楽しいような日々を、相変わらず送っています。
ホビーショーでは、だいたい来ていそうなお仲間はともかく、なんでここで?!と、思いがけなく知り合いに何故かあちこちで逢う。
その話を友人にしたら、「蛇の道は蛇って、このことねぇ…」と。
ホビーショーは「蛇の道」のようです(笑)。

e0111355_18583425.jpg

アップしないまま貯まってゆく画像などを交えながら、この頃のハナシを少し。
ええと、上のはマンゴームースです。
マンゴー、最近はいろいろ見かけますね。
レッスンで使うに当たって、マンゴーのことをいろいろ勉強しました。
普段、何気なく食べているマンゴーにも、当然ながらいろんな種類があり、いろんな背景があることに新たな発見。

e0111355_194478.jpg

群馬の方に出かけたときに、ペルー料理なるものを食べました。
店内は思いっきり南米でした。
そこでgetした、ポルトガル語のフリーマガジン(中身は日本の情報です。在日のポーチギース向けマガジン。)がすっごく面白くて、かなりはまる。
でも、文字は全く読めません。
広告ひとつとっても、カラフルかつ情熱的(ってどんなだ?!)。
画像は、バニラと抹茶のマーブルムースです。
バニラのプチプチがアクセントでございますよー。

e0111355_19101190.jpg

クグロフ型で焼いたマーブルケーキ。
あらら、マーブル続きですね。
それはさておき、先日、安野光雅氏の「繪本 三國志展」を見てきました。
84歳の安野氏が、あんなに細かい線描をしていらっしゃるのを見ると、老眼だの、見えないだのという泣き言を言っている自分が恥ずかしくなる。
それぞれの絵に使っている印がまた良くて、絵ももちろんですが、印もかなーりじっくり見てしまいました。
順路を進んでゆくとそこには、なんとなんとケースの中に印の実物が!!!
そして、使われたすべての印を捺した「印存」なるものが販売されていたのですが、少々(いや、かなり)お高くて手が出ませんでした。
廉価版の印刷物もあったのですが、印のインクの色が納得行かなくて、買いませんでした。
印存、清水の舞台から飛び降りるべきだったかしらん?

e0111355_1925983.jpg

お庭の手入れを怠っているものだから、いろんなものが勝手に生えてくる。
茨だか野バラだかわからない不明な、バラ科のなにかと思われるものが繁茂して、小さな花を咲かせています。
なんかね、こんな風に花が咲くと、いじらしくなるじゃありませんか。
ぱちんと剪ってしまってもいいんだけれど、せめて花が咲いている間は…とか思っちゃうんですよね。
ところがこの情けが時々、仇になる。

今日は、Akane Bonbonさんの雲のモビールを買いました。
ふうわふうわと揺れて、気持ちがよさそう。
きっと、初夏の空気にぴったりのはずです。
[PR]

by cssucre2 | 2008-06-04 19:34 | 生活