今年のクリスマス

製造をやっていた頃、毎年12月が近づいてくると、少し憂鬱でした。
クリスマスケーキのご注文をいただくことは嬉しいし、作ることは楽しいんだけれど、果たしてクリスマス本番に、間違えずに材料の手配が出来るだろうか?とか、お渡し時間に合わせて手順を考えながら、受けたオーダー分を全部、ちゃんと作れるだろうか?とか、いろいろ考えて心配になるのです。
万一、風邪を引いたらドウシヨウ。←栄養ドリンクを無闇に多用。
暮れのお掃除も全然済んでいない。←そして毎年、そのままになる。
ああ、年賀状もまだだし。←クリスマスケーキのお渡しを待ちながら作る。
と、師走の気忙しさが、その不安に拍車を掛けて、夜もよく眠れなかったりしました。←見かけによらずセンシティブ(笑)。
でも、そういう背伸びは、確実に私の力になってくれたと思うし、仕事をさせていただきながら、いい経験を積むことが出来ました。有り難いことです。

12月は、ギフトのご注文に追われているうちにクリスマスに雪崩れ込むのが例年のスケジュールでしたので、クリスマスケーキのレッスンは、11月のうちにして、12月は製菓のレギュラーレッスンはお休みをいただいていました。
そのせいで、製造を辞めた今も、クリスマスケーキは相変わらず11月にしています。
お陰で12月は時間の余裕が出来、かなり心穏やかに過ごせる季節になりました。
あの忙しさと緊張感がちょっと懐かしくもありますが、のんびりさも嬉しい(笑)。
レッスンだけやっていたら味わえなかったと思いますし、製造の経験には、本当に鍛えられました。
やっぱり一度は、製造をやらなくちゃね。と、今は思います。

そんなわけで今年も、今月の製菓レッスンはクリスマスケーキです。

e0111355_0182822.jpg

my favorite cakeのひとつ、くるみのモカロールをブッシュ仕立てで。
卵黄を使った、コーヒー味のバタークリームが、くるみを焼き込んだスポンジと、とても良く合います。
ああ、バタークリームって美味しいなぁ、とつくづく思えるケーキ。
このケーキを気に入っていただいて、毎年、11月のお誕生日に、このケーキをご注文下さっていたお客様のことを、この季節になると思い出します。

e0111355_0224240.jpg

クリスマスにはやっぱり赤が似合うので、赤いフランボワーズとチョコを組み合わせたムース。
チョコレートは、ちょっぴり苦めのカカオ70%を使っています。
お口に入れると、すぅーっと溶けていく柔らかさがムースの身上なので、ゼラチンは出来るだけ少なく、ギリギリ固まる量がベストです。
業務では最近は、大概ショックフリーザーという急速冷凍で固めることの多いムースですが、おうちでは、冷凍で急いで固めるのは、私は賛成できません。
絶対に食感が違ってきます。
気にしなければわからない程度のことですが、私はとても大きい要因に感じています。
些細なことですが、やっぱり自分の好みというか、大事にしたい部分は譲れない。
私はかなーり、アバウトな人間なんですけれどね(笑)。

e0111355_0285438.jpg

そして、定番とも言える絞り出しのクッキー。
タンプルタンを用いたベーシックな配合のクッキーですが、絞り方を変えれば七変化するので、なかなか重宝なクッキーです。
上にのせるもので、華やかにもシックにもなりますし、こんな風に丸く絞れば壊れにくいので、おめでたいときのクッキーにもピッタリ。
ガンガン絞ってガンガン焼いていく、大量生産にも耐えられる(笑)クッキーです。

来週、地元の公民館でも呼んでいただいているのですが、実はまだメニューが決まっていない!
うーん、なにしようかなぁ。
作りやすくて美味しくて見栄えがする、三拍子揃ったお菓子がいいんだけどな。
そんな都合のいいお菓子は多くないのですが、それをなんとか捻り出すのが私の役目でしょう(笑)。
あと大事なことは、道具が少なくて済むことと、配合が美しいことも。
配合は、細かければいいと言うものではありません(笑)。
憶えやすく、数字のキリのいい、そして出来れば材料の単位にあったもの…。
ああ、こうして自分で制約を作って、自分の首を絞めている気がします。。。。
がんばろ。
[PR]

by cssucre2 | 2009-11-27 00:48 | Work