たまには…

ここ何年か、もうずーっと目が悪くなってきてしまい、リーディンググラスが必要になりました。
ええ早い話が「老眼」ってやつです(笑)。
私は、「ド」に「超」がつく、ひどい近眼ですので、普段はコンタクトレンズを使っています。
いやもう、コンタクトなしでは生きて行かれません。
裸眼では、足のツメも切れませんもん。
コンタクトのお陰で遠くは見えるようになったのですが、遠くを見えるようにすると、近くが見えない。困ったもんだ。
そのせいでこのところ、エクステンションはさっぱりご無沙汰でした。
コンタクトを外せば、近くはばっちり見えますが、そんなに顔を近づけて絞るのもどうかと思うし(笑)。それじゃあ、棟方志功になっちゃうよ。
いや、棟方志功になれればいいけど、そんなワケなく、恰好だけ志功センセイでも困る。
でもまぁ、ちょっとサンプルも欲しいし、作ってみるかと試してみました。

ちょうど、ハロウィンの紫が暗すぎて、ちょっと怖すぎ?な色のペーストの始末に困っていたので、小さい10cmのケーキを、それでカバリングしました。
最初は、ちょっと練習~と思って始めたので、カバリングをいい加減にしてしまった。
やっているうちに面白くなって、最後まで絞ってしまいました。
こんなことなら、もうちょっと気合い入れてカバリングするんだったよ。
あと、マーキングはちゃんとしましょう。>自分。

e0111355_23204296.jpg

ちょっとふらついている部分もありますが(笑)、まぁナントカ。
ブリッジ#1で、ストリングスは#0です。
ケーキが小さかったので、やっぱりストリングスは#00にすべきだったか…と反省。
#00なら裏ごし必須なので、漉すのは面倒だし、#0ならいけるかと思ったのですが、やっぱり途中で何度も詰まった。。。それを無理矢理、強引に絞っちゃう(おいおい)。
お花は、この前、カップケーキに載せようと思って、パカンパカンと作ってあったもの。
で、ちっともカップケーキを作っていないのですが(笑)。
でも、ボディが濃い色だったので、白いアイシングがよく見えて、なかなかやりやすかったです。
そうか、エクステンションは今後、濃い色に限るな。←新発見。

e0111355_23395728.jpg

マーキングもちゃんとしないくらいですから、下絵を描くはずありません。(←威張ってる?)
お花の位置だけ決めて、いきなりフリーハンドで葉っぱをブラッシュエンブロイダリー。
パイピングでフローリッシュを。
いやー、フリーハンドって、なんでこんなに楽しいんでしょう。
決めたとおりに描くのは、自分が描いた下絵でも苦手って、ホントにちゃんとしたことが出来ない性格だと、つくづく思う。
もうちょっと、チャララ~、とかすれたような線を描きたかったのですが、なんせカバリングしたてなので柔らかくて、口金を当てるとめり込む(笑)。
はい、計画性もありません。行き当たりばったりで生きています。

久しぶりのエクステンションが、思いがけなく楽しかったので、小さい電気スタンドを買おうかな。
ついでに、新しいリーディンググラスも新調しようかなー。
[PR]

by cssucre2 | 2009-09-14 00:01 | Work