眼が付くとね…

今週はなんだか、一気に寒くなりました。
シャツを重ね着してもなぜか寒く、何でこんなに寒いんだろう?と思って温度計を見たら、なんと12℃!
寒いはずだよ。
慌ててヒーターのカバーを外し、いきなり暖房です。
先週末、仕舞いそびれた夏のカーペットを片付け、屋根裏からホットカーペットを下ろしてきました。
この激しすぎる変化。
やっぱり信州には、秋がありません。

e0111355_10355081.jpg

これ、なーんだ?
カエルの卵ではありませんよー。
これは、「動眼」というものです。
ちいさいプラスティックドームの中に、丸い目玉が入っていて、コロコロ動くもの。
これはみんな黒いけれど、青い眼や緑の眼も持っています。そしてサイズもいろいろ。
なぜこんなものを持っているかというと、好きだからよ。
そして、何に使うかというと、

e0111355_10383038.jpg

こうやって、ハサミに付けてみたり、

e0111355_1039180.jpg

これはね、パンチだよ。
なんか、眼がふたつ付くだけで、道具たちが仲間みたいになってきます。
でも、こうやって遊ぶだけに使うのではなくて、

e0111355_10412571.jpg

これが正しい?使い方。
ま、普通は、こう使うべきですね。
でもあちこちに付けると、動眼って意味なく楽しいのよ。

e0111355_10423996.jpg

それでね、アイシングで動眼、じゃないな、静眼? 動かないからね。
を、作ってあるんです。
うわぁ、画像を大きくしたら、結構こわい。
こっちのほうが、カエルの卵っぽい?(笑)

この前の土曜日に、松本市の女性センター・パレア松本さんに呼んでいただいて、アイシングクッキーの講習をしました。
都会では大流行なものの、地方ではなかなか浸透度が低いかなぁと思っていたのですが、自治体でアイシングクッキーを指定で呼んでいただけるなんて!
こりゃあ、いよいよデコブームもクッキーまで認知されてきたかと、とても嬉しいです。
楽しい可愛いデコレーションケーキを作りたい!と思ったのが、私がオーダーメイドのケーキ屋を始めた一番の動機でした。
あれから20年。
いろんなオリジナルなケーキは、もう当たり前になりました。
うれしいなぁ。
長生きはするもんだ。

e0111355_10494391.jpg

ハロウィンも近いので、全部ハロウィンデザインにしようかと思ったのですが、パレア松本さんで付けてくださった講座のサブタイトルが、「自分へのプレゼント」。
それで全品ハロウィンはないだろうと、カボチャとコウモリ以外はカワイイ系にしました。
そして、コウモリさんのお目々が、アイシングアイですよん♪
なんにでも目を付ければ顔になる!というのが私の信条なので、ほっほー、いろんなものに付けちゃうわよ。
今、眼がいっぱいあるので、なにかと付けたくなっています。
ケーキとかにも付けちゃおっかなー。
[PR]

by cssucre2 | 2011-10-04 11:11 | Work