ジャパンケーキショー2016

ブログが恐ろしいほど滞っています。
夏もあった、秋もあった、そしてもう冬だ~!!
もう、季節をぐいっと無理矢理飛ばして、先月のジャパンケーキショーのご報告です。

今年はシュクルからは、3名の生徒たちが出品しました。
ジャパンに出品するって、エネルギーがいります。
でも頑張った甲斐あって、みんないい作品になりましたよ~。
早速、作品紹介しますね~。

e0111355_16290275.jpg



まずはミエコさんの作品です。
会場撮影なので、ちょっとバックにいろいろ映り込んでいます。
お花をたくさん作って、大変だったと思いますが、長くお花のお仕事をしていらしたので、さすがにまとめるのはお上手!
本当は、下のフリルの部分もエクステンションの予定だったのですが、直前に崩壊してしまい、作り直す時間がなくフリルに予定変更しました。返す返すも残念です。
でも、ピンクが大好きなミエコさんらしい、可愛い&ゴージャスな作品になりました。


e0111355_16080023.jpg
お次は、アキコさんの作品。
作品が戻ってきてから、折角なのでということで、スタジオで撮影して貰いました。
サイドのお花模様の部分は、ニードルポイントという手法を使っています。
最初に布地部分を細いアイシングで格子に絞り、その間を各色ドットを絞って模様を作っています。
とても時間も根気も必要な作業。本当によく頑張りました。
トップと3段目は、アイシングが宙にふわっと拡がるように絞って、ヴェールを表現しています。
制作期間もあまりなかったのに、細かい丁寧な仕事でした。


e0111355_16075035.jpg
こちらはアキちゃんの作品。
やはり同じスタジオで、撮影して頂きました。
アキちゃんは、長野県コンクールに出品した作品をベースに、新たにデザインを展開しました。
メインのケーキには、つまみ細工のお花や水引をプラスしたところからイメージを膨らませ、それを作っているお道具箱を新たに添えました。
和のお道具箱には、紅白の紐を巻いた握り鋏、待ち針の刺さった針山に糸巻き、作りかけの髪飾りと、とても精巧に可愛く作られています。
この作品は、シュガークラフト工芸菓子部門で、見事銅賞に輝きました!
おめでとう~。頑張って良かったね-。


制作も大変だけれど、もっと大変なのが搬入出。
今年はチャーター便を仕立てて、現地で受け取りにしました。帰りも同じく。
搬入出とも、本人も行かなければなりませんので、本当に大変です。
地方から出品するのはそういったこともありなかなか難しいのですが、3人とも制作から搬入出まで、よく頑張りました。
シュガーの生徒さんたちは、それぞれ個人レッスンなので、お稽古のスケジュールが違うとお互いにあまり会うことがないのですが、県のコンクールを通じて顔を合わせる機会が出来、仲良くなって、励まし合ったりしている様子を見ると、私もとても嬉しいです。
たまにはみんなで、飲み会でもしなくちゃね~(笑)。

生徒さんたちがそれぞれ頑張ってくれているので、私もまた新しいことをやってみようかなーという気持ちになれています。
最早、生徒さんたちに励まされ、お尻を叩かれ(^_^;)、怠けていないでお稽古しないとね。
もうすぐ年末。また来年も元気で楽しく、みんなで力を合わせて頑張れるようにしましょう~。









[PR]

by cssucre2 | 2016-11-21 16:37 | Work