謝謝、そして再見。

 
1/21~27まで、台北に行ってきました~。
観光じゃないよ。研修でっす。
よく、研修という名の観光旅行があるけれど(笑)、あれじゃなくてマジ研修。
だって観光全然していないもんー。
レッスンの始まる前日に台北入りして、終わった翌日に帰ってきました。

でも観光なんてしなくても、すっごく楽しかった!!
朝から晩まで絞る絞る絞る絞る。
こんなに集中してパイピングをしたことって、一体何年ぶり?
とにかく、スクールとホテルとご飯の3つしかない!
ここまで集約されてると、いっそ気持ちいいです(笑)。
ウィルトン仲間のハイパー秀子センセとの二人珍道中。
iPhone写真ですが、いっぱい載せちゃいます-。
このアーティクル、めっちゃ長いよ(笑)。
しかも前半食べ物、後半レッスンの模様。
長文苦手の方は読み飛ばしてください~。

さて、今回はエバー航空を利用しました。
私は飛行機に乗るのが大好きなので、とにかくどんな飛行機でも乗れるだけで嬉しい♪
航空会社フェチとかではないので、全然詳しくありません。
が、羽田(初めて利用した!)に行ってみたら、機体にキティちゃんの絵が…。
あれまぁ、キティだよ、と思っていたらなんと!機内もキティだらけ(^_^;)。


e0111355_11440978.jpg

これ、キティラーだったら超萌えますよね~。
別にキティラーでも何でもない私ですら、ちょっと嬉しくなりましたもん(何故?)。
やるな、サンリオ。ディズニーに負けるな!って、日本びいきだから。
何から何までキティちゃん。トイレのペーパーにまでキティのプリントを発見したときには、おお!とその徹底ぶりに感動しました。←紙フェチだから。

e0111355_12160764.jpg

そして当然、機内食もキティです。
カトラリーやナプキンはもちろん、かまぼこ、チョコレート、リボン型のにんじん…。
糸ようじもキティの袋に入っていた。
いい年したおじさんが、ブルーのキティのフォークで機内食を召し上がる之図は、なかなか可愛い♡。


e0111355_11441414.jpg
ホテルは、先生の工房に歩いて行かれるところをと、リージェント・タイペイにしました。
大きなホテルでサービスも良く、お部屋も広くていい感じ~。
ラウンジの招待券もくれたし-。ミネラルウォーターも毎日付いてたし-。
寝に帰るだけでは勿体なかったけど、自由時間は食べるか寝るだけしかない旅だからこそリラックスできて良かったかも。

e0111355_12205347.jpg
工房はこんな感じ。ホテルから歩いて10分くらい。
サンディ先生と、ご夫君のジミー氏が運営しています。
お二人とも台湾の方です。台湾や香港の人って、イングリッシュネームを持っている人が多い。中国語の名前って発音しにくいから? 私も勝手に、なんか名前付けちゃおっかな~。
ジミーさんは若かりし頃、大阪の調理師学校に留学していらしたので日本語が出来、レッスン中、私たちのつよーーい味方になってくれました。ありがとう~。
生徒は今回、台湾各地から5名、香港から2名、マレーシアから1名、そして我々、日本から2名の10名。インターナショナルなクラスです。
先生は中国語でレッスンしながら、英語と時々日本語単語も交えて、そのうちごちゃごちゃになってきて、台湾人に日本語で言ったり、私たちに英語で言ったり(笑)。

e0111355_11382817.jpg
これは朝食シリーズ(笑)。
朝ご飯は、ホテルでゆっくり食べている場合ではないので(帰る日だけホテルの朝食を楽しみました~)、街中や教室でささっと。
屋台もいっぱいあるし、朝食用のお店もいっぱい。台湾の朝食は外食が多いみたいです。
お粥を食べたり、モスバーガーで台湾仕様の卵バーガーを食べたり、クラスメイトと一緒になって、クレープとお好み焼きの合いの子みたいなの(アンパンマン風キャラのついた箱入り)やら、コンビニでおにぎりを買ってみたり、毎日いろいろ。

e0111355_11382274.jpg
そしてランチはクラスメイトたちと一緒に、あちこち行きました!
香港から来た若い女の子のKarenが英語で通訳してくれて、日々毎日おいしいランチ~。
台湾はやっぱり同じアジアなので、味も馴染みがいい。
でも、7年くらい前に来たときよりずっと、いろんなものが美味しくなっている気がする。
ひとつには油の質が良くなっているのでは?と感じました。
それと、これは果たしていいことなのかどうかですが、本来の特色のある味が薄れて来ているように思います。スパイスも万人受けするように控えめになっていたり、要するに臭くない!
ジミーさんが、臭豆腐も(私は食べたことがないのですが)昔より臭くなくなっている、と言ってました。日本の「におわなっとう」みたいなもの? まぁ私は、納豆も食べたことないんですけれどね(笑)。

e0111355_11382562.jpg
さてさて夕食だよ~。
もちろん外せない小籠包やら、醗酵させた酸味のある白菜の火鍋やら、香港式飲茶やら~。
一度くらい夜市にも行こうよということで、夜市で魯肉飯や蝦仁煎を食べたり(でもウロウロする元気なくて、食べたらすぐ帰ってきた(^_^;))、先生やクラスメイトたちとバイキング式のお鍋を食べに行ったり、もうもう食生活は120%の充実ぶりです!(お陰で太った(笑))

e0111355_11382089.jpg
そして忘れちゃいけないおやつ~(笑)。
台湾と言ったらマンゴーかき氷! 夜市で食べました。今の時期、生マンゴーはないので冷凍でしたが、充分に美味しい♡。
50嵐というチェーンのドリンクスタンドが工房の近くにあって、リクエストに応じて作ってくれます。タピオカも大きいのと小さいのがあるし、甘さや氷の量も選べる。タピオカ入れて貰ったり、仙草ゼリー入りにしたり。
ここもKarenが面倒見てくれました! Karen、謝謝~!

e0111355_14095280.jpg
夜市では、珍しいフルーツをたくさん見ました。
これは、釈迦頭という右の上の方に写っているもの。甘くてクリーミーな柔らかい食感です。夜市で剥いて貰って、ホテルに帰ってきて食べました。
その他にも、あちこちでパパイヤ(木瓜)やドラゴンフルーツ、レンブ(蓮霧)というトマトみたいな形でリンゴと梨の中間みたいなのやらパッションフルーツにグァバ、スターフルーツも食べました。あ、スイカやぶどうもね。

と、食べてばっかりのようですが、ちゃんとレッスンも受けてます! ホントだよ~。それもハンパなくハードなレッスン(^_^;)。
今回受けたオーバーパイピングというテクニックは、アイシングの絞り出しを重ねて重ねてさらに重ねて、形を作っていく手法です。
シュガークラフトのテクニックとしては古い手法で、私が習い始めた20数年前は、どちらかというと古くさい?感じでした。
ところがファッションでも何でも、歴史は繰り返す。
最近では、そのクラシックさがかえって新しく感じられるのか、見直されてデザインにちょくちょく取り入れられます。
そこでやっぱりもう一度、基礎からきちんとやってみたいな~と思ったわけです。自分ひとりでうちでやってたら、こんな時間の掛かることへこたれちゃうからね。

e0111355_11381993.jpg
上の画像のように、少しずつ少しずつ、絞っては重ねを繰り返していきます。
この白いネットのところは、私は設計そのものをちょっと失敗しちゃった。もっと外側の幅を狭くすべきだったね。広く取り過ぎて、少しスカスカしてしまいました。反省。
ケーキのボトムの方に見えているウルトラマンみたいなのも、細い線を絞って積み上げていくわけです。黄色いスクロールもそう。

e0111355_11381796.jpg
こちらは、ブルーの格子を絞った上に、白で同じく格子を絞る。
そうすると下のブルーがちょっと見えるわけです。上下のガーランドもやはり、パイピングを重ねています。

e0111355_11381466.jpg
この丸いボールは大変で~。
左はまだ途中、真ん中がボールの絞り終わりですが、このボール2個だけで6時間かかりました。

e0111355_11381131.jpg
e0111355_11380907.jpg
1日目に絞ったお花を付けて仕上げます。
これはサンプラーケーキと言って、ひとつのケーキの中にいろいろな絞りを1/4ずつあしらってあるので、4分割でデザインが違います。
そして、これでお終いと思ったら大間違いーーー!!

e0111355_13044894.jpg
この上に載る小さいのがあるのさ。。。
これがまた大変で(^_^;)。
周囲にリング状に重ねて絞ります。
1周100本。それを11回なので、計1,100本ですねぇ~。
これは最後まで終わらず、途中で修了。各自宿題になりました。
今までレッスンの時間内に仕上がった人は、ひとりだけだって~!

それぞれのケーキをジミーさんが上手に梱包してくれて、無事に持って帰ってこられました。
航空会社の人に、授業中に憶えた「小心(しゃおしん)、小心!」(気をつけて!)と言うと、なぜかみんな笑う。たぶん発音が変なんでしょうねぇ。
でも小心を連発したお陰で、皆さん気を遣ってくださって、「蛋糕*o;@~~***~~!」(たんがおムニャムニャムニャ~!)と言いながら通してくれた。「ケーキが通るよ~」とでも言ってたのかな??

クラスメイトたちは、年齢も住む場所も職業もバラバラで、一番若い子は18歳!
学生さん以外は、仕事はやはりベーカリー関係が多かったようです。
でも話す言葉が違っても、年が違っても、志は同じ。共通事項がひとつあるだけで、気持ちは通じ合えるんだなと思う。5日間のうちに、すっかり仲良くなりました。
こういう海外クラスに参加したのは本当に久しぶりで、何年ぶりだろう? 7~8年振り?
今まではお別れの時に名刺交換したり、アドレスを教え合いっこしたけれど、今ではその場でFacebookお友達リクエストです。そして、LINEの友達追加。いやいや、時代は変わった。
お陰でその後の様子もすっかりわかります。
みんな自分の場所に帰って、それぞれまたスタートしている。頑張らなくちゃね。

行くときには、你好(にーはお)と謝謝(しぇしぇ)再見(つぁぃちぇん)しか知らなかったのに、レッスンを受ける間に、いろいろ中国語を憶えました(笑)。
理解  りーちー  わかった 
別客氣 ぼかちー  どういたしまして
小心  しゃおしん 気をつけて! 
好吃  はぉつぃー おいしい
加油  くぁよー 頑張って
(注・この、ひらがなの読み方は超怪しいです。信じないように(^_^;)。)
そしてね、韓国語で頑張れっていう、ファイティンは、「早く」とか「急いで」っていう意味になるらしい。
頑張れ!ってつもりでfighting!って言ったら、急かせてることになっちゃったよ(^_^;)。

またいつか、一緒にレッスンを受けられるといいな。
こんな縁が長く続くこともあるってことを、私は知っています。
いつかまた、きっと会おうね。それまで keep in touch だよ-。
夢のような楽しい1週間は終わって、さて、明日はウィルトンクラスです。
私もまた元の場所でがんばるさ~。


[PR]

by cssucre2 | 2014-01-30 14:23 | Work