こわこわ・あまあま

一昨日、6/30の朝、松本でも最大震度5強という地震がありました。
市街地はかなり揺れて、大きな被害の出た地域もあったようですが、幸いうちのあたりでは大したことなく、お陰様で被害もありません。
それでも震度4くらいだったのかなぁ。生まれてこの方、あんなに大きな揺れは初めてでした。
部分的に棚の上のものが落ちたりはしましたが、それは積み上げ方に問題があったような気も…。
シュガーの小さな作品も、いくつか転がったりしていましたが、大したことではありません。
コンクールが終わっていて、本当に良かった。
生徒さんたちの作品をいくつも預かっていたので、その上になにか落ちてきたりした日には、泣いても泣ききれません。

松本にはいくつも活断層があり、前々から地震の可能性を示唆されています。
今回の東日本大震災のあとも、災害に備えるように言われているのに、私ときたら非常袋の用意すらしていない…。
以前、浄水場のトラブルで一日だけ断水になったことがあり、そのときの教訓から、いつも水だけはたっぷり備蓄してあるのですが。
水だけじゃダメよね~。
うちにはいっぱい粉と砂糖があるから大丈夫!と、意味不明な自信?を持っていたのですが、それ以前に必要なものはいろいろありそうです。
地震は本当に怖い。
お願いだからもう揺れないで、と地面に向かって語りかけてみたりしています。

e0111355_9372018.jpg

この前、カカオバリーのパータグラッセ・オレンジ味のサンプルを貰ったので、ちびカップケーキに掛けてみました。
色はとってもきれい。オレンジの香りもぷんぷんですが、融点がちょっと低いみたいで、この季節、焼き菓子に掛けるには向かなかったかも。
アントルメに掛ける方が良かったみたいです。
でも、この色のアントルメって、結構インパクトありますよ~。
気分はおフレンチですけれどね。
オレンジチョコの上から、残っていたチョコペン(ピンク)を掛けてみた。
足りなくて~、振り絞って線描きしたら、所々固まってる…。

e0111355_9474378.jpg

ひとつずつ包むと、ちょっと可愛くなった。
冷蔵庫に入れておかないと、とろけちゃいそうな今日この頃の暑気です。

e0111355_9524066.jpg

このところずっと、食べて美味しいシュガーペーストの研究?をしています。
普通のシュガークラフトに使うペーストは、食べて不味くはないのですが、口溶けがイマイチ。
伸びがいいようにガム質を混ぜてあるせいか、柔らかいともちゃもちゃとした食感だし、乾くととても固くなるしで、正直言って食べるにはどうよ?というかんじです。
でも、シュガーペーストを使えると、クッキーやカップケーキもデコレーションの幅が拡がる。
なので、いろいろいろいろ、ほんとうにいろいろいろいろ混ぜたり足したり引いたりまた混ぜたり、材料もいろんなものを試し、作り方もいろいろ試し、ちょっといいかな?と思うものに、やっとなってきました。
一時いいかなと思っていた配合があるのですが、油脂が多いためか、作業性が気温に左右されるのと、スタンプを使うと色素をはじいてしまいました。
私はどうしてもスタンプを使いたかったので、色素をはじかない、それでいて食べて、いい感じのペーストが欲しいのです。
上の画像は、なんとかはじかないようになったペーストに捺したもの。

e0111355_1041047.jpg

一番最近の作は、作業性もまあまあだし、ちゃんとスタンプ出来るし、食感も悪くない。
こうしてカップケーキに使っても、わりあいいい感じ。
ただ、このペースト、ホントウに甘いんです。
もうもう歯が溶けそうなくらい甘い。
まぁね、原材料のほとんどが砂糖なワケですから、当然と言えば当然なんですが。
これがイギリスやアメリカにいれば、このくらいの甘さ、なんだかこんなものよね?と、どういう訳か慣れてしまうのですが、いかんせんここは日本、やっぱり甘い。
私はかなり甘いのが好きだと思うのですが、この私ですら甘いなら、一般的にはどうでしょう?
もう少し配合を工夫して甘さを軽減するか、それとも、これはもうこんなふうに甘いものだと開き直るか、悩ましい岐路に立たされています。
うーん、難しいなぁ。。。
[PR]

by cssucre2 | 2011-07-02 10:29 | Work